【動画】父親より年上 フェルスタッペンが1965年のホンダF1に挑む!

80

レッドブル ホンダのエース、マックス フェルスタッペンが1965年のホンダF1「RA272」を全開で走らせる動画をご紹介! 1997年に生まれたマックスは、1972年生まれの父親(ヨス・フェルスタッペン)よりも歳上のマシーンをどう操るのか?

1964年のドイツGPでF1参戦を果たしたホンダ。規則でエンジン排気量が1.5Lに制限されライバルがV8を採用するなか、果敢にもV12を採用しコクピット背後に横置きに搭載。初期型では京浜製キャブレターを12連装し、1万回転オーバーを常用とした。ホンダは既にモーターサイクルで世界的な名声を確立していたこともあり、初のF1マシーン「RA271」は一躍パドックの話題をさらったのであった。

翌1965年にホンダは進化型となる「RA272」を投入。最終戦のメキシコGPでは日本車で初めてとなるF1グランプリの優勝を果たした。