【チューニング】G-Power、635馬力新型BMW M5 CSを900馬力にまで強力チューンナップ「G5M CS Bi-Turbo」詳報!

223

G-PowerがBMW M5 CSを900馬力のロケットに変身させる。635馬力を発揮するCSは、BMW M5の絶対的なトップモデルである。しかし、チューニングを施すことで、さらに多くのことが可能になることを、G-Powerは6段階もの性能レベルで証明してみせる。最大900馬力まで可能!

「BMW M5 CS」は、よりパワフルで軽量、そしてより高価であることが、通常の「M5」と異なる点だ。チューナーであるG-Powerの「G5M CS Bi-Turbo」は、この2点を明確にクリアしている。6段階で700~900馬力の出力が可能となっている。そして、チューニングによってかなり価格が上がっている。

ハリケーンRRの最高速度は333km/h!

4.4リッターのツインターボV8のデータは、標準でも635馬力と750Nmのトルクでかなり美味しいと読み取れる。エントリーグレードのG-Powerでは、この数値が700馬力と850Nmに引き上げられている。さらに、740馬力/900Nm、780馬力/950Nm、820馬力/1,000Nmへとアップグレードされ、最後に2つのフルファットバリアントである「ハリケーンRS」と「ハリケーンRR」がそれぞれ840馬力/1,105Nmと900馬力/1,105Nmを発揮する。ターボチャージャーの改良、新しいソフトウェア、スポーツダウンパイプを含む排気システムに加え、後者では鍛造ピストンやコンロッドも採用されている。

写真は820馬力のバージョンだ。ハリケーンRSとハリケーンRRのコンプリートコンバージョンでは、840馬力と900馬力も可能だ。

標準の「M5 CS」の0-100km/h加速3.0秒は、チューニングされた全輪駆動によって簡単に破られるはずだ。そして「ハリケーンRR」は、標準の「M5 CS」の最高速度305km/hを333km/hにまでアップしている。そして、チューナーは、すべての性能レベルにおいて、耐久性とドライバビリティに多くの注意を払ったことを強調している。

コックピットは、ステアリングホイール、レザートリム、パドルシフトなどでアップグレードすることが可能だ。

20インチと21インチのホイール

G-Powerでは、2種類のホイールデザインのうち1種類をホイールアーチにボルト止めしている。スポイラーやボンネットなども用意され、インテリアでも色や素材の創造性に限りはない。

ハリケーンRRキットの価格: 119,000ユーロ(約1,570万円)より

価格は、700馬力のステージで、取り付けを含めて4,399ユーロ(約58万円)からとなっている。究極の「ハリケーンRR」パッケージを望むなら、「ハリケーンRS」と同様に、完全にカスタマイズされたインテリア、カーボンボディパーツなども含まれ、最低でも119,000ユーロ(約1,570万円)を支払う必要がある。

いずれにせよ、かつて新車時に180,400ユーロ(約2,380万円)もした「M5 CS」のベース車両は、もう生産されていない。「BMW M5 CS」を自分のものにしたいと思うなら、中古車市場を探し回るしかない。一方で、ノーマルの「BMW M5」は、新車で122,600ユーロ(約1,618万円)から販売されている。

Text: Moritz Doka
Photo: G-Power