【新車情報】プジョー、充電走行距離を延長した e-208/e-2008を導入

75

2020年に国内導入された e-208 / e-2008は、コンパクトなボディサイズや価格設定などが高い評価を受け、2021年の販売実績は、それぞれシリーズ全体の約11% / 13%を占めるまでになっている。

効率の改善により、一回当たりの充電走行距離を延長

ギア比の変更やヒートポンプの効率改善により、一回当たりの充電走行距離を延長された。
e-208 : 現行380km → 395kmへ15kmアップ (WLTCモード)
e-2008: 現行 360km → 380kmへ20kmアップ (WLTCモード)

CEV補助金が増額

今回仕様変更されたe-208およびe-2008は、令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の、電気自動車における補助上限額65万円が交付される。

※令和4年度当初予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」も同様に対象となる見込み。

新たにトグルタイプのオートマチックセレクターを採用

セレクターのデザイン変更により、随分と変わったのがインテリアだ。208、2008のガソリンエンジンモデルと同様、指先だけでスムーズにシフトチェンジが可能なトグルタイプのオートマチックセレクターが採用されている。操作性を向上するとともに、センターコンソールのデザインを変更したことでスペース効率を改善し、収納容量を拡大された。

充電走行距離、補助金が増えて、なお一層魅力が増したe-208 / e-2008の快進撃が止まらない。

e-208

モデルグレード名車両本体価格(消費税込)
e-208Allure¥4,255,000
e-208GT¥4,646,000

e-2008

モデルグレード名車両本体価格(消費税込)
e-2008Allure¥4,679,000
e-2008GT¥5,098,000

*WLTC:Worldwide harmonized Light vehicle Test Cycle(燃費テストの国際基準)

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Stellantisジャパン