新たなフォルクスワーゲン グループ ジャパンが誕生

132

フォルクスワーゲン、アウディ、ベントレー、そしてランボルギーニの4ブランドを
一つの法人の下に再編

独フォルクスワーゲン グループ傘下で、フォルクスワーゲン AG の日本法人であるフォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:マティアス シェーパース、本社:愛知県 豊橋市、 略称:VGJ)と、同様にグループ傘下であり、アウディ AG のインポーターであるアウディ ジャパン 株式会社(代表取締役:マティアス シェーパース、本社:東京都品川区、略称:AJ)は、2022年1月1日(予定)を効力発生日として、フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社を存続会社とした吸収合併を行うと発表された。

現在、VGJ の下で輸入販売されているフォルクスワーゲン及びベントレー、そして AJ の下で輸入販売されているアウディとランボルギーニの 4 ブランドを、一つの法人の下に再編する動きは、フォルクスワーゲン グループが世界各国で展開している戦略の一環。今後、各ブランドにはブランド ディレクターが就任し、その指揮の下で活動を行うとしている。

2022年1月1日に予定されている合併の後、現在 VGJ 代表取締役社長であるマティアス シェーパースは、その職を継続しながら、アウディ ジャパンのブランド ディレクターとなり、ベントレー モーターズ ジャパン及びランボルギーニ ジャパンは引き続き、それぞれのブランド責任者である牛尾 裕幸とダビデ スフレコラが、フォルクスワーゲン ジャパンのブランドディレクターは、現在フォルクスワーゲン グループ イタリアでフォルクスワーゲン セールスディレクターを務めているアンドレア カルカーニが 2022年1月1日に就任する予定となっている。

Text&Photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン