【動画付き】GRのスポーツカー第4弾は「GRカローラ」だった! 世界初披露

880

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、米国カリフォルニア州ロングビーチにて、「GR」が付く第4のスポーツカー、「GRカローラ」を世界初披露した。日本での発売は2022年後半を予定している。

TOYOTA GAZOO Racing GRカローラの主な特徴
【エクステリア】
・ワイドボディ化、カローラスポーツのフロントを40mm、リヤを60mm拡大。
・3本出しマフラー。
・フロントフェンダーとフードバルジにエアアウトレットを設置。
・CFRP素材のルーフパネルを採用。

【インテリア】
・ショートストロークのシフトレバーを採用し、ポジションを最適化。
・手引き式パーキングブレーキを採用。
・GR車両専用に開発したFull TFTメーターを採用。

「お客様を虜にするカローラを取り戻したい!」

カローラは、1966年の誕生以来「大衆車」として長い間親しまれてきたクルマだ。生産台数5000万台という金字塔を打ち立て、その過程で国内外のモータスポーツシーンでも活躍。「AE86カローラ レビン」やWRCで優勝した「TE25カローラ」、ヨーロッパでの評価も高い「カローラ スポーツ」は水素エンジンを搭載し、モリゾウこと豊田社長自らステアリングを握るの国内モータースポーツでも活躍する、正に「ニッポンのクルマの1台」だ。

モリゾウこと豊田社長の強い思いで開発が始まったGRカローラ、従来、スポーツモデルは市販車をベースにレーシングカーのノウハウをフィードバックして作られるが「GRカローラ」はレーシングカーを市販化するという特異なパターンをとる。

GRカローラにはGRヤリスの1.6L直列3気筒エンジンを304PSに強化したエンジンを搭載。駆動システムはGR-FOURをGRカローラ仕様に最適化して搭載。トレッドはベースの「カローラ スポーツ」からフロント60mm、リヤ85mm広められている。

新型車GRカローラ(北米仕様)の主な諸元(開発目標値)

全長 4,410mm
全幅 1,850mm
全高 1,480mm(アンテナを含む数値。ルーフ高は1,455mm)
ホイールベース 2,640mm
トレッド前 1,590mm
トレッド後 1,620mm
乗車定員5
車両重量 1,475kg
エンジン1.6L直列3気筒インタークーラーターボ
型式G16E-GTS
内径×行程 87.5×89.7mm
総排気量 1.618L
圧縮比10.5
最高出力(kW[PS]/rpm)
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)
トランスミッションiMT(6速マニュアルトランスミッション)
駆動方式スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”
電子制御多板クラッチ式4WD(3モード選択式)
変速比
1/2/3/4/5/6/後退
3.538/2.238/1.535/1.162/1.081/0.902/3.831
減速比
1~4/5、6、後退
4.058/3.45
差動装置フロント/リア  トルセン®※7LSD
サスペンション(フロントマクファーソンストラット式
サスペンション(リア) ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ(フロント) ベンチレーテッドディスク(18インチアルミ対向4ポットキャリパー)
ブレーキ(リア) ベンチレーテッドディスク(16インチアルミ対向2ポットキャリパー)
ホイール18インチ グロスブラック15スポークキャストアルミホイール
タイヤ(フロント・リヤ)235/40R18 Michelin Pilot Sport 4
燃料タンク容量 50L

GRカローラの詳細情報はこちら

Text:アウトビルトジャパン
Photo:トヨタ自動車