【初テスト】ボルボ製電動SUV ボルボC40リチャージに初試乗 性能データを含むドライビングレポート!

220

スウェーデンのクーペSUV電気自動車ボルボC40リチャージは、2基の電動モーターにより408馬力という驚異的なパワーを発揮する。我々は、このBEVオールホイーラーをテストした。

「XC40リチャージ」に続く第2弾、同じ「CMA」プラットフォームを採用した「C40」が個別テストに臨む。技術的には、クーペのようなクロスオーバーも、同じ材料を使っている。違いは、「C40」は、2基の電動モーターを搭載しているところだ。シングルモーターバージョンは数ヶ月後に追随する予定だ。

SUVクーペのクーペルックのリアエンドは、「XC40」の箱型シルエットに比べれば、平凡に見えるかもしれない。それは、日常生活上での使用では、多少の我慢が必要となる。例えば、リアエントランスは、ルーフラインがリアエンドに向かってシャープに湾曲しているため、背の高い人にはあまり乗り降りが快適なものとは決して言えない。そして、後部座席の頭上には、限られたスペースしかないことも確かだ。

C40は、弟分のXC40リチャージと比較すると、よりダイナミックなラインを備えているが、その分、スペースは失われている。

テールゲートが極端に上に振られる

また、テールゲートを開けると、普段はあまり気にならない問題が発生する。テールゲートを開けること自体は、お尻を蹴り上げるようにエレガントに?行うことができる。しかし、そうするとトランクリッドが極端に上に振れてしまうのだ。スポイラーエッジは、2.25mというかなりの高さに達していて、駐車場の天井に接触しそうだ。この点は改善が必要だろう。

高品質: XC40に似た 操作性の良いコックピットは、ボタンが少ないのが特徴だ。素材や仕上がりには文句のつけようはない。

シンプルなコックピットには、ほとんどスイッチ類は見当たらない

一方、インテリアの鑑賞はとても楽しめる。スタイリッシュなデザインという点では、ボルボも負けていない。リサイクルカーペットを使ったカラフルで、しかし非常に巧みな演出が印象的だ。さらに、スイッチ類の少ないシンプルなコックピット、ドアパネルやダッシュボードに施されたイルミネーション(スウェーデン北部のアビスコ国立公園の輪郭線をモチーフにしたプラスチックパーツ)、巨大なガラスドームなど、「スウェーデン車だ!」と驚嘆させる要素が満載だ。

「C40」のドライバーの多くがスタートボタンなどの重要なものを見落としてしまうのは、最初のランデブーの時だけだろう。それらに慣れ親しむのにあまり時間は要しない。乗って、ブレーキを踏んで、セレクターレバーをDに引けば、すぐに走り出すことができるようになっている。

バッテリーが大きいため、2.2トン車の重心はかなり低くなっているものの、決してカーブでの性能が顕著に出るわけではない。

その質量で、ボルボはしっかりと路面に腰を据えている

このモーター2基搭載の電動SUVは、電動モーター1基搭載のXC40に比べて、200kgの重量増となっている。これは、リアに駆動用電動モーターを追加したことだけでなく、バッテリーもやや大きくなっているためだ。しかし、そのドライビングインプレッションは好もしいものだった。実際に使ってみると、重さは必ずしも気にならないし、少なくともマイナスにはならない。2.2トン近い重量は、前後の車軸にほぼ均等に配分されていて、力強く滑らかな走りを見せてくる。

測定値: ボルボC40リチャージ ピュアエレクトリックツイン
【加速タイム】
0-50km/h: 2.2秒
0-100km/h: 4.9秒
0-130km/h: 7.5秒
0-160km/h: 11.4秒
【中間加速タイム】
60-100km/h: 2.3秒
80-120km/h: 2.9秒
乾燥重量/積載量: 2166/454kg
重量配分(フロント:リア): 51:49
【制動距離】
100km/h時より完全停止まで: 35.6メートル
テスト時航続距離: 241km

カーブでは、重量級のボルボは、フロントヘビーな弟よりも、明らかにニュートラルに反応する。また、固めのサスペンションは、短い段差にも反応しやすくなっている。しかし、タイトな基本特性は、そのままに、凹凸のある田舎道での力強い身のこなしを見せ、より滑らかになったが、より悪くもなってしまっている。

ワンペダルドライビングが醍醐味のC40

一方、本当に優れているのは、やはり駆動系のチューニングだ。アクセルペダルの動きは非常に細かく、右足だけで「C40」を操るのは本当に楽しい。また、駆動によるステアリングへの影響がまだやや目立つものの、前輪駆動の「XC40」に比べて格段に少なくなっているのも特徴的だ。

猛烈: 2基の電動モーターを搭載したC40は、4.9秒で100km/hまで加速し、中間加速も非常に印象的だ。

電気自動車であるSUVの疾走感は絶大だ

408馬力のパワーは、キックダウンすると4.9秒で100km/hまで加速する。さらに残酷なことに、中間加速時には内臓を並べ替えるような体験ができるのだ。しかし、この居心地のいいストローマーで、そんな野暮な話題は必要なのだろうか? 答えは明確なNOだ! 結局、電動モーターの数が2倍、パワーが(ほぼ)2倍になっても、消費量は決して2倍にはならない。しかし、31kWh(シングルモーター搭載のXC40は28.2kWh)という中途半端なバッテリー容量は、やや心配な気持ちになるのも事実だ。

結論:
「C40」の燃費の良さはとても印象的だが、400を超える馬力は、どちらかというと居心地のよいスウェーデン車にはそぐわないような気がする。一方、喜びは、優れた仕上がりと、セットアップが非常にうまくいっていることだ。
AUTO BILDテストスコア: 2-

【ABJのコメント】
あと数年で完全BEV化を宣言しているボルボ、これはその中でも一番小さい、控えめなSUVモデルである。本文中にもあるように従来の「XC40」とあまり変わらない内装をあえて採用しながらも(従来までのオーナーに違和感を与えないように)、パワーユニットに関しては大幅に強力なものを搭載している。もちろんこのモーターのパワーによって性能は驚くほど向上し、408馬力ものパワーを持っている。そしてその加速性能も推して知るべしレベルのものだろう。このように加速感を強調した性能を持たせることも、BEVの魅力を知ってもらうために必要ではあるが、31kWhのバッテリー容量では、確かにまだまだ不安になってしまう人も多いかもしれない航続距離ではある。

さらに2WDではより少ないバッテリー容量だというし、まだまだ安心して? 今までの内燃機関のモデルから乗り換えられるかというと、個人的にはもうちょっと・・・。と感じてしまうのは古い人間だからだろうか。まだまだこれから続々と発表されるはずのボルボのBEVモデル。ラインナップが出そろうまでは、どのメーカーも、開発者の仕事は大変だと思う。特に内燃機関をやめて、BEV一本のボルボにとっては、正念場でもあろう。(KO)

Text: Stefan Novitski and Berend Sanders
加筆: 大林晃平
Photo: Volvo