【BMW製カブリオ一騎打ち】高性能M4対ノーマルなZ4 どっちがオープントップモデルとして相応しいのか? これまたユニークな比較テストだ!

807

精神的な兄弟モデル、BMW Z4とM4のコンバーチブルの出会い、そして徹底比較。我々は、Z4 sDrive30iとM4コンペティション カブリオを比較し、絶賛、歓喜の声を上げた。以下にレポート。

Z4とM4が同じスタートラインに立つとき、コンセプチュアルな世界がぶつかり合う。ロードスターとフルコンバーチブル、2シーターとダブルブレスト。そして価格? 高性能4シリーズ カブリオは、純正のMコンペティションとして99,500ユーロ(約1,313万円)。一方、BMWはZ4 30iを愛好家向けに50,900ユーロ(約6,70万円)のお買い得価格で提供している。

Z4は、純粋なドライビングプレジャーを提供する

もちろん、後者の方がシンプルな2シーターのクルマを手に入れることができる。これは決してネガティブな意味ではない。それどころか、より純粋なドライビングプレジャーを提供してくれる。驚くほど快適なサスペンションと柔軟なホイールアライメントにもかかわらず、だ。着座位置は地面からフラットで、お尻はリアアクスルのほぼ真上、視界は長いボンネットの向こう側と、「Z」では性能はほとんど二の次なのだ。しかし、住宅街ではすでに速さを感じる車だ。さらに、フロントエンドは驚くほど操縦しやすく、後輪とアスファルトの間に粘り強いパワーを感じ、エンジンはやや恣意的にうなるが、ツインスクロールスーパーチャージャーによる適度なパワーデリバリーにもかかわらず、生き生きとした感触を得ることができる。

ロードスター: Z4では、リアアクスルにほとんど座っているような状態で、フロントエンドは驚くほど簡単にコーナリングをこなせる。

賑やかなドライビングフィールと、爽やかな風が吹き抜けるインテリアは、ロードスター本来のドライビングフィールを極限まで忠実に再現している。つまり、「Z4」はいわゆる真のドライビングマシンなのだ。田舎道から高速へ、高速から市街地へ、どんなスピードで帰ろうとも、この「Z4」の快適性があれば、美しい晴れの一日にさわやかな終わりを告げられる。

M4の走行性能は息を呑むほど素晴らしい

一方、「M4」はまったく異なる。カーボンファイバーをふんだんに使用し、その一本一本から競争心がほとばしる。もちろん、太陽に向かって気軽にトップレスでドライブすることも可能だ。また、論理的にアイスクリーム屋さんに向かってクルージングするのもまた可能である。しかし、純粋に、遺伝子的に、控えめなドライビングの範疇ではなく、「M4」の本質は怒涛の勢いのアクセルワークにあるのだ。

車両データ&価格:

モデル Z4 sDrive30i M4コンペティション カブリオxDrive
エンジン 直列4気筒ターボ 直列6気筒ツインターボ
排気量 1998cc 2993cc
最高出力 285PS@5000rpm 510@6250rpm
最大トルク 400Nm@1550rpm 650Nm@2750rpm
駆動方式 後輪駆動 全輪駆動
全長/全幅/全高 4324/1864/1304mm 4794/1887/1395mm
乾燥重量 1,430kg 1,920kg
トランク容量 281リットル 385リットル
0-100km/h加速 5.4秒 3.7秒
最高速度 250km/h 280km/h
平均燃費 14.4km/ℓ 9.8km/ℓ
CO2排出量 157g/km 231g/km
価格 50,900ユーロ(約670万円)より 99,500ユーロ(約1,313万円)より

510馬力のパワーは、コンバーチブルのドライビングエクスペリエンスを、地平線に向かう轟音に変えてくれる。また、ツインターボエンジンの650Nmのトルクが、2トン近い車重を持つ「M4」を田舎道でも軽々と走らせることにも驚かされる。「M4」は、ローンチコントロールと全輪駆動に設定された運転支援機能、そしてターボ圧をフルに活用することで、0から200km/hへ約12秒でのスプリントが可能となっている。そして、280km/hでBMWは青い獣に電子制御リミッターをかける。

BMW Z4とM4は、それぞれ異なるキャラクターを持っているが、どちらもそれぞれに素晴らしい楽しさを備え持っている。

両車ともドライビングプレジャーを提供する

両モデルを存分に試してみたのだが、「何が一番美味しかったんだろう?」 風の唸り? 20インチの巨大ホイールの煌びやかな震動? あるいは、思いのほかオーガニックな直進安定性? というのも、ステアリングはセンターポジションへの戻りをもっと重くしたほうがいい。「M4」のブレーキペダルの抵抗、サスペンション、走行安定性制御、オートマチックトランスミッション、そしてマシンのレスポンスは、敏感なドライバーを、リトルブラザーの「Z4」よりもずっと遠くまで到達させる。

とはいえ、高速カーブやロングストレートに対する「M4」の貪欲さは、このBMW対決で際立っているだけではない。他のメーカーのライバル車がこれ以上のことをできることはまずありえない。まとめとして言うなら、凛々しいターボドライヤーの「Z4」、スピードの鮮度が凝縮された「M4」、どちらも巨大な楽しさをもたらしてくれる。
果たしてあなたならどっちを選ぶだろうか。

BMW Z4とBMW M4の出会い

我々はZ4とM4コンペティション カブリオを比較し、歓喜の声を上げる。

「Z4」と「M4」がスタートラインに立つとき、コンセプチュアルな世界がぶつかり合う。ロードスターとフルコンバーチブル、2シーターとダブルブレスト。4シリーズが純正「Mコンペティション」で99,500ユーロ(約1,313万円)から。一方、BMWは「Z4 30i」を愛好家向けに50,900ユーロ(約670万円)のお買い得価格で提供している。

もちろん、後者の方がオールラウンドにシンプルなクルマを手に入れることができる。これは決してネガティブな意味ではない。むしろ、こちらのほうが純粋なドライビングプレジャーといえるだろう。驚くほど快適なサスペンションと、コンプライアンスに優れたホイールアライメントによって。
地面すれすれのシートポジション、リアアクスルにかかるお尻、長いボンネットに広がる視線・・・。「Z」では、性能はほとんど二の次だ。なぜなら市街地ですでに速さを感じる車だからだ。
さらに、フロントエンドは驚くほど操縦しやすく、後輪とアスファルトの間に粘り強いパワーを感じ、エンジンはやや恣意的にうなるが、ツインスクロールスーパーチャージャーによる適度な充電にもかかわらず、生き生きとした感触を得ることができる。
つまり、「Z」はいわゆるドライビングマシンの真骨頂なのだ。田舎道から高速へ、高速から市街地へ、どんなスピードで帰ろうとも、このボライドがあれば、美しい晴れの日を終えられる。爽快な走りは、室内に吹き込む爽やかな風と相まって、ロードスター本来のドライビングフィールを極限まで忠実に再現している。
一方、「M4」はまったく異なる。カーボンファイバーをふんだんに使用し、その一本一本から競争心がほとばしる。
もちろん、太陽に向かってのカジュアルなトップレスも可能だ。また、アイスクリーム屋さんに向かってクルージングをすることも、論理的にはありえる。しかし、純粋に遺伝子的に、控えめな走行は「M4」では難しいのだ。
510馬力のパワーは、コンバーチブルのドライビングエクスペリエンスを、水平線に向かって轟くようなアタックへと駆り立てる。また、ツインターボエンジンの650Nmのトルクが、2トン近い車重を持つM4を田舎道でも軽々と走らせることにも驚かされる。「M4」は、ローンチコントロールと全輪駆動に設定された運転支援機能、そしてターボ圧をフルに活用することで、0から200km/hまで約12秒のスプリントが可能だ。
そして、280km/hでBMWは青い獣に電子制御リミッターをかける。
様々に試してみたが、最悪の後味は何だったのか、今も気になっている。風の唸り? 20インチの巨大ホイールの煌びやかな震動? あるいは、思いのほかオーガニックな直進安定性? ともあれ、ステアリングはセンターポジションへの戻りをもっと重くしたほうがいいのではないかと、私たちは考える。
ブレーキペダルの抵抗、サスペンション、ライドスタビリティコントロール、オートマチックトランスミッション、そしてマシンの応答性は、敏感なライダーを、弟モデルよりもずっと遠くへよじ登らせる。
とはいえ、高速コーナーや長いストレートに対する「M4」の貪欲さはこのBMW対決で際立っているだけではない。他のメーカーがこれ以上のことをできることはまずない。
まとめとして。凛々しいターボドライヤーの「Z4」、スピードの鮮度が凝縮された「M4」、どちらも巨大な楽しさをもたらしてくれる。

【ABJのコメント】
「M4」と「Z4」の比較、これはBMWというメーカーのラインナップのなかでは比較されても仕方ない、ちょっと似たような2台のオープンモデルの自動車である。だが正直に言うならば、この2台はまったく違う、もうぜんぜんベクトルの違う2台であり、比較したって、しょうがないようなオープンモデル2台なのである。

まずは本文中にも書かれているように価格が違う。「M4」は「Z4」の2倍だし、駆動方式も違えば、性能だって、性格だって、比べても仕方ないような2台といえよう。おそらく「M4」を買う人の頭の中には、「Z4」という選択肢はみじんもないはずだし、「Z4」にハンコをつこうとしている人に、「M4」を薦めたって買わないだろう(買えない、のほうが正しい表現かもしれない)。

もちろんどちらも速いことは間違いなく、日常にも使えながらも純粋なドライビングプレジャーを与えてくれるオープンモデル、という部分は共通である。しかし、それ以外の部分はもう選ぶ人次第、どういう車を欲しているかに全て委ねられる問題である。どちらも一般路上で破綻するようなこともなければ、期待を裏切ることもおそらくない、高い完成度の持ち主であることも間違いない。結局、車に何を求めているのか、あなたのライフスタイルや、価値観に近いのはどちらか、そういったやや無責任ながらも本当の事実に、これほど従うべき比較テストはないのではないか。というわけで? この2台は全く違う2台であるということと、もはや「M4」は「Z4」の価格の2倍近くもして、いつの間にか全輪駆動モデルで、車重が500kg(!!)も重いということが明確になった比較テストではあった。

Text: Jan Horn
加筆:大林晃平
Photo: autobild.de