マンタイレーシングから早や登場! ポルシェ911 GT3(992)のチューンナップモデル 全情報

1321

マンタイレーシング(Manthey-Racing)は、992型ポルシェ911 GT3をRSにチューンナップ。ポルシェは近々、992型911 GT3の「RS」バージョンを発表するはずだが、マンタイレーシングはこれに先駆け、ノーマルGT3用のサーキット向けチューニングパッケージを発表した。

「ポルシェ911 GT3」は、伝統的にサーキットで最もホットなモデルのひとつだ。たとえその名前の最後尾に「RS」の文字が入ったとしても、せいぜい性能の限界をじゃっかんアップさせる程度だ。先日発表されたばかりの「992 GT3」の「RS」バージョンは、まだ開発テスト中だ。ワールドプレミアまで、もうそれほど長くはないはずだが、今、ツッフェンハウゼナーは、マンタイレーシングに先を越されたのである。ポルシェのチューニングスペシャリストが、ウィングスポーツカーのレーシングカーとしての資質を高めるためのチューニングプログラムを発表した。

グースネックデザインのマンタイ製リアウィングは、サイドプレートも含めてすべてカーボン製だ。

6気筒自然吸気エンジンはそのままに

マンタイレーシングの最大の目標は、「911 GT3」のサーキットでのパフォーマンスをさらに向上させることにある。それは簡単なことではなかったと、マンタイの開発担当のステファン マージュは言う。それもそのはず、市販モデルの「GT3」は、ニュルブルクリンクサーキット北コースノルトシュライフェで6分59秒927というラップタイムを記録し、先代モデルに比べて17秒もの差をつけているのだ。マンタイレーシングの「GT3」は、高回転の4リッター6気筒自然吸気ボクサーエンジンはそのままで、市販モデルの「GT3」と同じく、最高出力510馬力、最大トルク470Nmを発揮する。

リアのホイールカバーは空気の乱流を減らすはずだが、マンタイレーシングはCd値の詳細を明かしていない。

軽量ホイール+エアロディスク

その代わり、4ウェイアジャスタブルサスペンションでシリーズ生産モデルより速くなるはずだ。さらに、スチール製のフレックスブレーキラインと新しいブレーキパッド、軽量ホイール、そしてリアアクスルにエアロディスクが採用されている。ボディワークは、新しいフロントリップ、サイドフリック、新しいリアディフューザー、サイドパネルを含むカーボン製リアウィングで飾られている。チューニングが施こされたとはいえ、サーキット走行会には自走で問題なく行けるはずだ。

ノルトシュライフェの時間はまだ続く

マンタイレーシングは、まだ新しいノルトシュライフェでのラップタイムを発表していない。しかし、ニュルブルクリンクに拠点を置くポルシェのスペシャリストなら、長年のモータースポーツ経験を活かして、市販モデルの「GT3」よりも数秒は速いタイムが出せるはずだ。チューニングパーツは2022年第2四半期に発売予定だが、マンタイレーシングは価格をまだ明らかにしていない。ベーシックな「ポルシェ911 GT3」は現在、6速マニュアルまたは7速デュアルクラッチギアボックスのいずれかを搭載し、175,848ユーロ(約2,320万円)から入手可能となっている。
※新型「ポルシェ911 GT3」は、日本では2,296万円(消費税込)からとなっている。

Text: Moritz Doka
Photo: Manthey-Racing