【動画付き】新型マツダCX-60登場! 競合モデルはQ5、X3、GLC、XC60などなどの面々 全情報をお届け!

4488

「マツダCX-60」は、同社史上初のプラグインハイブリッド車だ。

マツダCX-60は、マツダ初のプラグインハイブリッド車であるだけでなく、アウディQ5、BMW X3、メルセデスGLC、ボルボXC60などと競合することが想定されている。ファーストチェック!

いつかプレミアムセグメントに参入したい! マツダの願いは、アウディ、BMW、メルセデスなどに対抗する新トップモデル「CX-60」でついに実現する。強力な競争に打ち勝つために、マツダの大型SUVは大きく生まれ変わった。縦置きエンジン、後輪駆動の新型「ラージプラットフォーム」に始まり、専用開発されたトランスミッション、革新的な駆動方式など、「CX-60」は多くの魅力を備えている。

価格: マツダ CX-60は47,390ユーロ(約616万円)から

「マツダCX-5(併行販売される)」の兄貴分は、47,390ユーロ(約616万円)からの価格で今すぐにでも注文することができるようになっている。購入希望者は以下の4つのグレード(装備ライン)から選択することができる。

● プライムライン(PRIME-LINE): 47,390ユーロ(約616万円)より
● エクスクルーシブライン(EXCLUSIVE-LINE): 49,090ユーロ(約638万円)より
● ホムラ(HOMURA): 51,390ユーロ(約668万円)より
● タクミ(TAKUMI): 52,890ユーロ(約687万円)より

※価格はすべて欧州市場向け

そのため、「CX-60」はドイツのプレミアムカーに比べ、ベース価格で、数千ユーロから1万ユーロ以上安くなる。比較のために列挙すれば、アウディQ5 50 TFSI eは56,500 ユーロ(約734万円)、BMWは、X3 xDrive30eは60,300ユーロ(約783万円)、メルセデスGLC 300e 4MATICは53,872ユーロ(約700万円)からそれぞれ販売されている。欧州市場における最初の顧客向け車両は、早ければ2022年夏にもデリバリーされる予定だ。ところで、「CX-60」でもまだ小さすぎるという人に、マツダは7人乗りの「CX-80」も同時に発表している。

フロントは大型のクロームラジエターグリルを中心に、ヘッドライトは細く、外側に向かって大きくセットされている。

マツダ CX-60、発売時はプラグインハイブリッドのみ

「CX-60」の発表前から、エンジンの選択肢については具体的な情報があった。SUVは新しい「ラージプラットフォーム」をベースにしているため、縦置きのエンジンが採用される。マツダは開発の初期に、現在のダウンサイジングの流れに逆行して、直列6気筒の電動化エンジンを提供することを約束した。しかし、このエンジンの登場までには、まだしばらくの時間が必要となる。

CX-60は当面プラグインハイブリッドのみ

販売開始当初は、プラグインハイブリッド車の「CX-60 eスカイアクティブPHEV」のみの設定となる。信じがたいことだが、191馬力と261Nmの2.5リッター直列4気筒エンジンと100kW(136馬力)の電動モーターの組み合わせは、マツダ史上初のプラグインハイブリッド車となる。加えて、「CX-60」のシステム出力は327馬力、500Nmとなり、マツダの市販車としては史上最もパワフルなモデルだ。性能データについて言えば、SUVは0から100km/hまで5.8秒で疾走し、最高速度は電子的に制限された200km/hとなっている。

純粋な電気走行距離は63kmまで可能だが、マツダが将来的に、これ以上バッテリー容量を増やすかどうかは未定だ。「CX-60」が2022年以降も環境補助金の恩恵を受け続けるためには、より高い電気走行距離が必要になる可能性は十分にある。

プラグインハイブリッドではなく、新開発の直列6気筒をボンネットに搭載することを希望する人は、しばらくの辛抱が必要だ。「CX-60」は、2023年から3.3リッターディーゼルエンジン「スカイアクティブD」を2種類の性能で、2024年から3.0リッターガソリンエンジン「eスカイアクティブX」(いずれもマイルドハイブリッド)を設定する計画だ。具体的な性能データについては、まだ詳細は不明だ。内燃機関は後輪駆動が標準、全輪駆動がオプションで、プラグインハイブリッドは全輪駆動のみの設定となる。

