【チューニング】AMGモデルのゲレンデヴァーゲンを800馬力超にチューンナップ! その詳細をレポート!

1070

パフォームマスター(Performmaster)のMercedes-AMG G 63は、800馬力以上のパワーと超ワイドなカーボンボディキットで、かなり威圧的な印象を与えている。そしてそれは走行性能にも当てはまる。

メルセデスGクラスで都心を一周したことがある人なら、その大きさゆえに小回りが利かないことはご存じだろう。G805カーボンワイドボディは、その名の由来となったボディワーク処理を含め、さらに難易度を高めている。2メートルを超える圧倒的な車幅に加え、チューニングされた「G 63」は、805馬力という圧倒的な出力とそれに見合う走行性能で強く印象づける。

幅2メートルを大きく超える

ボディキットには、ディフューザー付きフロント&リアエプロンのワイド化に加え、LED照明付きランニングボードやウィングフレアも含まれている。後者は「G 63」の全幅を10cm拡大して208.4cmとしたもので、これはミラーを含まない。ボディパーツはすべてカーボン製で、マットとグロスの2種類から選択できる。

G 63は全幅が10センチほど大きくなり、市街地走行では特に注意が必要だ。

また、ボンネットアタッチメントとルーフアタッチメント(フロント: LEDライト、リア: ルーフスポイラー)をオプションで設定した。また、写真の車は23インチのアルミホイールを装着し、インテリアはカーボン、レザー、アルカンターラで加飾されている。

ワイドボディキットは、スカート、ウィング、シルが含まれている。また、オプションでボンネットやルーフの取り付けも可能となっている。

2つの性能レベルを用意

「Gクラス」を風に向かってそれなりのスピードで走らせるために、パフォームマスターはエンジンにも工夫を凝らしている。4リッターのツインターボV8は、通常585馬力だが、チューニングにより805馬力を発揮するようになった。そしてトルクも850Nmから1020Nmにアップした。

ターボチャージャーの改良、ソフトウェアの見直し、ワイヤーハーネスを含むコントロールユニットの追加により、新しい数値を達成した。2.5トン車の0-100km/h加速は従来の4.5秒から3.7秒に、最高速度は40km/h向上して260km/hとなり、このクラスのクルマとしては十分すぎるほどの性能を備えている。もう少しパワーが少なくてもいい人には、712馬力のチューンナップモデルも用意されている。

価格は問い合わせに応じて公開

価格は、チューニング単体またはコンプリートカーのいずれかを注文することができ、要望に応じて公開される。その価格には、トランスミッション、エンジン、エンジン周辺機器の総合保証が常に含まれている。「メルセデスAMG G 63」は162,703ユーロ(約2,150万円)から購入可能だが、残念ながら、半導体チップ危機と高い需要により、現在「Gクラス」の注文は凍結されている。

Text: Moritz Doka
Photo: Performmaster