【このクルマなんぼ?】走行距離2万km未満のBMW M3(E46)のお値段は果たしていくら?

1336

走行距離2万キロ未満のBMW M3(E46)がハンマープライスで落札された。米国では、走行距離2万キロ未満の無改造のBMW M3 E46が、約???万円)という価格で取引された。これは、M3 CSLとほぼ同じ値段だ!

「イモラートII」のカラーが目を引くこのオリジナル「BMW M3 E46」がオークションで1千万円!近い価格で落札された。しかし、それは決して驚くようなことではない。最近、多くの「BMW Mモデル」が、着実に値上がりし続けているからだ。

「BMW M3 E30」が、少しのお金で手に入ったというのはもう昔の話だ。初代「M3」世代は、長年にわたりコレクターズアイテムとして人気を博してきた。伝説の「スポーツエボ」などの特別モデルは、今や、20万ユーロ(約2,640万円)を超えることもあるくらいだ。しかし、後継世代の「E36」や「E46」でも、それなりのコンディションの「M3」が、それなりの値段で手に入らなくなったのだ。多くの個体は、まだ比較的安価だった時代に、単に焼き払われたり、クラッシュしたり、トラックツールに改造されたりしていた。逆に言えば、きちんとメンテナンスされ、いじられていない「M3」は、もう簡単には手に入らないということで、価格が上がっているのだ。「M3 GT(E36)」や「M3 CSL(E46)」といった356台しか製造されなかった特別なモデルは、常に非常に安定した価格を保っている一方、オリジナルの「E36」や「E46」の「M3」は近年、急激に価格が上昇している。特に「E46」世代のマニュアルシフトの「M3クーペ」のオリジナルコンディションは、マニアの間で非常に人気を博している。

時代を超えたシルエット: 多くのファンにとって、E46は最も美しいM3世代といえるだろう。

510馬力の6気筒エンジンとマニュアルトランスミッションを搭載した新車の「BMW M3 G80」は、現在83,500ユーロ(約1,100万円)だ。18年前の「BMW M3 E46」、走行距離2万キロ未満は、ほぼ同額で取引された。このMモデルはオークションプラットフォーム「bringatrailer.com」に出品され、最終的に85,000米ドル(約990万円)で落札された。現在、中古車市場は非常に加熱しており、価格が桁外れになることがあるのは今に始まったことではないが、ドイツではほぼ同価格で、多くのファンから「M3」史上最高と言われるスペシャルモデル「M3 CSL」が存在するのだ。

平均年間走行距離わずか1,166km

誤解を生じさせないために言っておけば、販売された2004年型「M3 E46」は、わずか19,814kmのレアな個体であり、おそらくこのような状態で他の個体を見つけるのは最近非常に困難であることを明確にしておきたい。18年間で2万kmも走っていないのだから、年間走行距離は平均でわずか1,166kmということになる。さらに、黒いキドニーグリルを除いて、「E46」はオリジナルの無改造の状態で、しばしば批判される「SMG-II」トランスミッションではなく、人気の高い6速マニュアルギアボックスを搭載している。プレミアムパッケージ(サンルーフ、レザーシート、電動調整式フロントシート)、キセノン、ラジオビジネスCD、ハーマンカードンサウンドシステム、19インチMダブルスポークホイール(BMWスタイリング67)などのオプション装備は、他には望めないほどだ。

心臓部: 3.2リッター直列6気筒(S54)は、343馬力の高回転型エンジンだ。

「BMW M3」の3代目は2000年にデビューした「E36」型で、クーペとコンバーチブルが生産販売された。その心臓部には、最高出力343馬力、最大トルク365Nmの高回転型直列6気筒(S54)が搭載され、6速マニュアル変速機または「SMG-II」自動変速機を介して後輪に動力を供給した。完全停止状態から時速100kmまでのスプリントは、両バージョンとも5.2秒である。「M3」の外観は、フレア状のホイールアーチ、「320i」や「330i」に後付けされたこともある特徴的なベントギル、ボンネットのパワードーム、4本のテールパイプで識別することができる。2007年からは、「E46 M3」に代わって、「M3」唯一のV8搭載車である「E90(E92/E93)」が登場した。

インテリアでは、M3は年式が古いにもかかわらず、1年落ちのクルマとほとんど見分けがつかない。

話を戻して、アメリカからの特別な個体だ。外装色「イモラートII」は「M3 E46」ではかなり珍しい色だが、クーペにはとてもよく似合っている。詳細な写真から、M3が非常によく手入れされた状態であることがわかるだろうか。目立つ傷は、スカート裏のタッチダウンによる小傷くらいだ。特にブラックレザーのインテリアはミントコンディションで、2004年にBMWサンフランシスコから納車された「M3」が常に大切に扱われてきたことを証明している。例えば、購入後すぐに保護フィルムが貼られ、石のカケラや小さな傷から塗装を守ってきてくれたが、約18年経った今、新しくすることも選択肢の一つだろう。さらに、最初で唯一のオーナーは、すべてのオリジナルドキュメントを保管するだけでなく、毎年M3を正しく整備してきた。

M3は事故の歴史がないわけではない

しかし、売主によれば、バイクとの事故の後、左翼を修理したとのことで、BMWは無事故ではない。そのため、完全無欠の歴史の中に小さな欠点があることになる。しかし、この修理によって「M3」への関心が途切れることはなかったようで、わずか数日後には、85,000米ドル(約990万円)で落札された。

黒いキドニーを除けば、M3は無改造のオリジナルコンディションだ。

オートマチック「BMW M3 E46」でも2万ユーロ(約265万円)する。最後に、簡単な価格比較をしてみよう。ドイツでは、輸入された「M3 E46」でも、走行距離が20万kmをはるかに超え、トランスミッションもあまり好ましくないオートマチックの「SMG II」で、2万ユーロ(約265万円)程度であった。一方、マニュアルクーペは非常に希少で、35,000ユーロ(約462万円)以下で見つかることはほとんどない。整備され、履歴が確認できるマニュアルの「M3 E46」は、5万ユーロ(約660万円)以上することも珍しくない。

したがって、今、この「イモラートM3」が特別だと考える人は間違っている。つい最近の2021年11月には、わずか7,500kmしか走っていないオリジナル状態のマニュアルシフト「M3 E46」が、「bringatrailer.com」で、9万1000米ドル(約1,055万円)以上の額で競り落とされており、その落札価格は新品の「M3 G80」とほぼ同じ値段なのだ。

Text: Jan Götze
Photo: bringatrailer.com