【比較テスト】プラグインハイブリッドコンパクトSUV対決 ジャガー対オペル対ボルボ 果たして勝者は?

488

シンプルにワイヤリング。

E-PACE、グランドランド ハイブリッド4、XC40リチャージの3台をテスト、比較してみた。シートメタルの下には多くの才能がある。我々のテストでグランドランド、E-PACE、XC40が証明して見せたように、プラグインハイブリッドを搭載したコンパクトSUVは真のオールラウンダーだ。レポート。

ちょっと素敵な音がする。
プラグインハイブリッド車であるジャガーE-PACE、オペル グランドランド、ボルボXC40は、非常に多くの優れた資質を兼ね備えている。
コンパクトSUVとしては、室内の広さとハンディサイズのバランスが実に現代的だ。
全長は4.50メートル弱で、密集した都市交通、狭い道路、狭い駐車スペースでも、その恐怖感はほとんどと言っていいほどない。

バッテリーを満タンにしておきさえすれば安心だ。E-PACE、XC40、グランドランドは、約40kmを電気のみで走行した後、エンジンが始動する。

E-PACE、XC40、グランドランドの3台は、純電動で約40kmの走行が可能だ。
同時に、小さな家族やカップルは、ゆったりとした空間で、足元のスペースや荷物の数を1cm単位で争う必要がない。
この3台のコンパクトSUVの最大の特徴は、なんといってもパワートレインにある。
内燃機関に加えて、電動モーター(オペルの場合は2基)がその役割を果たしている。
そして、それらのバッテリーはケーブルを介して外部から充電することができるようになっている。
そのため、3台はそれぞれ40kmの距離を電気だけで走ることができるのだ。
適切な通勤スタイルと自宅にウォールボックスさえあれば、1週間を通して電気で通勤し、週末には長めの旅行にも柔軟に対応できるようになっている。

ハイブリッド技術は決して安いものではない。
しかし、社用車税が1%ではなく0.5%であることや、環境ボーナス(税込みで5,981.25ユーロ=約77万円)があるため、5万ユーロ(約650万円)前後の高額な価格にはならないはずだ。
我々のテストでは、3台中どのモデルがトップに立つかを示している。
以下、その詳細をフォトギャラリーとともにどうぞ。

ジャガー最小のSUVは、シックな外観も持ち合わせている。しかし、そのスポーティなクーペラインは、収納スペース(トランク: 最大1,170リットル)を犠牲にし、後部への乗り入れを困難にしている。しかし、ひとたび車内に入れば、シートポジションがフィットし、洗練された雰囲気の中で快適に過ごすことができる。
レッグレストが伸ばせるので、前席も長距離の移動に適している。
E-PACEのコックピットはすっきりとまとまっているが、モニターの位置がもう少し高ければと思った。
運転してみると、このブリティッシュコンパクトSUVは2つの顔を持っている。陸路での移動は楽にこなせるし、スピードの立ち上がりも早く、2つのパワートレインを目立たないように管理しており、サスペンションもまだ耐えられるレベルだ。しかし、より大きなパワーが必要となると、「E-PACE」は遅れをとり、3気筒は時に不自然に唸りを上げ、11.2km/ℓというテスト時の燃料消費量が記録したが、いずれにしても褒められたものではない。
これは、2,155kgという重さにも起因している。少なくともE-PACEの充電は最大32kW(ボルボ3.7/オペル7.4kW)で、30分で80%に達する。
あまり嬉しくない。価格は58,340ユーロ(約758万円)からで、競合他車は1万ユーロ(約130万円)近く安くなっている。

第3位 800点満点中492点: ジャガーE-PACE P300e AWD
接続性は良いが、後部座席が狭く、すべての点で高価。エクスクルーシブな選択肢だ。

心地よい外観を持つ、この「ボルボXC40」。外側はすっきりとしたラインで、内側には実用的な縦型の大型モニターを備えたモダンなコックピットが広がっている。しかし、まだ改善の余地がある。タッチコントロールには慣れる必要があるし、我々はフロントでは少し高い位置に座り、リアでは低すぎて少し窮屈に感じた。
プラグインドライブにはすぐに慣れた。十分に機敏で、スムーズな動作をしてくれる。全輪駆動が恋しくなることはないが、最高速度がもう少し欲しいところだ。時速180kmまでは速いのだが、そこでもう終わりだ。
そうそう、3気筒は負荷がかかると、そわそわする傾向があるが、13.6km/ℓと3台中最も経済的であることに変わりはない。
ステアリングの緩慢さとシャシーのタイトさも、微調整が必要だ。
慰めになる。価格は49,550ユーロ(約644万円)で、ボルボだけが50,000ユーロ(約650万円)以下でスタートする。

第2位 800点満点中506点: ボルボXC40 T5リチャージPHEV
ダイナミックさでは劣り、リアの幅も狭いが、最も手頃な価格。2位に相応しい。

おや、これはオペルじゃないか。今や典型的な「Vizor」の連続する顔は、グランドランドにも飾られている。
そして、300馬力のダブルハートと四輪駆動で、ダイナミックな走りができる。0から100km/hにまで到達するのに5.7秒(ジャガー: 6.8秒、ボルボ: 7.7秒)という驚異的な速さを誇り、100km/hから完全停止までは36mという距離だ。
プラグインダブルはオペルでは4気筒しか搭載されていないため、「グランドランド」の方が、お行儀が良いように感じる。バッテリーが空になっても、音響的には抑制されている。
気配りの行き届いた8速オートマチックのおかげで、スムーズな加減速が可能。ノイズもない。
また、リアシートが最も広く、やや揺れるサスペンションにもかかわらず、最も機敏な動きをする。不満な点は? 素材は部分的に非常に基本的なものであり、12.3km/ℓという燃料消費量は必ずしも模範的なものではなく、51,190ユーロ(約665万円)というベース価格はオペルとしては非常に自信に満ちたものだ。

第1位 800点満点中515点: オペル グランドランド ハイブリッド4
リュッセルスハイムからやってきたこの車は、最も自信に満ちた走りをし、最も完全なパッケージを提供している。勝利にはそれで十分だ。

結論:
3台のコンパクトSUVは、いずれもその形状と形式で楽しませてくれる。
オペルは日常的な使用に最も適しており、この分野で唯一の4気筒として、3気筒の「XC40」や「E-PACE」よりも自信を持って性能を発揮している。
ボルボとジャガーの間の比較は、コストの面でスウェーデン製コンパクトSUVのほうが有利であることがはっきりしている。

Text: Gerald Czajka and Berend Sanders
Photo: autobild.de