【テスト】新型DS 4 E-TENSEに試乗 DSのハイブリッドクロスオーバー そのドライビングインプレッションと評価は?

684

服が車を作る: DS 4 E-TENSEクロスオーバーは魅了的な車に思えるし、紛れもなく特別な存在に見える。今回、最初のテストでハイブリッドドライブを搭載したクロスヴァリアントとしてのクールなクロスオーバー。

プラグインハイブリッドシステムやカメラのスイッチに触れながら、素晴らしい技術について話すこともできるし、ボディの力強いデザインについて、たとえばボディワークのシャープなラインを褒めることもできる。そして、めちゃくちゃ充実した設備を絶賛する。手短に言うなら、このクルマはほぼ5万ユーロ(約660万円)もするのだが、運転は合格点、そして本当に非凡な存在になり得るのだ。

安全なハンドリングと良好なブレーキ

「DS 4 E-TENSE」クロスオーバーは、クルマとして、まずはその地に足の着いた実力を証明する。安全なハンドリング、優れたブレーキ、ユニバーサルサスペンション、滑らかな直線走行、そして225馬力(システムトルク360Nmの合計)のおかげで、適切な加速性能が兼ね備わっている。

1.6リッターガソリンエンジンの電動アシストにより、全長4.40メートルのクロスオーバーはスムーズに発進し、緩やかな加速ではリニアで静かな動きをする。これは、エレガントな外観によく似合っている。しかし、アクセルを強く踏み込むと、低回転域で聞き苦しいような音をたてる4気筒ターボガソリンエンジンが動き出す。走行モードはボタン操作で4つのドライビングモードが選択でき、「スポーツ」モードではオートマチックでギアチェンジの際にキビキビとした衝撃を与えることができる。あとは好みの問題だ。メーカーによれば、「DS 4」は電力だけで約55km走行可能で、電動モーターは最高時速135キロメートルからその機能を発揮するとされている。

快適な室内

「DS 4」のオプションの巨大なホイールは乗り心地の妨げにもなっている。約1.8トンという車重と、245インチという太いタイヤもその一端を担っている。悪路では常に揺れ、ギザギザしたロールを発生させる。しかし、インテリアでは、快適さと極めて高い質感を実現している。骨盤をしっかり支えてくれるシートや、しっかりとした張りのあるシートは、多くの高貴なスポーツカーとも肩を並べるくらいのレベルだ。

DS 4は快適で、コックピットはさまざまに構成することができる。プリセレクトボタンを備えたメインディスプレイ、コンソール下部のタッチフィールド(ひし形)がコントローラー。

ダッシュボードはまるで一体の彫刻のようで、インテリアのソフトレザーはきれいに選ばれ、ステッチもきれいに施されている。残念なことに、視界は悪く、リアは本当に窮屈で、わずかなデジタルコックピットコントローラーによる操作コンセプトは、経験の浅い人を混乱させるだろう。特にそのタッチパネルは高い位置に配置され、無数のワイプメニューが備わっている。

DS 4の優れたドライビングアシスト

運転支援に関しては、「DS 4」は特に親切なタイプの一つだ。アクティブステアリングアシスト、エマージェンシーブレーキ機能、アクティブクルーズコントロール、または操縦支援機能が搭載されている。さらに、ナイトビジョン機能や非常に広範囲なヘッドアップディスプレイが、旅の安全をサポートしてくれる。また、アクティブレーンポジショニングなどは、邪魔にならない程度に穏やかに、しかし同時に十分な強度で働き、信頼感を高めてくれる。

ビジュアル的にもDS 4は存在感を示しているが、最大1,200リットルのラゲッジルームの容積に関してはそれほど広くもない。

さらに、ミラー調整ノブによるヘッドアップディスプレイの位置変更、エレガントなバータイプのドアハンドル、フロントシートの効果的で強力なマッサージ機能など、「DS 4」は新鮮でオリジナルなソリューションで輝きを放っている。普通じゃないけれども、楽しい。

美しいフランスのDS 4 E-TENSE 225:テクニカルデータと写真

紛れもなく特別な存在だ。新型「DS 4」は、キャラクターの面で際立っている。ハイブリッドドライブを搭載したクロスヴァリアントとしてのクールなクロスオーバー。
パワフル:1.6リッターターボガソリンエンジンと電気モーターを合わせて360Nmを発揮する。消費電力:5 l S + 13.6 kWh/100 km、CO2排出量:217g/km
シリーズ:7.4kWの車載充電器。
3画面搭載のコンソール。コックピットは、プリセレクトキー付きのメインディスプレイ、コンソール下部のタッチフィールド(ひし形)など、さまざまなコントロールが可能となっている。
コーナーウインドウ: DSは、サイドウインドウのリフターをドアトリムのアッシュウッドストリップに一体化している。これはそのパワーウインドウスイッチ。
座面が柔らかく、横方向のサポート力が高いシート。
快適なレザーだが、非常にタイトだ: 背の高い人にはあまり向いていない。後方視認性も悪い。パノラマルーフは素晴らしい。
390~1200リットルのトランクスペースは小さすぎる。最大積載量428kgというのも、まあまあといったところだ。
ビジュアル面でも、「DS 4」は確かに存在感を示している。準オフロードパッケージは「クロス リヴォリ」と呼ばれ、9,600ユーロ(約126万円)の追加料金が必要だ。

結論:
「プジョー308」と「オペル アストラ」のプラットフォーム上に、DSは4シリーズというおそらく最も贅沢なボディと内装を持ったSUVを巨大なホイールに載せている。価格的には決して安くはない車だが、高度な技術が詰まっている。そして、快適だ。
AUTO BILDテストスコア: 3+

【ABJのコメント】
街でたまにDSシリーズを見かけると、高級感もあるし未来的でもあるし、何しろエレガントな雰囲気もあるので、なかなかいいじゃないかと思うし、ちょっと欲しくなる。今のSUVの中では威圧感も少ないし、なによりも、どの車にも似ていないのがよろしい。内容的にもエンジンなどはもちろんのこと、もはやすべての電子デバイスなども決して遅れたものではない。そして価格的にも納得のいく範囲であることも魅了的だ。

そうなると、毎回思うのだが、シトロエンとDSの車として明確に分けたことは良いとしても、シトロエンという名前をわざわざDSという名前に変え、お店までDSの販売店を専門店にして、分けたことは果たしてよかったのかどうか、今でも疑問に思う。シトロエンもDSもそれぞれ魅了的で欲しくなる車をラインナップに数多く持っていることは認めるが、であるならば、シトロエンと、シトロエンDS、という車種を、同じ「シトロエンのお店」で売るというのではいけなかったのだろうか?わざわざシトロエンという名前を外して、違うお店で売る・・・、ちょっともったいないなぁ、とシトロエン好きな私としてはそう感じてしまうのだが・・・(KO)。

Text: Jan Horn and Berend Sanders
加筆: 大林晃平
Photo: DS Automobiles