【10万km走行テスト】電気自動車ルノー トゥイージー(Twizy)で10万km走った!

2077

電気自動車ルノー トゥイージー(Twizy)で10万km走行: 我々は何が故障し、何を修理したかを知っている。全レポート!

走行距離10万kmという「ルノー トゥイージー」は、様々な意味で希少価値を持つ。「トゥイージー」は、日常のプライベートカーとしてよりも、ピザの宅配サービスなどで運転されている。しかし、この小さな電気自動車は、日常のヒーローであることを証明し、電気自動車がいかに実用的であるかを示している。クリスチャン スタッフラー氏は、フランス車で1回の充電で70km走行することには感激している。しかし、彼はドイツの自動車メーカーに失望している。言うまでもなく、トゥイージーに代わる価値あるドイツ製の自動車がないからだ。

スタッフェル氏が「トゥイージー」で最も気に入っているのは、一人ずつの後ろに座るシートポジションと、ゴーカートを思わせる運転感覚だそうだ。彼と彼の家族にとって、トゥイージーは純粋に運転する楽しみを意味するだけではなく、「手先が器用な人なら、自分でフランス車を修理することができるんです」とスタッフラーは楽しそうに語る。その一方で、昔乗っていたメルセデスの「CLKコンバーチブル」を懐かしむこともない。

そうこうしているうちに、家族全員が「トゥイージーフィーバー」に陥ってしまい、この車の虜になってしまった。スタッフラーの妻はトゥイージー「Cargo」に乗っている。収納スペースを増やし、座席は1つだけ。

それでも「トゥイージーには愛が必要だ。年に一度は点検しなければならない」と語るのは、マラソン・ストローマの仕掛け人、クリスチャン スタッフラーだ。この集中治療が彼の秘密なのだ。YouTubeでは、元IT営業マンが「トゥイージーChrisy」と呼ばれ、トゥイージーsやDIYに関する動画を定期的に投稿している。彼は10万キロを走った電気自動車「フレンチマン」の故障のすべてと、その解決方法を自らのビデオでまとめている。

スタッフラーはオレンジ色のもので10万キロを走った。2シーターが何を詰め込むかは、その前に書かれており、手前に置かれた品物は全部収容可能とのこと。

10万キロの走行と10年間の使用で、フランコニアンの愛好家は鮮やかなオレンジ色の「トゥイージー」に、多くの修理や改造段階、ワークショップへの訪問を経験した。スタッフラーは動画の中でこう語っている。「自分でネジ止めができるため、コストが限界まで抑えられる」と。例えば、ルノーにBluetooth対応のラジオを自分で取り付け、ブレーキパッドを何度も交換し、壊れた泥除けを直し、バッテリーベンチレーションも自力で修理したそうだ。クリスチャン スタッフラー氏は、トゥイージーにスマートの新しいシートを装着したり、別のトゥイージーをコンバーチブルにしたりと、異なる種類のプロジェクトを実施した。

52歳のスタッフラーは、彼の動画ですでに150万回以上のクリックを集めている。フュルトの北西にある自分の農場で、製材やネジ打ち、説明をしている姿を主に撮影している。2012年にニュルンベルクで最初の車である「マラソン トゥイージー」を購入したが、実はレジャー用の車として使いたかったのだという。しかし、その電気自動車は、新しい日常の乗り物として、瞬く間にその地位を確立した。我々のインタビューに対し、スタッフラーは、「自分でも驚いています。トゥイージーはコート・ダジュールで、合計2万km走るために作られたのですから。ドイツの道路で、10万キロも走る計画ではなかったと思う」。
ルノーは2011年から電気自動車を製造している。2019年まではスペインで、それ以降は韓国で。軽自動車として、重量と性能の制限(空虚質量最大450kg、最大15kW)を受け、「マイクロリーノ」などと競合している。一方、オペルの「Rocks-」eは一つ下のクラスで、15歳から運転することができる。「トゥイージー」の最高速度は80km/h、最高出力は8.5kWだ。トゥイージーの充電はショックプルーフプラグで行う。

コンバーチブルへの過激な改造は、ちょっとだけ、見た目がよくてうれしくなるが、長続きはしなかった。

ルノーの電池は、データシートによれば6.1キロワット時の容量を持っている。スタッフラーは、天候や踏力の気分によって、1キロメートルあたり8~11kWhを使用する。「2,000回は充電したはず。でも、充電できるときは必ず充電し、電池が切れてから充電するのではありません」と、スタッフラーは振り返る。10万kmの走行に必要なエネルギーのほとんどは、自宅の太陽光発電システムから得ている。

フランコニアンが「トゥイージー」で気に入らないのは、スペアパーツの状況だという。実際、すべての部品が簡単に手に入るわけではない、とメカニックは言う。オリジナルの運転席も、少なくとも身長1.90mの彼にとっては完璧なものではない。それでも彼はトゥイージーに愛着を持ち続け、自宅のガレージには他に8台のクルマがあり、そのうち5台が登録されているほどだ。

他のトゥイージーの仲間たちと一緒に、乗り物に乗るのが好きなスタッフラー。ここは、独フュルトの市庁舎前。

スタッフラーは現在、次のプロジェクトに取り組んでおり、バッテリーを増やすことに専念している。「トゥイージー」に10kWhのバッテリーを搭載し、航続距離を現在の60~70kmから100kmに伸ばしたいと考えているそうだ。しかし、ドイツの自動車メーカーは超小型の電気自動車にはあまり熱心でないようだ。「残念ながら、我がドイツの自動車メーカーは、この車種クラスでは何も提供しない、全く逆だ: アウディは小型車を廃止したいのだ」と失望感を述べる。

【ABJのコメント】
電気自動車で気になるのはそのバッテリーの耐久性ではなかろうか。いったいどれくらいでバッテリーがだめになり、交換を余儀なくされるのか、まだまだ未知の世界ゆえに決定的な解決策も回答も出ていない状況であるといえよう。さらに今回のレポートのように、決して高価ではなく、安価で小さいモデルの場合、各部分の耐久性能なども大変気になる部分である。そう考えると、ドイツ人のスタッフラー氏は、こんな(失礼)簡素で小さなモデルに、よくも10万kmも乗ったもんだ、と驚くと同時にメーカーにとってはまたとないデータ収集の機会ともなろう。
残念ながらトータルコストとか、具体的なトラブルなどは記されていないが、決して一筋縄ではいかぬ10万kmだったのではないか、と予想されるし、情熱と愛情がなければ途中で挫折してしまうだろう。あなたはえらい!と言いたいし、もっとルノーは彼のことをリスペクトしてあげるべきだと思う。(KO)

Text: Jakob Gierth
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de