【ユーズドカーチェック】フォルクスワーゲン 「Up!」の中古車としての価値は?

48

VW Upは、VWの実用的なシティランナバウトであるとともに、適正な価格を実現している。アップは、VWのポートフォリオの中で最も小さなモデルだ。現在、ガソリン車と天然ガス車が用意されている。エンジンや比較テストなど、あらゆる情報を掲載!

VW Upハイライト:
• VW Upは13,800ユーロ(約179万円)より
• 3ドアと5ドアを設定
• ターボガソリンエンジン搭載、最高出力115馬力のGTIバージョン

価格とエンジン:スタート価格14,000ユーロ(約182万円)弱

「VW Up」は、「フォックス」シリーズ、「ルポ」シリーズの後継モデルとして2011年から販売されている。
3ドアの先代モデルに対する最大のアドバンテージは、2012年から「Up」が5ドアモデルとしても販売されていることだ。
電気自動車を除けば、最小のクルマは3気筒モデルのみとなっている。
ベースとなるのは、最高出力65馬力、最大トルク91Nmの1リッターガソリンエンジンだ。
装備にもよるが、価格は13,800ユーロ(約179万円)からで、やや高級な「R-Line」の標準装備では、最低15,595ユーロ(約202万円)が必要となる。

ガソリンエンジンに代わるものとして、天然ガス駆動バージョンも用意されている。
「eco Up」では、3気筒エンジンは68馬力と最大90Nmを発生する。
天然ガス仕様のベース価格は16,365ユーロ(約212万円)だ。
オートマチックトランスミッションの設定はなく、5段変速のハンドシフトが標準となっている。

VW e-Up : より大きなバッテリーで航続距離を伸ばす

VWのモデルラインナップの中で最も小さな車も、2013年にオール電化の分身が登場した。
2019年、「VW e-Up」は再び改良され、特にバッテリーはアップデートの恩恵を受け、容量が当初の16.4kWhから32.3kWhに変更された。
これにより、航続距離は260kmに伸びた。
フロントアクスルには、61kW(83ps)、212Nmのトルクの電動モーターが使用されている。

VW Up2021)テクニカルデータ一覧:

  VW UpVW eco UpVW Up GTIVW e-Up*
パワーユニット1.0リッター3気筒1.0リッター3気筒1.0リッター3気筒ターボ電動モーター
燃料ガソリン天然ガスガソリン電気
パワー/最大トルク 65PS/91Nm 68PS/90Nm 115PS/200Nm 61kW(83PS)/212Nm
0-100km/h加速15.6秒16.3秒8.8秒11.9秒
最高速度163km/h164km/h196km/h130km/h

*航続距離: 260km

しかし、約22,000ユーロ(約286万円)というベース価格に加えて、電気自動車の購入補助金の増加により、需要が一層高まり、「e-Up」は、その技術兄弟である「セアト ミイ エレクトリック(Seat Mii Electric)」や「シュコダ シティゴー e iV(Skoda Citigo e iV)」と同様に、2020年9月から注文できなくなっている。
VWによれば、ドイツでは電気自動車の「Up」は、今後、新車としては提供されなくなるそうだ。

VW Up GTI:ターボチャージャーでさらにパワーアップ

さらに走りを楽しむために、ヴォルフスブルクでは、2018年から「VW Up」の「GTI」バージョンも提供している。
特に、フロントエプロンのエアインテークを大きくすることで、よりシャープな外観になっているのが印象的だ。
また、12mmローダウンされた「Up GTI」には、常に17インチのホイールが装着されている。
ヴォルフスブルク製ハイパフォーマンス小型モデルには、6速マニュアル変速機が標準装備されている。
ターボチャージャーにより、「Up GTI」の1.0リッターTSIエンジンは、115馬力とフロントアクスルで200Nmのトルクを発生する。

UpのスポーツバージョンにはGTIらしい装備が施され、17インチホイールが標準装備されている。

デザイン&サイズ : ロングホイールベース、ショートオーバーハング

先代の「フォックス」や「ルポ」と比べると、「Up」はビジュアル的にかなりスタイリッシュでモダンになっている。
フロントは、ヴォルフスブルク車の場合、フロントエプロンに大きなエアインテークがないのが特徴だ。
しかし、ヘッドライトはハロゲン方式を採用し、現代的ではない。

ダークティンテッドなリアウィンドウと、視覚的に一体化したテールライトが、VW Upのリアビューを特徴づけている。

「Up」のBピラー後方には、少なくとも3ドアモデルでは、ウィンドウラインがわずかに曲がって上昇している。
ホイールベースは2.42mで、室内空間の広さを確保するため、前後のオーバーハングを短くし、全長は3.60mとしている。
テールゲートはダークティンテッドガラスで、リアライトと視覚的に一体化されている。
ただし、これらはトランクリッドの一部ではない。

サイズ:
全長:3.60メートル
全幅:1.64メートル
全高:1.50メートル(Up GTIは1.49メートル)
ホイールベース:2.42メートル
トランク容量:251リットル(リアシートを畳んだ状態では951リットル)

インテリア:タッチコントロールの代わりにボタン

インテリアでは、「Up」の経年変化がより顕著に表れていて、デジタルディスプレイの代わりに、ステアリングホイールの後ろにはクラシックな丸いメーターが残っている。
ラジオやエアコンは従来通りボタンで操作でき、ナビゲーションはセンターディスプレイではなく、センターコンソールにスマートフォンホルダーが設置されている。
2列目シートには2人分のスペースがあり、その奥には251リットルのトランクが備わっている。
リアベンチシートを倒せば、積載量は最大951リッターにまで拡大する。

タッチコントロールの代わりにボタンとノブ。Upのインテリアは、昔ながらのデザインで成り立っている。

VW Up:3ドアモデルとして本当にお勧めの一台

また、「Up」のクリアなラインは、スタイリッシュなだけでなく、「形態は機能に従う」という前提への言及も示唆している。
1列目のシートはゴルフと比較してもほとんどスペースに差はなく、特に背の高い人には、足元やヘッドルームの広さが顕著に現れている。
しかし、車幅が狭いため、乗員同士は比較的近くに座っている。
ただし、足の長い人が後ろに並ぶスペースは確保されていないので、その点は注意が必要だ。

また、ラゲッジルームの広さも物足りない。
かさばるものは、2列目シートを倒した「Up」にしか収納できない。
3ドアモデルの「Up」は、乗り降りがしやすく、肩越しに全方位が見渡せることが最大の特長だ。
また、Bピラー後方のウィンドウラインが上昇することで、より巧みなデザインに仕上がっている。
3ドアバージョンの最大の魅力は、少なくとも520ユーロ(約6万7千円)の追加料金を節約できることだ。

Text: Sebastian Friemel
Photo: Volkswagen AG