シューマッハ&フェルスタッペン物語 天才F1ドライバーの下で学んだニューF1チャンピオン 心温まるストーリー

1577

マックス フェルスタッペン。フェルスタッペンは、シューマッハのもとでカートの運転を学んだ。ミハエル シューマッハとマックス フェルスタッペンの写真がどんどん出てきている。その背後にはこんなストーリーが。

マックス フェルスタッペン(24歳)は、まずF1ブームを、そして今度は世界選手権のタイトルをオランダにもたらした。
彼の成功に対する本国の反応は、90年代半ばにここで勃発したシューマニアを彷彿とさせるものがある。
フェルスタッペンもドイツ人気質が強い。

オランダ人レーサーは、学校でドイツ語を習ったわけでもないのに、ほとんど完璧にドイツ語を話す。
「父は幼い頃から私とドイツ語で会話していました」と、タイトルを獲得する前からAUTO BILD MOTORSPORTSの記者に明かしていた。

フェルスタッペンはドイツのサーキットで初めてドライビングに挑戦した。
「例えばフォイヤーバッハ ハーンでは」と回想する。それからアンプフィング、そしてもちろん、ミハエル シューマッハの故郷であるケルペンでもたくさん。

しかし、ニューF1チャンピオンは、ドイツのレジェンドF1ワールドチャンピオン、ミハエル シューマッハと、さらに多くの共通点を持っている。ベネトンでの元チームメイトとして、ヨス フェルスタッペン(マックスの父親)はミハエル シューマッハと親交があった。両家が一緒に休暇を過ごすこともあった。

幼き日のマックス フェルスタッペンとミハエル シューマッハ。

しかし、もちろんフェルスタッペン ジュニアはその時、その優しいおじさんが本当は誰なのか知らなかった。
フェルスタッペンは、AUTO BILDモータースポーツに、「当時は3歳か4歳だった。マイケル(ミハエル)おじさんしか知りませんでした。とても素敵な方でした。極めて大家族主義的な人だった。でも、彼が世界チャンピオンの記録を持っているなんて、思いもしなかった。家にある昔の写真やビデオを見ても、それがよくわかるんです。ミックはいつもそこにいるか、ジーナ(シューマッハの娘)がそこにいた。素晴らしかったです。あの頃の週末は、今でもいい思い出です」と、懐かしそうに語った。

その後、両者の関係はとても良い方向に展開した。
家族ぐるみでの付き合いは長く続いた。
そして必然的に休みの日にはカート場へ両家族で出かけた。
「いつも2人乗りのカートに乗っていたんですよ」とフェルスタッペンは振り返る。
「マイケルとミックかジーナ、父と私のペア、子供たちも、時にはハンドルを握らせてもらえました。」
「でも、あまりに危険な状態になると、父親たちがすぐに代わってしまうんですよ」と、マックスは今日も面白そうに思い出しながら笑う。

つまり、ミック シューマッハとマックス フェルスタッペンは、F1ドライバーの息子として一緒に、遊び感覚でカートの運転を覚え、自然にモータースポーツの道へ入り、レーサーとしてのキャリアを始めたという事実だ。
とはいえ、新F1チャンピオンは、自分のキャリアをミック シューマッハと比較したくはないようだ。

「ミックにとっては、僕とは違う世界だったんだ。父親は世界選手権7回の記録保持者である。それは難しいスタート位置ですね。カート時代も、彼の周りには常に報道陣がいた。フォーミュラ4、フォーミュラ3、フォーミュラ2では、さらに大きな誇大広告が行われた。でも、彼には良い環境があり、彼を心配してくれる良い人たちがいます。」とマックス フェルスタッペンは、静かに語る。

マックスの場合、父のヨス フェルスタッペンによる完璧なキャリアプランが、2021年にレッドブルで初のワールドチャンピオンのタイトルを獲得することにつながった。
一方で、父親のミハエルが長い間病床に就いたままのミック シューマッハは、ハースF1チームで苦戦を続け、そのような成功からは遠ざかっている。
しかし、かつてのカート仲間であるマックスを見習いたいと思っていることは確かだろう。

Text: Bianca Garloff
Photo: AUTO BILD MOTORSPORTS