【1分23秒の短い動画付き】またまたオランダからのソーラーカー ライトイヤー ワン公開 新着全情報

247

ライトイヤー ワンは、日常生活の中で、太陽電池を使って充電する。電気自動車「ライトイヤー ワン」は、太陽光電池を利用して充電する。これなら、少なくとも晴れた日には、充電ステーションに行く手間が省けるはずだ。第1報!

ソーラーエネルギーで日常をドライブ?
このアイデアは、2022年に「ライトイヤー ワン」で現実のものとなるはずだ。
オランダのスタートアップメーカーは、独自の駆動コンセプトを持ち、加速度よりも航続距離で勝負している。
2022年末までに、フィンランドのウシカウプンキで生産を開始する予定となっている。

Lightyear One

航続距離725km、消費電力8.3kWh/100km – これらのデータは、車両の効率性が決定的な役割を担っていることを示している。
このクルマの形状を見れば、エアロダイナミクスのエキスパートによる仕事であることが一目瞭然だ。
ライトイヤーは、1つの金型から鋳造されているようで、板金にビードやエッジがない。
これにより、特にスムーズなエアフローが確保され、空気抵抗が少なくなっているのだ。
それにより、このソーラー電動モデルのCd値は0.20を下回っている。

ライトイヤーの車内はとても明るく、5人までのスペースが確保されている。

余裕のある室内空間

デザインは、メルセデスのスタディモデル「EQXX」を非常に彷彿とさせるが、ライトイヤーが2021年にすでに車両を公開しており、逆にシュヴァーベン人がそれからインスピレーションを得た可能性もある。
スタートアップメーカー、ライトイヤーは、アクティブエアロダイナミクスなしで行い、リアホイールアーチは部分的に覆われ、ドアハンドルの代わりにボタンがあるだけだ。
全長5m強、全幅1.90mというサイズは、シティカーとしてはあまり向いていない。
一方で、最大5人が乗車でき、780リットルのトランクに荷物を収納できるようになっており、700kmを超える航続距離と相まって長距離ドライブに適している。

4個の個別モーターと約60kWhのバッテリー容量

「ライトイヤー ワン」は4輪ハブモーターを搭載している。
これは、1軸に1個のモーターを搭載するのが、一般的なオランダ車とは明らかに一線を画している。
「ライトイヤー ワン」では、高度なモーター制御システムにより、常に適合したトルク配分を保証することになっている。
同社はバッテリーのサイズについては沈黙を守っているが、走行データから推定すると、このモデルの使用可能なバッテリー容量は約60kWhになる可能性がある。

ルーフラインは流麗で、ライトイヤー ワンのリアにエレガントに融合している。ルーフを形成しているのは太陽電池だ。

車両ルーフの太陽電池

家庭で3.7kW、公共の充電スタンドで22kW、急速充電器で最大60kWの充電が可能となっている。
しかし、それは必ずしも必要なことではない。
ライトイヤーは、車両に搭載された多数の太陽電池に依存しており、理想的な条件下では、「ワン」は、1時間あたり12km分の航続距離を貯えることができるようになっている。
つまり、道路を走っていても、オフィスの前に駐車していても、晴れた日には、常にバッテリーが充電されているのだ。

高価格、納期は2022年夏

「ライトイヤー ワン」はすでに予約受付を開始している。
ファーストエディションは、15万ユーロ(約1,965万円)で販売される予定だ。
ソーラー電動モデルのファーストエディションは946台の限定生産で、早ければ2022年夏からデリバリーが開始される予定となっている。

Text: Andreas Huber
Photo: Lightyear