【ガチンコ勝負】アウディ対BMW対AMG 新型アウディRS 3にライバル2台が挑む 果たして最も優れたコンパクトスポーツカーはどれか?

6666

最高のコンパクトスポーツカーを作るのは誰だ? 

アウディ、BMW、メルセデス。全く異なる3台のコンパクトスポーツカーが、走る歓びと豊かなパワーを約束する。しかし、どのコンセプトにもっともと説得力があるのだろうか? 我々が明らかにする比較テストの勝者とは!?

すべての道はローマに通じる?かもしれない。しかし、それは決して栄光のためではない。この3台の高性能コンパクトスポーツモデルは、そのことをそれぞれに主張している。

細かい点では、この3台は少し異なっている。アウディ、BMW、メルセデスの3台は、基本的に全輪駆動で勝負している。そして、1気筒あたりの排気量は二分の一リッター、500ccだ。シリンダー数については、また意見が分かれるところだ。4気筒、5気筒、6気筒がすべての物差しになるのか?それでは実際に試してみよう。

アウディRS 3セダン: ラグジュアリーと愛情

エレガントなインテリアの中には、目隠しで操作できる大型タッチディスプレイとは対照的に、心地よいメカニカルなボタンが数多く配置されているのは嬉しいところだ。パンチングレザーのグリップが付いたステアリングホイールは、手になじむ感触が最高だ。底面が平らになっているので、ドリフトの際に邪魔になるどころか、むしろ助かる。クラシックな形が好きな人には、追加料金なしで丸い形も用意されている。シートの座り心地はまあまあだが、スポーティに切り詰められているため、リラックスするためには向いていない。優れたサイドサポートがあり、高速ラップでも素晴らしく機能した。

サスペンションには、リアアクスルにトルクスプリッターを装備し、個別の多板クラッチを介して、各ホイールを個別に制御でき、必要に応じて、最大100パーセントのパワーをリアに送ることができるようになっている。その結果、グリップの失速、横方向のドリフト、ドライビングプレジャーの順となっている。しかし、これを体験するには、それなりのスキルが必要となる。

いずれにせよ、前輪駆動ベースの全輪駆動によるドリフトは決して本能的なものではない。縦方向の動力性能では、「RS 3」の0から100km/hまでの到達タイム3.7秒は、実は純正スペックよりコンマ1秒速いものだ。そして、アイコン5気筒のエンジン音は耳を楽しませ、鳥肌が立つほどだ。

RS 3のセラミックブレーキはウェットコンディションに弱い

もちろん、ウェットな路面とはいえ、「RS 3」がサーキットでどのようなパフォーマンスを発揮するのかにも、もちろん興味がある。我々は、アウディはブレーキに問題があるのではと危惧している。インゴルシュタットのメーカーは、「RS 3」に、オプションのセラミックブレーキをフロントアクスルに装備していた。コンパクトクラスでそういうものを提供できるのは、凄いことだ。
そして、乾いたアスファルトの上では、確かにグリップが効くことだろう。しかし、ウェット路面では、ブレーキが不安定になりがちだ。

そして、まさにその通りだった。極端なブレーキングポイントでは、スチールを装備した他の2台のライバルよりもずっと早くスピードを落とさなければならない。さらに、限界域では、「RS」は、リアアクスルがナーバスになる傾向がある。スピードを出し過ぎると、アンダーステアになるのだ。

BMW M240iクーペ: ピュアなドクトリン

「M240i」のコックピットは、「4シリーズ」でおなじみのもので、ノブ付きパッドのステアリングホイールは手になじむ感じだ。ステアリングレシオとフィードバックが気に入った。

一方、膨張したスポーツシートは・・・。
調整範囲や取り付け深さは最適だが、ドライバーの背中や、特にサイドの肋骨部分は、パッドに慣れる必要がある。


一方で、キビキビとした直6や、リア重視の全輪駆動とは、自発的に友達になることができる。単純にBMWという感じだ。「M240i」は必要なときに、アウディやメルセデスのように後輪を作動させるのではなく、前輪を作動させるので、極端な場合、再びクルマを真っ直ぐに引っ張ることができるようになっている。

しかしBMWは、限界になると、リアがふらふらし、アンダーステア気味になってしまうことがある。これは大型の「M440i」は、結局のところ、他の車種に比べ明らかに太っていることの説明にもなる。それでもBMWは、「A 45 S」より、ちょうど90kg、アウディより142キログラムと、少なくとも、車重はライバルより軽い。

メルセデスAMG A 45 S: パフォーマンスとプレジャー

メルセデス・ベンツのインテリアは親しみやすく、ボイスコマンドや指先での操作も気持ちよく行える。3,891ユーロ(約51万円)という高価なバケットシートや、マイクロファイバーカバーと、12時位置マーカーを備えた握りやすいステアリングホイールは、このAMGの本当の姿を示している。421馬力の4気筒エンジンは、現在でも大規模生産で最もパワフルなエンジンであり、コンパクトなボディを事実上引き裂いてしまうかのようだ。全輪駆動はドリフトモードなど、アウディと変わらない働きをする。AMGは安定した状態が長く続き、その後、一気に加速する。

