【比較テスト】BMW M240i対ポルシェ718ケイマン ジャーマンスポーツカー対決 果たして勝者は?

151

レーストラックでの決闘。

ポルシェ718ケイマンとBMW M240iのガチンコ勝負。BMW M240iは、全輪駆動と6気筒エンジンを搭載し、優れたスポーツ性を約束している。ポルシェは、718ケイマンと今回徹底比較してみたが、果たしてそれはより優れたものなのだろう?

データを見れば、そのことは明らかだ。
374馬力と500ニュートンメーターは、このサイズのリーグでは圧倒的な存在だ。さらにその駆動方式は、可変式全輪駆動システムだ。
BMWの新しいコンパクトな2ドアクーペは、スポーツカーとしてのスタンプを押すことができる。しかも、「M240i」の中には、4つのシート、オールラウンドで快適な装備、豊富なマルチメディアネットワークが兼ね備わっている。

そして「M240i」に搭載されているエンジンは逸品だ。
もちろん、ボンネットに搭載されているのは、BMWの誇るシルキーな直列6気筒だ。豊かなターボパワーを持つと同時に、上質なマナーと、とりわけ静かに働く熱意を持ったマシンだ。
新型「M240iクーペ」は、その凶暴とも言えるパフォーマンスにもかかわらず、生粋のスポーツカーではなく、立派なクーペとして通用するのではないだろうか?
しかし、それは欺瞞だ。
名前の「M」、技術の「M」、それが「M240i」というネーミングの簡単な説明だ。巧みなディファレンシャルが力を制御し、特大のブレーキがヒラメキを減速させ、トランスミッションはローンチコントロールで2ドアクーペを前進させ、ねじり剛性の高いスタビライザー、重厚なスプリング、引き締まったダンパーなどのメリハリのあるシャシーが、「240i」クーペには工場出荷時に装着されている。
つまり、我々にとっては、レーストラックでさえも、すべての兆候が攻撃につながるのだ。

エンジン面での劣勢: ケイマンは、300馬力と380Nmのターボ付き4気筒ボクサーに頼っている。

4気筒のみのポルシェ ケイマン

そしてそんなBMWの新型2ドアクーペを待ち受けるのは、ポルシェ718ケイマンだ。はたし、「718」は、ミッドエンジンコンセプト、ターボブースト、グリップの効いた後輪駆動により、やはり有無を言わせぬレーススポーツカーなのか?
それとも、300馬力の低排気量4気筒(!)と、比較的控えめなベース価格のおかげで、知名度の高いスポーティモデルなのか?
いやいや、「ポルシェ718ケイマン」は、モデル分類にかかわらず、どの性能レベルであっても、特にレーストラックで活躍する小さな男なのである。
そんな「ケイマン」を、コンチドローム(コンチネンタルタイヤ所有のテストサーキット)にBMWとともに、解き放った。

事前に価格表を見てみると

同等!?
ベース価格は、2台とも56,000ユーロ(約730万円)前後だ。
BMWがコンパクトカーとしては特に高価なのか、それとも「ケイマン」がポルシェとしては比較的安価なのか。
我々はそれを分析する。
「BMW 240iクーペ」には、豪華で快適なスポーツ装備が山のように搭載されている。
より速さを求めるドライバーは、アダプティブサスペンション、スポーツタイヤ、大径ブレーキに追加料金を払えばいいだけだ。
つまり、オプション装備にお金をかければ十分なスポーツカーが手に入るのだ。

今回のテストに供されたM240iの価格は62,110ユーロ(約807万円)。718ケイマンはさらに高い70,610ユーロ(約918万円)だった。

最終的には、2台とも価格に関しては高価なものとなっている

ポルシェは、基本的な価格には決して留まらない。
トルクベクタリングディファレンシャル、デュアルクラッチトランスミッション、スプリングの基本位置をより硬くするなどのアダプティブショックアブソーバー、可変レシオステアリング、20インチの大径ホイール、スポーツクロノパッケージに含まれるスプリントスタート機能などにより、車はさらに速くなるが、価格もかなり高くなる。
今回のテストに供された「ケイマン」は、最終的には、7万ユーロ(約910万円)を超える価格となっており、価格面での比較テストにおいては、BMWにとっては明らかに有利な条件となっている。
走行性能の面でも、「M240i」は74馬力、最大トルクは120ニュートンメーターもアップしているのだから、その差は歴然としているはずだ。
しかし、バランス的には「ケイマン」の方が優れている。
最初の何メートルかではトラクションがかかりにくく、トップスピードも大幅に向上している。

