LEXUS、新型LX“OFFROAD”カスタマイズモデルを東京オートサロンへ出展

111

ジャオス(以下、JAOS)とLEXUSは、「LX600“OFFROAD”JAOS ver.」を1月14日(金)から16日(日)に開催される「東京オートサロン2022」のJAOSブースに出展する。

LX600“OFFROAD”JAOS ver.は、LX600“OFFROAD”が持つ力強い走破性を体現したデザインに、JAOSならではのラギッド感を強調したカスタマイズを施したモデル。エクステリアは、軽量かつ高剛性のインフュージョン成形によるCFRP製パーツのフロントとリアのバンパースキッドプロテクターやオーバーフェンダーを採用。また、海外のラリーレイドにも参戦している「TEAM JAOS」が鍛え上げたENKEI製20インチアルミホイールを装着し、軽さと強さを両立したコンペティションモデルならではの迫力あるデザインにより、LX600“OFFROAD”が持つパフォーマンスの高さを際立たせている。

【カスタマイズ仕様一覧】
フロントスキッドプロテクター(CFRP仕様)
リヤスキッドプロテクター(CFRP仕様)
オーバーフェンダー type-R(CFRP仕様)
20インチアルミホイール(JAOS TRIBE CROSS 20×9.0J チタニウムゴールド)
20インチオールテレインタイヤ(TOYO TIRES OPEN COUNTRY A/TⅢ 285/55R20 国内未発売)
マッドガードⅢ(参考出品)
ドアハンドルプロテクター
マフラーカッター(参考出品)

Text&Photo:トヨタ自動車