CX-60に新開発の8速オートマチックを搭載

動力伝達は、自社開発の8速オートマチックが担当する。これはトルクコンバーターではなく、多板式入力クラッチを使用するものだ。マツダは、「スリムなデザインで、滑りが少ない」とメリットを説明する。また、プラグインハイブリッドの電動モーターは、トランスミッションに直接組み込まれている。

CX-60の大きさは、写真ではあまりわからないと思うが、4.75mという大きさは、競合他車を圧倒している。

アウディ、BMW、メルセデスの競合他車よりも大きなサイズ

ビジュアル面でも、「CX-60」は好印象だ。アメリカのSUVを思わせるような、気負いのないデザインだ。風を受けて急峻に立ち上がるラジエーターグリルは、トップグレードの「タクミ」でメッキをふんだんに施している。「CX-60」は、外側に大きく張り出した細いヘッドライトが、骨太な印象を与えている。「CX-60」は、アウディ、BMW、メルセデスなどの競合車をあらゆる面で凌駕していて、全長4.75メートル、全幅1.89メートル、ホイールベース2.87メートルが印象的なサイズとなっている。

サイズ一覧:
● 全長: 4745mm
● 全幅: 1890mm
● 全高: 1670mm
● ホイールベース: 2870mm
● ラゲッジコンパートメント容量: 570~1,726リットル

乗員室が後方にあり、オーバーハングが短い。そして、標準は18インチ、オプションで20インチのホイールが用意されている。リアデザインにはサプライズはない。細長いテールライトは2つに分割され、暗示的なテールパイプはフェイクだ。

トランクは最大1,726リットルの荷物を積むことができる

「CX-60」のトランクは570リットル、リアシートを倒せば1726リットルにまで広がり、ここでもドイツのライバルに差をつけている。17.8kWhのバッテリーは、車軸の間のアンダーボディに搭載されているので、プラグインドライバーは収納スペースに困ることはないのだ。

マツダCX-60の広々とした空間

ホイールベースが2.87メートルもあるので、フロントもリアも広々とした空間が確保されているのは予想通りだった。しかし、後方では、外側のシートクッションが硬すぎるという批判がある。

トップグレードの「タクミ」には、明るい色の革が使われている。素材の選択と空間の広さが非常に良い。

一方、1列目には、ほとんどラグジュアリーなセンスが感じられる。トップグレードの「タクミ」は、ライトナッパレザーやメープルウッドなどを採用し、その魅力を高めている。伝統的な着物を思わせる織物や、12.3インチのインフォテインメントディスプレイとデジタルメーターは、ワイヤレスのApple CarPlayやAndroid Autoと同様に標準搭載されている。スペースは小型の「CX-5」よりも明らかに優れており、素材の選択も一貫して良好だ。また、操作性についても、最近のトレンドであるタッチパネルを採用せず、ノブやボタン、回転式プッシュプレートを採用することで、より簡単な操作性を実現している点も評価できる。

常に明るい色のレザーを使用したトップグレード

もし、明るい色の革張りが気に入らない、あるいは壊れやすいと感じるなら、黒革を含む2番目に高いグレードの「ホムラ」にする必要がある。トップモデルの「タクミ」には、必ずホワイトのインテリアが用意されているからだ。

顔認識により、最大6人のドライバーに最適なドライビングポジションを自動的に設定・記憶する「ドライバーパーソナライゼーションシステム」(「ホムラ」と「タクミ」のみ)を新たに採用している。残念ながら、現在はまだ最終テストの段階であるため、発表会で試用することはできなかった。

18インチホイールを標準装備、20インチホイール(写真)は追加料金で選択可能。

おそらくそのシステムは、次のように動作するはずだ。「CX-60」に新たに乗り込んだドライバーは、インフォテインメントに身長を入力する。そして、重要なパラメータをすべてカメラで認識し、シートポジション、ステアリングホイール、ミラー、ヘッドアップディスプレイを自動的に最適な状態に調整する。その後、ドライバーは個人の好みに合わせて設定を調整し、最後に保存することができるようになっている。次に車に乗り込むと、「CX-60」はアイトラッキングによってドライバーを認識し、最後に保存した設定を復元する。

マツダCX-60(2022):

