ステランティス、バルカン・エナジーとリチウム供給契約を締結

29

アムステルダム、2021年11月29日:ステランティスN.V.(NYSE / MTA / Euronext Paris: STLA)およびバルカンエナジーリソーシズ Ltd.(ASX: VUL)は、ステランティス・グループが製造する電気⾃動⾞⽤として、バッテリーに利⽤可能な品質の水酸化リチウムをバルカンがヨーロッパ内で供給する契約を締結したことを発表しました。この5カ年契約では、2026年に供給を開始することが求められています。

・契約では電気⾃動⾞⽤バッテリーパックの主要原材料の供給における脱炭素化を支援
・ステランティスの積極的な電動化戦略を推進するための重要な要素

バルカンとの供給契約は、2021年7月に開催されたEV Dayのプレゼンテーションで詳細が発表されたステランティスの電動化戦略の⼀環であり、電気⾃動⾞⽤バッテリーパックの主要原材料の適切な供給を保証するものです。ステランティスは、⾃動⾞の電動化とソフトウェア開発のために、2025年までに300億ユーロを超える規模の投資を⾏う計画を発表しており、設備投資および研究開発費の合計額と売上高に関し、業界平均より30%効率的な事業を継続的に実施することを⽬指しています。

「ステランティスは、スピードとパワーを備えた電動化戦略を推進しています。この契約は、私たちがコミットメントを実現するために、断固たる決意を持って計画を進めていることを証明するものです」と、ステランティス購買およびサプライチェーン担当取締役のミッシェル・ウェンは述べています。「現代社会は、安全、クリーンで、⼿頃な価格のモビリティを求めています。私たちは、その実現に全⼒で取り組んでいます」

ステランティスは、2030年までにヨーロッパで販売する⾞両の70%以上、米国で販売する⾞両の40%以上を低排出ガス⾞(LEV)にすることを目標としています。

ステランティス傘下にある14の有名ブランドのそれぞれが、クラス最高の性能を備えた電気⾃動⾞ソリューションを提供するために尽⼒しています。

ドイツのライン渓⾕上流部で展開するバルカンの「Zero Carbon Lithium™」(ゼロカーボン・リチウム)プロジェクトでは、塩⽔を原料として、化⽯燃料の代わりに地熱エネルギーを使⽤し、⽔の使⽤量を最⼩限に抑えて、バッテリーに利⽤可能な品質の⽔酸化リチウムを製造します。それにより、バッテリー⾦属サプライチェーンにおけるCO2の発生を削減することができます。

「ステランティスとの最終的なオフテイク契約は、リチウムイオン・バッテリーと電気⾃動⾞のサプライチェーンにおいて脱炭素化を進めるという私たちの使命にも沿ったものです」と、バルカンのマネージングディレクターである Dr.フランシス・ウェディンは述べています。「バルカンのゼロカーボン・リチウムプロジェクトはまた、リチウム化合物のヨーロッパにおける輸送距離を短縮することも⽬的としています。当社はドイツにありますが、ステランティスがヨーロッパに保有する複数の⼤規模⼯場と近接しており、その⾯でも、ステランティスの戦略と⼀致しています。バルカンとステランティスは、持続可能性および脱炭素化の実現において共通の⽬標を持っているため、⻑期的に良好な関係を構築できると確信しています」

バルカンは5年の契約期間内に、最低8万1,000トン、最高9万9,000 トンの水酸化リチウムを供給する予定です。この供給契約は、バルカンの工場が商業稼働を開始し、製品への採用が完全に認定されることを条件としています。

Text:Groupe PSA Japan