【ストーリー】ポップアーティスト ジェフ クーンズの描いたボディデザインを有するBMW 8シリーズ その驚異の価格は?

380

投資家の皆様、ご注意ください。BMW 8 シリーズは、非常に高い評価を受けている。現代アートの巨匠、ジェフ クーンズの作品は、数千万ユーロで取引されている。しかし、このBMW 8シリーズ グランクーペは、クーンズによってリファインされたもので、お買い得だ。

現在、株式や不動産だけでなく、美術品も投資家の間で人気が高まっている。スターアーティスト、ジェフ クーンズがデザインした「BMW M8グランクーペ」は、その価値を高めることが保証された特別なモデルとして市場に登場する。

ジェフ クーンズは、完成前から作品に記録的な高値がつくアーティストの一人である。2019年には、クーンズの彫刻がオークションで9,00万円という破格の値段で落札された。

このような価値観から、99台限定のBMW 8シリーズ グランクーペ「The 8 X Jeff Koons」は、1台35万ユーロ(約4,620万円)という魅力的な価格とともに、高いポテンシャルを秘めているといえる。99台のスペシャルモデルは残りわずかなので、ここでお得な匂いを感じたら、急いだほうがいい。

BMW史上最も凝ったデザイン

「The 8 X Jeff Koons」は、「BMW M850i xDriveグランクーペ」をベースにしている。99台の生産は、2022年3月にディンゴルフィングのBMWグループ工場で開始される予定だ。BMWによれば、ジェフ クーンズとのデザインコラボとプロセスは、同社の歴史の中で最も精巧なもののひとつだという。外装の塗装だけでも、1台あたり200時間を超える手作業が必要とされる。

200時間を超える手作業で、8シリーズを芸術品に仕上げる。

ポップアートへのオマージュとしてのBMW 8シリーズ

エディションモデルのエクステリアデザインは、ブルー、シルバー、イエロー、ブラックなど、11色のカラートーンを組み合わせで成り立っている。ポップアートの要素を取り入れるとともに、「BMW 8シリーズ グランクーペ」とコーディネートされた幾何学模様が施されている。リアの爆発的な色のラインは、2010年に発表されたジェフ クーンズのBMWアートカーへのオマージュとなっている。

2010年に発表されたジェフ クーンズのBMWアートカー。
最も高価な、生きている芸術家の一人の署名: ジェフ クーンズ

両側の「POP!」と風の渦は、クーンズによれば、パワーとスピードを象徴しているそうだ。シートは赤と青の色調で、カップホルダーパネルにはアーティストのサインが刻まれている。

Text: Robin Hornig
Photo: BMW AG