そのホイール、1個、??????円! ブガッティ ヴェイロン

27

動画付き: レッカー移動されたブガッティ ヴェイロンは、罰金よりも数千倍高くつく

アメリカのラッパー、リル ウージー ヴァートの愛車がレッカー移動された。
移動された際に、どこかブガッティは傷いたのか?
むろん傷ついている。ホイールはスクラッチだらけだ。
もちろん痛いのはホイールだけではない。リル ウージーのふところも痛んだ!

高価な失敗

駐車禁止の車止め取り付けているとき、ニューヨーク市の警官は明らかにブガッティ・ヴェイロンのホイールを傷つけている。平気でスクラッチだらけにしているのだ。このホイールは非常かつ法外に高価なものなのに。
このブガッティはアメリカのラッパー、リル ウージー ヴァートの愛車で、事件のビデオは、ツイッターユーザーの「Hip Hop Ties」によってアップされたものだ。
それにしてもリル ウージーのブガッティの外観も、傷ついたホイールと同じくらい恐ろしいカラーリングではある……。まったく、普通でさえ目立つブガッティをこれ以上派手にすることはむずかしく、なかなかできないことだ。リル ウージーはヴェイロンを赤、黄、青の原色とクロームとで完全に塗装してしまった(昔、VWポロにオプションで様々な原色に塗り分けたピエロ仕様があったが、あれをさらに悪趣味にしたようなカラーリングだ)。さらに全体を見回せば、フロントフードの漫画のキャラクターとかサイドスカートの猫のモチーフなどでいっぱいだ。この昔のマッチ箱のようなデザインは、たちまちニューヨークポリスの目にとまってしまい、駐車禁止の罰をうけることになった。
ツイッターのビデオでは、交通警察官が違反駐車されたブガッティに輪留めを取り付けている様子が映っているが、その際にホイールは明らかに傷つけられている。

1日後、インスタグラムビデオが公開され、トラックの後ろに積まれたリル ウージーのブガッティを見ることができるが、リル ウージーの個人的なツイートによれば、ヴェイロンのホイール修理のためにワークショップに向かう途中だったとのこと。
ホイールの修理代は高価かもしれないが、それでもブガッティ純正交換部品よりもはるかに安い。なぜならば4つの新しい純正ホイールをブガッティから取り寄せれば、部品代だけで5万ユーロ(625万円)!!!もかかるからだ。むろんそれはタイヤなし、ホイールのみの価格である!

動画でもお楽しみ?ください。

ツイッター:
https://twitter.com/i/status/1232431994031628289

インスタグラム:
https://www.instagram.com/p/B9C4sLRAFvm/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=embed_video_watch_again

Text: Moritz Doka