そして、その圧倒的なパンチ力とコントロール性に優れたブレーキと相まって、ウェットではアウディより断然速い。もちろん、これはタイヤの問題である可能性もある。アウディは転がり抵抗に最適化された「ブリヂストン ポテンザ スポーツ」を、他の2台はミシュランの「PS 4 S」を装着している。いずれにせよ、ローマへの華麗なる旅は、すべての人に提供される。

比較テスト: アウディ RS 3対BMW M240i対メルセデスAMG A 45 S

コンパクトなスポーツカー3台をテスト。その3台も誰がベストかを知りたがっている。アウディRS 3、BMW M240i xDrive、メルセデスAMG 45 S。コンパクトクラスで最高のスポーツカーはどれか? コンパクトなフルスロットルのクルマは、ラウジッツリンクサーキットにしっくりとなじむ。ただ、路面がウェットでラップタイムを計測できなかったのは残念だった。我々は約束する。ドライコンディションでもう一度テストすると!

縦方向の強力なダイナミクス、最低燃費(10.4km/ℓ)、日常的な実用性(積載量: 502kg)により、RS 3は勝利を手にする。テスト車の価格: 69,200ユーロ(約900万円)
アウディのコックピットは、すっきりとした仕上がりでドライバーを迎える。また、本物のボタンがたくさんあり、ステアリングも平らになっている。
インゴルシュタット伝統のエンジン: アウディでは、5気筒で400馬力を発揮する。燃料消費量は最も少ないが、228g/kmのCO2が大気中に排出される。
速く走れば、速く止まりたくもなる。これが通用するのは、アウディの場合、濡れた路面での限られた範囲に限られる。オプションのセラミックブレーキは、ドライを好む。
フィールド最短(4.44m)のロングネーム。しかし、メルセデスAMG A 45 Sの4気筒エンジンは、最も高いパワーを発揮する。このエンジンは、421馬力という驚異的なパワーを発揮する。平均燃費: 9.6km/2ℓ
ドライバーは、パンプアップされたAクラスをフラットなステアリングホイールで操る。12時の方向が分からない場合の目印を含む。スポーツシートは3,900ユーロ(約51万円)近く追加料金がかかる。
ターボチャージャー付きのベンツA 45 Sの2リッターエンジンは、アスファルトに421馬力を、大気中に265g/kmのCO2を放出する。すべてのライバルに共通するのは、500Nmのトルクと全輪駆動システムだ。
カーボンスポイラーが、比較対象であるベンツの進路を確保している。
テスト車価格: 74,000ユーロ(約970万円)
BMW M240iは、リアヘビーな全輪駆動、レーシーな6気筒エンジン、そして適切なブレーキが特徴だ。全般的に低調であったため、ランキング3位となった。
M 240iのコックピットは4シリーズでお馴染みだが、ノブ付きパッドのステアリングホイールは手に馴染む。我々はステアリングレシオとフィードバックが気に入っている。
6気筒なのに374馬力「だけ」。このため、今回の比較ではBMWが最も弱く、最も遅い候補となった。スピードメーターが100km/hを示すのは、静止状態から4.2秒後である。
BMWが勝っている点は価格と重量のみに過ぎない。試乗車の価格は62,100ユーロ(約813万円)、重量は1,720kg。しかし、ウェット路面でのライン取りはすばらしかった。

第3位 320点満点中244点: BMW M240i xDRIVE
最安値のクルマは、ウェットでは無敵だ。価格:56,000ユーロ(約733万円)より、燃費: 8.9km/ℓ、出力: 374馬力

第2位 320点満点中、249点: メルセデスAMG A 45 S 4MATIC+
強力な推進力を発揮するが、ウェット時のハンドリングが悪い。価格:63,992ユーロ(約838万円)より、燃費: 9.6km/ℓ、出力: 421馬力

第1位 320点満点中、251点: アウディ RS 3セダン
縦方向の力強さと、合理性のカテゴリーで勝利する。価格: 63,500ユーロ(約832万円)より、燃費:9.6km/ℓ、出力: 400馬力

結論:
この比較では、アウディ RS 3がリードしているが、残念ながら天候不良のため、サーキットコンディションが悪く、ラップタイムと制動距離という重要なカテゴリーをテストすることが出来なかった。また3台に会えるのを楽しみにしている。ただし、その時はドライコンディションで(笑)。

今回はウェットコンディションということもあり、本当の極限状態?でのサーキットテストはできなかったようだが、本当はそのような悪条件の方が自動車の実力を判断できるということもあり、意味のある比較テストではあったと思う。「アウディRS3」が勝ったことは尺度を、おそらくオールテレインプログレスウエザーでの万能な実力という合理的な判断においたことではないかと予想されるが、実際に「RS3」は毎日の足にも使えながら、いざという時にはものすごく高性能な4ドアセダンである。ドイツ的にオールラウンドプレーヤーが勝者という基準からすればすごく真っ当な評価と結論だろう。

個人的には、一番車重が軽いという事実にもかかわらずBMWが最下位なことは残念な結果である。運転する喜びをもたらす自動車の楽しさの根源とは、軽さにあるのではないかと思うからである。それにしても、もはやすべての車が全輪駆動になっているとは、これも驚きの事実であった。いつの間にか自動車は複雑に進化して、どの車も驚くほどハイパフォーマンスになっていたのである。

Text: Guido Naumann und Alexander Bernt
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de