  BMW M240i xDriveポルシェ718ケイマン
加速性能    
0-50km/h1.6秒1.7秒
0-100km/h 4.2秒4.5秒
0-130km/h6.4秒7.0秒
0-160km/h9.5秒10.5秒
0-200km/h15.3秒17.6秒
中間加速性能    
60-100km/h2.1秒2.3秒
80-120km/h2.7秒2.8秒
ラップタイム1分34秒521分34秒18
100km/hから完全停止までの距離33メートル31.9メートル

性能面での優位性と全輪駆動により、基本的には「2シリーズ クーペ」がスプリントでポールポジションを獲得しているが、ポルシェもピッタリと距離を保っている。
そして、「718ケイマン」はコース上では「M240i」をオーバーテイクする。
ここではっきりさせておこう。
この種目、このリーグでは、ケイマンに匹敵する車はない。
よりパワフルなBMWでさえも。
「718ケイマン」は、ドライハンドリングのコースに、荒々しい情熱と同時に素晴らしい落ち着きを持って取り組んでいる。
運転しやすく、速く走らせることができ、考えられるすべての過酷な状況下でも気持ちよく従順である。

本当に速い。ケイマンは、レーストラックでは足取りが軽く、ステアリングは敏感に機能する。

レーストラックでケイマンは野獣と化す

コーナーでの荷重変化、高速での角度のつきすぎたターンイン、遅すぎるブレーキング、コーナー出口での不必要に早いパワーの使用。
しかし、「ケイマン」はそんなことはお構いなしに、スタンスに集中して、まるで鞭のような速さでコースを駆け抜けていく。
車は足取りが軽く、ステアリングは他のどの車よりも敏感に、そしてワイヤレスにシャシーと連動している。
きれいに走れば、コンマ1秒単位で再現可能なラップが得られる。
これはスポーツカーとして最高の褒め言葉だと思う。
さらに、ポルシェは300馬力を要領よく発揮し、集中した群れをなして道路に到着すると、迷うことなく推進力に変換し、タイヤのトレッドを無傷にしてリアエンドをコーナリング半径に乗せる。
まさに、スポーツカーとはそうあるべきだと思える走りを見せる。
BMWとポルシェがコンチドロームでどのような走りを見せてくれたか、以下、フォトギャラリーとともにご紹介する。

フォトギャラリー: BMW M240i対ポルシェ718ケイマン@コンチドローム

「BMW M240i」は、全輪駆動と6気筒エンジンで素晴らしいスポーティさを約束する。ポルシェは、718ケイマンとは全く異なるアプローチだ。
データによれば、このサイズのリーグでは、直6の374馬力と500ニュートンメーターは圧倒的な存在だ。
「M240i」の室内には、4つのシート、オールラウンドで快適な装備、豊富なマルチメディアネットワークがあり、可変式全輪駆動によって稼働する。巧妙なディファレンシャルが力を制御し、特大のブレーキがヒラメキを減速させ、トランスミッションはローンチコントロールによって2ドアを前進させ、ねじり剛性の高いバー、頑丈なスプリング、引き締まったダンパーなどの鮮明なシャシーは、「240iクーペ」に工場出荷時に装着されている。
718ケイマンも、ミッドエンジンのコンセプト、ターボのブースト、グリップの効いた後輪駆動のおかげで、有無を言わせぬレーススポーツカーになっているかというと、そうではない。
300馬力の出力と低排気量の4気筒エンジン(!)で、「ポルシェ718ケイマン」は、どの性能レベルにおいても、特にサーキットでの走行を好む小さな男である。
240iクーペ(56,000ユーロ=約728万円から)には、ラグジュアリー、コンフォート、スポーツの各装備が標準装備されている。我々のテスト車は62,110ユーロ(約807万円)だった。
ポルシェもベース価格(56,327ユーロ=約732万円)だけでは終わらない。トルクベクタリングディファレンシャル、デュアルクラッチトランスミッション、アダプティブショックアブソーバー、レシオバリアブルステアリング、大径20インチホイール、スポーツクロノパッケージに含まれるスプリントスタート機能などにより、テスト車の価格は70,610ユーロ(約918万円)にまで上昇した。
価格だけでなく、性能面でもBMWに軍配が上がった。「M240i」は、最高出力が74馬力、最大トルクが120ニュートンメーターもアップしている。しかし、バランス的にはケイマンの方が優れている。
基本的には、性能面での優位性と全輪駆動により、2シリーズはスプリントでポールポジションを獲得する(0-100km/h:4.2秒)。しかし、ポルシェは、最初の数メートルでの耐トラッキング性(0-100km/h:4.5秒)と、トップスピード(275km/h)の大幅な向上により、その距離を保ち、コース上でのオーバーテイクに成功した。はっきりさせておこう。この種目、このリーグでは、ケイマンにかなう車はない。よりパワフルなBMWでさえも。
足元が軽く、ステアリングが他のどのクルマよりも敏感に、そしてうまい具合にシャシーと連動しているのだ。
また、BMWは、エンジンはパワフルであると同時に洗練されており、トランスミッションは完璧にギアを振り分けている。ブレーキは最大のヒートストレスに耐えてくれる。しかし、240iはポルシェのように限界を超えることには対応していない。
それは、主にトップヘビーなデザインによるものだと感じている。総重量約1.7トンのうち900kg以上がフロントにかかっており、300kg軽いケイマンと直接比較すると、主観的には世界的に見ても厄介なアンバランスとなっている。
タイヤの温度が上がってくると、BMWはラジアスからアンダーステアになるのか、それとも横方向に大きなパワーを入力した後、頂点に沿って侵食していくのか、なかなか判断できない。いずれにしても、ドライバーは「2シリーズ」をカーブの中できれいに操作するのに精一杯になってしまう。
また、クルマの反応に対して、ステアリングが思いのほか鋭く反応する。繊細な切り返し、ボディの動きの大きさ、ラインの変化の少なさ・・・。それが、本領発揮時のハンドリングを端的に表している。

第2位 400満点中299点: BMW M240iクーペ(ベストラップタイム: 1分34秒52)
快適さ、十分な装備、可変式全輪駆動、牛のように強い-しかし高精度な機械ではない。

第1位 400満点中314点: ポルシェ718ケイマン(ベストラップタイム: 1分34秒18)
カーブビースト、ファインスピリット、スプリンター、ハイウェイヒーローがひとつになっている。高いプレステージ性と優れたドライビングフィールはさすがとしか言いようがない。

結論:
「2シリーズクーペ」は、兄貴分である「3シリーズ」の技術を採用していることもあり、結構重い。そのため、フロントの荷重が不均衡に大きくなっているため、サーキットではポルシェの生き生きとしたミッドエンジンには勝てない。

この2台の比較テストは(いつものことながら)、スポーツカーとしてテストするのか、ハイパフォーマンスクーペとして評価するのかによって大きく結果が異なってくるだろう。今回はサーキットでの対決比較テスト、ということは、言うまでもなくスポーツカーとしての純度が高いのはどちらかという観点からのテストである、であるならば勝者は「ケイマン」であるということは予想のついたことといえる。
もちろん絶対的な数値的速さでは「M240」は相当なものではあるが、ポルシェの持つスポーツカーの純度という面ではやはりちょっとかなわなかった、ということである。
もちろんMのうしろに「3」だけがつく車と比較すれば、この結果が変わったかもしれないが、Mのうしろに3桁の数字が並ぶBMWは、やはりどこまで行っても実用性を忘れないハイパフォーマンスクーペの領域の自動車なのである。
でも、個人的にどちらを選ぶかと質問されれば、大いに悩んだ末、どんな天候でも気にせず使え、サイズの程よい直6を搭載した万能なクーペとして「M240i」を選んでしまうような気もする。それほど今の2シリーズは魅力的なクーペなのである。

Text: Jan Horn and Mirko Menke
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de