フォルクスワーゲン「T-Cross」が2021年年間登録台数 輸入車SUVカテゴリーで2年連続第1位を獲得

164

クロスオーバーSUV「T-Roc」は2021年同カテゴリーにて第2位を獲得

フォルクスワーゲン ジャパンは、フォルクスワーゲンのSUVシリーズの中で最も小さなコンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」の2021年(1月~12月)における登録台数が9,159台となり、昨年に続いて輸入車SUVカテゴリーにおいて2年連続第1位を獲得した。また、クロスオーバーSUV「T-Roc(ティーロック)」は、2021年(1月~12月)における登録台数が7,241台となり、輸入車SUVカテゴリーにおいて「T-Cross」に次いで第2位となり、1位、2位をフォルクスワーゲンが占めた。

**各メーカーがSUVとしてカテゴライズしたものを日本自動車輸入組合(JAIA)2021年年間モデル別 新車登録台数に基づき自社調べ。

「T-Cross」は、コンパクトSUVとして日本の道路環境にマッチしたボディサイズによる取り回しの良さやラゲージルームの広さなどの実用性の高さなどが評価されています。2020年1月末より販売を開始し、2020年の年間登録台数は8,930台と輸入車SUVとしてトップの登録台数(自社調べ)を記録。そして昨年は、新グレードの追加や人気オプションのデザインパッケージに新たなカラーバリエーションを追加するなどお客様のニーズに幅広く応えた結果、2年連続での登録台数第1位を獲得いたしました。

「T-Roc」は、クーペのように流麗なボディスタイルを有したスタイリッシュなデザインが特徴なクロスオーバーSUVで、SUVならではの力強いデザインや見晴らしの良さ、さらに街中での取り回しの良さやスポーティな走りが高く評価されています。2020年7月半ばより販売を開始。昨年は、新たなパワートレインの追加、さらには専用の内外装アイテムを装備しデザイン性や安全性をさらに高めた特別仕様車「T-Roc Black Style」を導入するなど、「T-Cross」同様に商品力を向上させ、多くのお客様にご好評いただいています。

フォルクスワーゲン ジャパンは、「T-Cross」「T-Roc」に、昨年5月にマイナーチェンジを施した「Tiguan(ティグアン)」を加えた3モデルでSUVシリーズのラインアップを展開している。

Text&Photo:フォルクスワーゲン ジャパン

「VW T-ROC」のテストレポートはこちら