【面白ストーリー】幻のワンオフ史上最速メルセデスSクラスクーペ物語 C140 V12

2563

この「CL 600」は、史上最速のメルセデスとなるはずだった。

A:Level The Bigとは?メルセデスCL、Sクラス、クーペ、C140、V12、唯一無二(メルセデスCL、Sクラスクーペ、V12)。6.7リッターV12、850馬力の「エボII」ルックのCL 600は、2000年代前半にメルセデス史上最速を記録した。「A:Level」社の「The Big」の話だ。

希少価値の高いクルマだが、かなりの事情通でも聞いたことがないクルマがある。
そのユニークでエキゾチックな一品が「A:Level The Big」という名のクルマで、それは、「C140」シリーズの「メルセデスCL 600」をベースに、2000年代初頭に誕生するはずだった史上最速のメルセデスだ。

結局、このプロジェクトは失敗に終わったが、このクルマには多くのテストが行われていた。ロシアのA:Level社の手掛けた「ザ ビッグ(The Big)というモデルのストーリー。

この非常に特別なプロジェクトに関する情報はほとんどない。
2015年の雑誌「drive2.ru」の記事から、著者アレクサンドル モスクビン(ザ・ビッグの開発に実施に関わったとされる)が、非常にレアなワンオフモデルのユニークなプロジェクトの発端を報告した事実と情報を参照にしてレポートする。

ロシア人スタントマンからの特別注文

1990年代後半から2000年代初頭にかけて、モスクワのA:Level社(旧Autolak社)は、ロシアの俳優で、スタントマンのアレクサンドル インシャコフから特別注文を受けた。彼は大の車好きで、当時「ランボルギーニLM002」を所有していた。インシャコフは、「史上最速のメルセデスを作りたい」という想いで、A:Level社にアプローチした。余談だが、このワンオフモデルは、性能面でも当時のスーパースポーツカーを凌駕するものであった。

A:LevelはヴォルガV12クーペも製作した

A:Level社は、20年ほど前に、ロシアのデザインスタジオで、「BMW E31」をベースに「850CSi」のエンジンを搭載したヴォルガ(Wolga)V12クーペを発表し、センセーションを巻き起こした。

ヴォルガ(Wolga)V12クーペ。

「ザ ビッグ(The Big)」の製作においても、A:Level社は完全な改造を施すことになった。
その出発点として選ばれたのが、「C140」シリーズのメルセデスSクラスクーペ(後のCL)である。

C140のボディは完全に分解された。大きな部品はカーボンでできている。

プロジェクトはまず中古の「C140」のボディをベースにしたデザインモックアップからスタートした。ハイライトは、運転席と助手席で異なるデザインを採用し、クライアントの選択の自由度を最大限に高めたことだ。そこでインシャコフは、シトロエンやトヨタなどのモデルを手がけたデザイナー、ウラジミール ピロシコフが手がけた、より妥協のないバージョンを選択した。

デザインはエボIIとケーニッヒ スペシャルをミックスしたもの

大型の固定式リアウイングと大幅にワイド化されたサイドパネルを持つ「ザ・ビッグ」は、今や伝説となった「メルセデス190 E 2.5-16エボリューションII」を連想させるのは偶然ではないだろうが、そのワイドボディのルックスは、わずかに「ケーニッヒ スペシャル」の雰囲気も醸し出している。

メルセデス190 E 2.5-16エボリューションII。
メルセデスSL 72 AMGケーニッヒ スペシャル。

フロントでは、スカート下部の丸いカットアウトとヘッドライトの取り付け部が特に目を引く。
ボンネットの大きな溝は冷却のために必要であり、テールパイプはXXLサイズのディフューザーを備えたリアエプロンに埋め込まれている。

ここまでデザインが決まると、「ザ・ビッグ」と命名された「CL」は、風洞実験にかけられた。話によると、「A:Level」社の責任者はこの結果に満足し、ボディワークとアドオンパーツを最終的に決定することができたという。これは、早くからカーボンの加工を得意としていたドイツのライトウェイト社で行われた。そしてその後、プロジェクト車両はモスクワに運ばれ、内装やエンジンの手入れが行われた。

6.7リッターV12で850馬力を発揮?

「メルセデス史上最速」という目標を達成するためには、「CL600」の標準装備のV12(M120)の394馬力では、もちろん到底足りない。そこで、ウラジミール ライフリンと彼の会社「RED」(Raikhlin Engine Development)は、エンジンを大幅にパワーアップさせるだけでなく、ゼロから作り直すことを依頼されたのである。そして、ライフリンは物事を中途半端にしない。6.0リッターのV12を6.7リッターにボアアップし、2基のターボチャージャーを搭載したのだった。

6.7リッターの排気量と2基のターボチャージャー: V12ツインターボは850馬力を発生したと言われている。最高出力は900馬力だったという情報もある。

その他の総合的な対策と合わせて、V12は最終的に850馬力を発揮したと言われている。
他の資料では900馬力まであったと言われているが、その性能は公式に証明されたわけではない。
同時に、オートマチックギアボックスが廃止され、「ポルシェ928」から完全に改良されたマニュアルギアボックスに変更された。シャシーやブレーキもモンスターパワーに対応した。

ザ・ビッグは、風洞実験やサーキットでの走行テストを繰り返し行った。

「C140」の豪華な内装は、あまり残らなかった。軽量化のため、リアシートを廃止し、電動調整式レザーシートも廃止した。その代わり、ドライバーと助手席には、「ポルシェ911(996)GT3」のレカロ製フルバケットシートが採用された。ステアリングはレイドシルバーアローのスポーツステアリングに交換され、ダッシュボードもタクシー仕様からデジタルディスプレイ仕様に変更された。それでも内装はまだ最終的なものではなかったとされる。

結局、予算は足りなかった

この時点では、「ザ・ビッグ」の性能が正しいかどうかの方が重要だったのだ。
そのために、このクルマは徹底的にテストされた。ハンドルを握るのは、元DTMドライバーのローランド アッシュで、ニュルブルクリンクのノルトシュライフェでテストを行うなどしている。ワンオフのため、クーペは何度も改良され、風洞で再度最適化され、さまざまなレースコースでテストされたが、高出力の6.7リッターV12は安定性に欠け、幾度となく問題を起こしていた。

内装は空っぽにし、必要なものだけにした。座り心地のよいレザーシートではなく、ポルシェ996GT3のフルバケットシートが採用された。

噂によると、この車は最終的に圧縮の低下とシリンダー壁の磨耗のため、ドイツに送られて手直しされたそうだ。しかし、この時、クライアントのインシャコフから提供された50万ドル(約5,500万円)と言われる予算はとっくに使い果たしており、俳優はこれ以上の資金投入を望まず、結局、『ザ・ビッグ』プロジェクトは未完のままで終わった。

ワンオフSクラスクーペは作り直されるのか?

長い間、この「CL」はドイツのどこかの裏庭で朽ち果てていると言われていたが、つい数週間前、コンテナに入った「A:Level The Big(一部解体された)」を写した、明らかに最近の写真がインスタグラムに掲載された。写真を投稿したアレキサンダー モスクビン氏によれば、これは約15年ぶりの「ザ・ビッグ」の写真であり、この車は再生されるのかという質問に対して、モスクビン氏は肯定的に答えている。

もしかしたら、このユニークな「メルセデスCL」が最終形態で登場する日が来るかもしれないのだ。「A:Levelザ・ビッグ」は、メルセデス史上最速ではないにせよ、メルセデス史上最も希少な1台であることは間違いないだろう。

Text: Jan Götze
Photo: drive2.ru