【ニューモデル情報】リフレッシュされた新型シトロエンC5エアクロス登場 新着情報!

274

シトロエンC5エアクロスがフェイスリフトでこう変わる。

今回のフェイスリフトでは、シトロエンC5エアクロスのフロントが一新され、インテリアも一部変更された。新着情報をお届け。

シトロエンは、C5エアクロスを一層モダンにした。先代と比べた変更点は、特にフロントで非常に顕著に現れていて、全長4.50mのSUVは、オーソドックスな一体型グリルと新しいヘッドライトを採用している。そして、デイタイムランニングライトは、ラジエーターグリルの2本のクロスバーと視覚的につながっている。これは、シトロエンが「ピアノ鍵盤」と呼ぶ、縦長の小さなクロームエレメントを多数使用することで実現されている。中央には、ブランドロゴのダブルシェブロンへとつながっている。

また、フロントエプロンも変更され、エアインテークが大きくなった。リアはほとんど変わらず、変更はテールランプに限られる。新しいライトシグネチャーとダークガラスを採用し、形状やサイズはそのままだ。

インフォテインメントディスプレイが10インチに大型化

インテリアでは、特に新しいインフォテインメントディスプレイが目を引く。「C5エアクロス」フェイスリフトモデルのスクリーンは、従来の8インチから10インチに拡大され、ダッシュボードに埋め込まれることなく、わずかに張り出している。ドライバーが見るのは、やはり12.3インチのデジタルコックピットだ。シトロエンは全体的にインテリアに遊び心をなくし、それは吹き出し口などにも表れている。ニューユニットはタッチパネルの下に配置され、デザインもスッキリし、よりオーソドックスになっている。

ディスプレイを大型化し、デザインをスッキリさせたフェイスリフト版C5エアクロスのインテリアは、遊び心をなくした印象だ。

一段下のセンターコンソールでは、先代のギアセレクターレバーが小さなスイッチに変わり、さらにUSB接続の収納スペースが新設されている。また、「C5エアクロス」では、「C4」と「C5 X」にすでに設定されている、特に快適な表皮を持つアドバンスドコンフォートシートを新たにフロントシートに採用している。そのフロントシートはシートヒーターだけでなく、マッサージ機能も備えている。

シトロエンはエンジンについてコメントしないので、おなじみのポートフォリオにこだわるようだ。ディーゼルエンジンとガソリンエンジン(各131馬力)、そして224馬力のプラグインハイブリッドドライブを搭載し、13.2kWhのバッテリーにより、60kmの純電動走行が可能となっている。フェイスリフトは、2022年初夏から各ディーラーのショールームに並び始める予定となっている。我々は、価格はあまり変わらないと想定している。「シトロエンC5エアクロス」は、現在、31,740ユーロ(約419万円)からとなっている。

Text: Katharina Berndt
Photo: PSA Group