【新車情報】さらに乗りやすく アルファロメオ、ジュリアに「Giulia Ti」を設定

300

Stellantisジャパンは、Alfa Romeo(アルファ ロメオ)のスポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」を仕様変更すると共に、新モデル「Giulia Ti」を追加し、2022年5月14日(土)、全国のアルファ ロメオ正規ディーラーにて販売する。メーカー希望小売価格(消費税含む)は、5,540,000円から12,870,000円。

素直な運動性能に適度なスポーツ性を兼ね備えた「ジュリア」に先の「ステルビオ」に続いて「Ti」が加わった。「Ti」は、“Turismo Internazionale”の頭文字を採ったもので、アルファ ロメオの高性能車に与えられた呼称。スポーツ性と快適性を兼ね備えたグランドツアラーとしての特性を磨き上げたモデルという設定となる。

エクステリアは、ダークタービンデザインを取り入れた18インチアルミホイールやボディ同色のエクステリアミラーハウジングといった専用パーツにより、エレガントな佇まいに仕立てられていて、フロントフェンダーには「Ti」エンブレムが装備され、その出自を物語る。

インテリアについては、「Ti」専用となるグレーオークウッドパネルや、滑らかな風合いのナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付、運転席シートメモリー付)を採用。シートの色は絶妙なタンが設定され、おしゃれな空間を演出している。

フェイスリフトに伴う3つのグレードの共通装備として、オートハイビーム機能付のバイキセノンヘッドライト、ステアリングヒーター付スポーツレザーステアリングホイール、ナビゲーションシステムや地上デジタルTVチューナーなどのアメニティ装備のほか、トラフィックジャムアシストやハイウェイアシストシステムなど、先進の運転支援装置が備わって。

Veloce(ヴェローチェ)には、ブラックのフロントグリルやエクステリアミラーハウジング、ダークエキゾーストフィニッシャー、新デザインの19インチアルミホイール(19インチサイズ)、リミテッドスリップディファレンシャル(LSD) が新たに採用され、スポーツ性能がさらに強化されている。

究極のダイナミクス性能を誇るQuadrifoglio(クアドリフォリオ)には、ブラックテールライト、レザー/アルカンターラ巻きステアリングホイール、高いホールド性と快適性、そして軽量化を両立したスパルコ製カーボンバケットシートが新たに採用されている。

アルファロメオ ジュリア

モデルエンジン価格(税込)
2.0 TURBO Ti2.0ℓ直4ターボ5,540,000円
2.0 TURBO Veloce2.0ℓ直4ターボ6,240,000円
2.9 V6 BI-TURBO Quadrifoglio2.9ℓV6ツインターボ12,870,000円

商品サイトURL: https://www.alfaromeo-jp.com/giulia/
https://www.alfaromeo-jp.com/quadrifoglio/giulia/

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Stellantisジャパン