【2分18秒の動画付き】フェラーリ296GTB DMC “スクアーロ(Squalo)” V6フェラーリのチューンナッププログラム

7757

900馬力のフェラーリ296GTBとカーボンボディキット。

DMCは、フェラーリ296GTBのパフォーマンスアップを含むチューニングプログラムを発表。パーツは暗号通貨での支払いも可能!? レポート。

ドイツのDMCは、未来のチューニング企業として、独自のNFTコレクションを発表しただけでなく、ビットコインなどの暗号通貨を支払い手段として受け入れている。
デジタル化だけでなく、DMCは当然ながらクルマのケアも続けていく。
最新プロジェクトは「スクアーロ」だ!

Ferrari 296 GTB DMC “Squalo”

フェラーリ、それも「296GTB」をベースにしているのは偶然ではないのだ。
2021年夏、フェラーリが新型ミッドシップスポーツカーを発表したとき、「296GTB」が話題になったのは、フェラーリのロゴをつけることが許された、初のV6搭載ロードリーガルモデルであるためだった。
現在、高い人気を誇る「206GT」や「246GT」の「ディーノ」は、実はフェラーリのバッジを正式に付けることはなかった。

電動モーターはそのままで

ロゴの問題は、純粋に威信の問題であり、「296GTB」の性能データがそれを物語っているからである。
「SF90ストラダーレ」の下に位置するミッドエンジンスポーツカーは、完全新開発の3リッターV6(バンク角120度)に、2基のターボチャージャーと電動モーターを搭載しているのが特徴だ。
その内燃機関は663馬力を発揮し、さらに電動モーターから167馬力(122kW)が追加供給される。
この結果、システム出力は830馬力となった。

新しいウィングはリアビューではっきりと確認できる。中央のエキゾーストは珍しいと思われるかもしれないが、標準装備されているものだ。

830馬力は十分すぎるほどのパワーだが、DMCはまだ最適化の必要性を感じている。
ソフトウェアの調整により、V6を、さらに70馬力押し上げ773馬力とし、システム出力をスムーズに900馬力にまで向上させた。
その結果、0-200km/hのスプリントタイムは、標準車よりコンマ2秒速い7.1秒を実現したという。

ビジュアリーカーボン製ボディキット

しかし、チューニングはそれだけではない。
DMCは、「フェラーリ296GTB」用に特別に開発した、エアロダイナミックパッケージも用意している。
これは、固定式リアウイング、サイドスカート、改良型ディフューザーインサートで構成されている。
パーツはビジュアリーカーボンを使用し、マット仕上げとグロス仕上げの2種類が用意されている。

マルチスポークデザインの21インチと22インチのホイール(255/30 ZR 21と315/25 ZR 22)は、PUR Wheels製で、35mmのローダウンスプリングと合わせて、「296GTB」をよりアグレッシブに見せている。
それでもまだ物足りないなら、インテリアを完全にカスタマイズすることも可能となっている。
DMCは、チューニングパーツやパフォーマンス向上のための価格をまだ明らかにしていないが、興味のある人はビットコインなどの暗号ウォレットなどでの支払いも可能となっているので、選択肢の一つとして考慮することもありだ。

Text: Jan Götze
Photo: DMC