マツダ、ついにプレミアムセグメントに参入! それは、アウディ、BMW、メルセデスなどに対抗する新トップモデル「CX-60」で実現する。「マツダCX-5」の兄貴分として、現在47,390ユーロ(約616万円)から注文を受け付けている。プライムライン、エクスクルーシブライン、ホムラ、タクミの4つのグレードから選択することができる。欧州市場向けの最初の車両は、早ければ2022年夏に納車される予定だ。
「CX-60」は販売開始時点ではプラグインハイブリッド車のみの設定となる。「CX-60」のシステム出力は327馬力、500Nmで、マツダの市販車としては史上最もパワフルなモデルとなる。
純電動では63kmまでの走行が可能だが、今後、バッテリー容量が増えるかどうかは未知数だ。プラグインハイブリッドではなく、新開発の直列6気筒をボンネットに搭載することを希望する方は、辛抱して待つしかない。「CX-60」は、2023年から3.3リッターディーゼルエンジンの「スカイアクティブD」、2024年から3.0リッターガソリンエンジンの「e-スカイアクティブX」(いずれもマイルドハイブリッド)を設定する計画だ。具体的な性能データについては、現時点ではまだ詳細は不明だ。
動力伝達は、自社開発の8速オートマチックが担当する。これはトルクコンバーターを使用せず、多板式入力クラッチを使用したオートマチックトランスミッションだ。
ビジュアル面でも、アメリカのSUVを思わせるような気負いのないデザインで、「CX-60」は好印象だ。風を受けて急峻に立ち上がるラジエーターグリルは、トップグレードの「タクミ」でメッキをふんだんに施している。「CX-60」は、外側に大きく張り出した細いヘッドライトが、骨太な印象を与えている。サイズ的には、「CX-60」は、アウディ、BMW、メルセデスなどの競合車をあらゆる面で凌駕している。全長4.75メートル、全幅1.89メートル、ホイールベース2.87メートルが印象的だ。

「CX-60」のトランクには570リットルの荷物が入り、リアシートを倒せば(40:20:40の比率)、1726リットルまで積み込むことができ、ここでもマツダはドイツのライバルに先んじた。

フロント、リアともに十分なスペースが確保されており、これはホイールベースが2.87mであることから予想されたことだ。しかし、後方では、外側のシートクッションが硬すぎるという批判がある。

一方、フロントローには、まるでラグジュアリーのような華やかさがある。最上級グレードの「タクミ」では、ライトナッパレザーやメープルウッドなどを採用し、その魅力を最大限に引き出している。伝統的な着物をイメージした織物や、12.3インチのインフォテインメントディスプレイとデジタルメーター、ワイヤレスのApple CarPlayとAndroid Autoが標準装備されている。

結論
「CX-60」は新型SUVの開発に成功したと言えよう。デザインは飽きのこないもので、素材の選択と空間の広さはトップレベルだ。特にコックピットがクリアですっきりしているのが良い。しかし、マツダは初のプラグインハイブリッドモデルを遅ればせながら発表した。だが個人的には来年登場予定の新開発の直列6気筒搭載モデルを待ちたい。

【ABJのコメント】
いよいよ長年スクープされてきたマツダのラージモデル「その1」が発表になった。アンヴェールされた姿は、スクープされてきた姿のままで、今までのスリークなデザインよりは、ボリューム感のある、ややずんぐりむっくりした姿である。その一方、興味深いのは内装で、日本テイストを強調したそれは凝ったデザインと作りで、今までにはあまり見たことにないモチーフなどもみられる。エクステリアもインテリアも本物を見るまでは、まだ本当の印象はわからないが、マツダの新しいデザインはここから始まっていくのではないか、と思う部分も多い。

もっとも、今回はプラグインハイブリッドモデルだけの登場で、おそらく多くのファンが楽しみにしているであろう直列6気筒のガソリンとディーゼルエンジンモデルは来年らしい。本国AUTO BILDのスタッフと同じで、私もそちらの登場が楽しみでならないし、そのエンジンと今回の後輪駆動プラットフォームを使ったセダンとワゴン(マツダ6)も期待したい。あとは日本における価格だが、ドイツでの価格を見る限り、最低でも500万円以上は確実、というのが私の予想ではある。いずれにしても早く現車を見てみたい最上級マツダ車である。(KO)

Text: Jan Götze
加筆: 大林晃平
Photo: Mazda