フォルクスワーゲン 新型「Golf」にディーゼルエンジン“TDI”を追加

68

デュアル AdBlue 噴射システムを初採用した「TDI」エンジン

フォルクスワーゲン グループ ジャパンが、本年 6 月より導入した新型『Golf(ゴルフ)』に新たなパワートレインとしてディーゼルエンジン「TDI」を搭載した新型「Golf TDI」を発表し、2022 年 1 月 7 日(金)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売する。グレードは 4 グレード展開。
全国希望小売価格(税込)は、3,444,000 円~4,088,000 円。

・最高出力 110kW、最大トルク 360Nm の最新世代 2.0TDI エンジン
・ツインドージングシステムなどにより、NOx 排出量が先代モデルと比較して最大 80%削減

今回新たに追加するディーゼルエンジンは、最新のテクノロジーとなるツインドージング(デュアル AdBlue噴射)システムを採用し、窒素酸化物(NOx)の排出量を抑制しつつ、従来よりも最大トルクを強化した最新世代のエンジンです。ツインドージングシステムとは、直列に配置した 2 つの SCR 触媒コンバーターから「AdBlue」を注入することで、窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に削減。最新の排気ガス浄化システムの採用に加え、各種の最適化を図ったことで Nox の排出量が先代モデルと比較して最大 80%削減されます。
また従来の TDI エンジンよりも低い回転数から最大トルク・最高出力を発揮するため、レスポンスが大幅に向上すると共に、燃料消費率は 20.0km/ℓ(WLTC モード)を達成します。

グレードならびに装備において、マイルドハイブリッドモデル“eTSI”同様に同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”といった新型Golfならではの先進装備をエントリーグレードの Active Basic から標準装備とする他、走行モードの切り替えが可能なドライビングプロファイルやシートヒーターなどの快適装備も全グレード標準としています。
また、新型「Golf TDI」には、LED マトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”やヘッドアップディスプレイ、Volkswagen 純正インフォテイメントシステム”Discover Pro“といった通常オプション設定の装備を標準設定とした“Active Advance”というグレードを初設定します。その他、上質なトリムや電動パノラマスライディングルーフなどのオプションが選択可能な“Style”やエクステリアをスポーティーな仕様にした“R-Line”といった、4 つのグレードからお好みのグレードをお選びいただけます。

<全国希望小売価格(税込)>
新型「Golf TDI」:4 グレード展開
・TDI Active Basic 2.0 TDI (110kW) / 7DSG ¥3,444,000
・TDI Active Advance 2.0 TDI (110kW) / 7DSG ¥3,989,000
・TDI Style 2.0 TDI (110kW) / 7DSG ¥4,038,000
・TDI R-Line 2.0 TDI (110kW) / 7DSG ¥4,088,000

問い合わせ先:フォルクスワーゲン カスタマーセンター tel. 0120-993-199

Text&Photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン