【新車情報】フランス大統領の公用車 DSオートモビルのフラッグシップ、DS 9が日本上陸。

213

Stellantisジャパンは、2022年3月17日(木)、DS AUTOMOBILES(DS オートモビル)のフラッグシップサルーン「DS 9」を発表し、全国のDSオートモビル正規ディーラーにて発売する。

「DS 9」はフランス大統領のショーファーを務めることになっている。

ヨーロッパで好評の「DS 9」が日本にやってくる。その詳細情報が入ってきたので早速エクステリアからチェックしていく。エクステリアではDSの文法に則りながらも、ボンネットフード真ん中に1本クロームの大胆な装飾が入り、ダイヤモンドのように輝くヘッドライトユニット、リアコンビネーションランプには菱形にレーザーカットされた彫刻的なリフレクターが配される。トランク部分がリアウインドウから大きく開く5ドアハッチバックである。そのボディサイズは全長4,940mm×全幅1,855mm×全高1,460mm、ホイールベース2,895mmでロングホイールベースも相まってラグジュアリー感溢れるデザインとなっている。見かけとは裏腹に車輌重量は2トンを割る。PHEV版で1,930kg、ガソリンエンジン版で1,640kgとなっている。

ボディカラーはハイブリッドのE-TENSEがクリスタル パールというメタリックホワイトをベースに、ハイライト部分にほのかにシャンパンゴールドが覗くエレガントな色調。他に、ブルー ミッドナイト、ブラン ナクレ、ノアール ペルラネラ(受注生産)が用意されている。

クリスタル パール

インテリアはもしかすると好みが分かれるのでは?と思わせるほど、他に類を見ない個性的なデザインとなっている。レザーはバイエルンの牛革を使用し、フランス人の馬具職人が18カ月かけてシートの形状を調整したという。ダッシュボードセンターのアナログ時計は初代DSものを彷彿とさせる演出がされている。安全運転支援システム、ドライバーサポートも最新のものが搭載される。

パワーユニットはプラグインハイブリッドモデルが1.6リッター、200psのガソリンターボエンジンに電動モーターを組み合わせ、システム合計出力250ps。ガソリンエンジンモデルは1.6リッター、225psの出力となっている。静音にも相当の手を加えて高いラグジュアリー感を演出している。

従来SUVタイプの「DS 3」「DS 7」2車種であったところにセダンタイプの「DS 9」が加わる形となる。「DS 9」の登場によって、DS AUTOMOBILES(DSオートモビル)が表現する「ラグジュアリー」を体感できると言えるのではないだろうか。

価格は630万円~787万9000円で、PHEVモデルのE-TENSEとガソリンエンジンモデル4つの価格体系となっている。グレードは内装および装備によりOPELAとRIVOLIの2つ。E-TENSEはCEV補助金の支給対象である。

問い合わせ DSコール TEL:0120-92-6813

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Stellantisジャパン

以下テストレポートと合わせて「DS 9」の魅力に触れていただきたい。