【ニューモデル情報】ステラ ヴィータ ソーラーパワーEV 第2報

124

未来のモーターホームって、こんな感じ?

完全な電気自動車と太陽光発電: モーターホームの未来はこうなる?アイントホーフェン工科大学の研究者たちは、電気自動車のコンセプトカー「ステラ ヴィータ」で、運転と居住のための太陽光発電モーターホームを作り上げた。

太陽エネルギーは、日常生活に適した電動モビリティに利用できるのか?
オランダのアイントホーフェン工科大学の「ソーラーチーム」の意向を汲むなら、その答えは「イエス」だ。
学生たちのグループがデザインしたコンセプトカー「ステラ ヴィータ(Stella Vita)」。
ソーラーパネルを搭載し、居住も可能な実験車、つまり実質的な完全電気自動車だ。

「ステラ ヴィータ」を支えるのは、アイントホーフェン工科大学のさまざまな分野の22人の学生たちだ。
オランダの大学には、建築から応用物理、機械工学から電気工学まで、さまざまなコースがある。「ステラ ヴィータ」の開発には、さまざまな分野の学生が集まり、モービル作りに携わった。
プロジェクト終了時には、オランダからスペイン最南端のタリファ岬まで、この未来型車両は3,000kmを走破した。

ステラ ヴィータの屋根を形成するソーラーパネル。モジュールの面積は、ウィングによって2倍にすることができる。

ステラ ヴィータ: 最高120km/hの高速走行

停車中にウィングを広げると、「ステラ ヴィータ」のソーラーパネルは17.5平方メートルをカバーする。
エアロダイナミックデザインと、わずか1,700kgの扱いやすい重量は、省エネに貢献し、最高速度120km/hを可能にする。
備わったリチウムイオン電池は60kWhの容量を持つ。そして、「ステラ ヴィータ」はバッテリーをフル充電すると、約600kmの距離を走行することができる。晴天時の航続距離は、最大730kmにも及ぶ。
すべての充電スタンドで充電が可能となっている。
太陽エネルギーだけでバッテリーをフル充電にするためには、現状では2~3日かかる。

ステラ ヴィータの内部は、コンパクトなモーターホームのように、ツアー中の生活や仕事のためにセッティングされている。

停車中はルーフが上がり、室内では立てるようになっている。
そして、翼を横に広げれば、ソーラーパネルの面積を2倍にすることができるようになっている。
「ステラ・ヴィータ」のインテリアは、コーヒーメーカーを備えたキッチン、ベッド、ソファ、シャワー、トイレなど、コンパクトなキャンピングカーのような内装になっている。

大きな窓は、まるで自然の一部であるかのような感覚をユーザーに与えることを意図している。
調理器具は扉の中にあるため、室内外から使用することができるようになっている。
「ステラ ヴィータ」は、ソーラーパネルで走行に必要な電力を作り出し、さらにシャワーやテレビ、ノートパソコンの充電、コーヒーを入れるなど、エネルギーを自給自足できる車だ。

一般道では、速度120km/hまで可能で、航続距離は600kmだ。

「ソーラーパネルがあれば、クルマが走らなくても多くのエネルギーが得られることが明らかになったのです」と、モバイルハウスのアイデアはプロジェクトの企画段階からあったという。
そのため、「ステラ ヴィータ」は、ユーザーが住み、働くことができるモーターホームになると、クリエイターは考えている。

Text: Lars Hänsch-Petersen
Photo: autobild.de

ステラ ヴィータの情報第1報はこちら