ボルボ・カーズ、バッテリーの開発と製造へ300億クローネを投資

45

ボルボ・カーズとノースボルト イェーテボリに研究開発センターを開設

ボルボ・カーズとノースボルトは、バッテリーの開発と製造への300億クローネ(約3,759億円*)の投資の一環として、イェーテボリに共同研究開発(R&D)センターを開設します。

2022年に操業を開始するこの研究開発センターでは、イェーテボリで数百人の雇用を創出します。ボルボ・カーズは、バッテリーセルの開発や製造をエンド・ツー・エンドのエンジニアリング能力の一部とする数少ない自動車ブランドの一つになります。

今年初めに両社が発表したパートナーシップに続き、ボルボ・カーズとノースボルトは、次世代のボルボの電気自動車用のバッテリーの開発と、それらの持続可能な生産のための合弁会社を設立するという法的拘束力のある契約を締結しました。

イェーテボリに新たな研究開発センターを設立した後、ヨーロッパに新たな製造工場を建設します。この工場では、次世代の電気自動車であるボルボとポールスターの車両に搭載するために特別に開発された、次世代バッテリーセルを生産します。工場の建設予定地は、2022年初頭に決定する予定です。

このR&Dセンターは、ボルボ・カーズのR&D部門や、スウェーデンのヴェステルオースにあるノースボルトの既存のイノベーション・キャンパス「ノースボルト・ラボ」に近接しており、バッテリー技術の開発における相乗効果と効率性が確保されます。

Volvo Cars & Northvolt

ボルボ・カーズのCEOであるホーカン・サムエルソンは、「ノースボルトとの協業により、次世代の電気自動車であるボルボ車のために、高品質で持続的に生産されるバッテリーの供給を確保することができます。これは、完全な電気自動車メーカーへの変革において、我々のコア・コンピタンスとその地位を強化するものです」と述べています。

また、この協業は、航続距離や急速充電時間など、ボルボのドライバーが望むものを提供するオーダーメイドのバッテリーの開発に焦点を当てています。ボルボ・カーズは、ノースボルトと、バッテリーの真のエンド・ツー・エンドシステムを構築し、バッテリーを開発・製造します。バッテリーは、電気自動車における最大のコスト要因であり、カーボンフットプリントの大部分を占めるため、このような深い垂直統合が重要です。

ノースボルトのCEOであるピーター・カールソンは、「ボルボ・カーズは、ヨーロッパで製造され、カーボンフットプリントが非常に少なく、車両と最適化されることにより、次世代の電気自動車で最高の性能を発揮するバッテリーセルの供給体制を構築する上で、素晴らしいパートナーです」と述べています。

共同バッテリー工場について、ボルボ・カーズとノースボルトは、ヨーロッパに適切な場所を見つけるための選定プロセスの最終段階に入っています。工場の年間生産能力は最大50ギガワット時(GWh)で、年間約50万台にバッテリーを供給する規模になります。2023年に建設を開始し、2026年には大規模な生産を開始する予定で、最大3,000人の雇用を見込んでいます。

Tech Moment – Battery propulsion

バッテリーの供給契約に加えて、ノースボルトとの協業は、ボルボ・カーズの野心的な電動化計画の一部であるヨーロッパにおけるバッテリーセルの必要量を確保するものです。ボルボ・カーズは、この10年間の半ばまでに新車販売の50%を電気自動車にし、2030年までに100%を電気自動車販売することを目標としています。

ノースボルトとのパートナーシップは、プレミアム電気自動車セグメントのリーダーとなり、2030年までに電気自動車のみを販売するというボルボ・カーズの高い目標を達成するために重要なものです。また、ボルボ・カーズの開発力を強化するための重要なステップでもあります。

*1SEK=12.5円にて換算(2021年12月13日現在)

Volvo Cars and Northvolt

2020-2021年のボルボ・カーズ
2020年7月から2021年6月までの12ヶ月間、ボルボ・カー・グループは225億SEKの営業利益を記録しました(2019年は143億SEK)。同期間の売上は2,921億SEK(2019年は2,741億SEK)、世界販売台数は773,000台に達しました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは1927年に創業された高級自動車ブランドの一つであり、現在、約100カ国以上でお客様に販売しています。ボルボ・カーズは、ナスダック・ストックホルム証券取引所に上場しており、「VOLCAR B」というティッカーで取引されています。

ボルボ・カーズは、それぞれに合わせた、持続可能かつ安全な方法で、お客様に「移動する自由」を提供することを目指しています。これは、2030年までに完全な電気自動車メーカーになるという目標と、2040年までにクライメート・ニュートラルな企業になるという目標を掲げて、カーボンフットプリントを継続的に削減することに反映されています。

2020年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約40,000人です。ボルボ・カーズの本社、商品開発、マーケティング、管理機能は、主にスウェーデンのイェーテボリにあります。生産工場は、イェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ(米国)、成都および大慶、台州(中国)にあります。また、イェーテボリ、カマリロ(米国)、サニーベール(米国)、上海(中国)に研究開発及びデザインセンターを有しています。

ノースボルトについて
ノースボルトは、持続可能で高品質なバッテリーセルとシステムを提供するヨーロッパのサプライヤーです。ヨーロッパの脱炭素化のへの移行を可能にするために2016年に設立された同社は、CO₂排出量を最小限に抑えた世界で最もグリーンなリチウムイオンバッテリーを提供するというミッションを迅速に進めています。

ノースボルトはこれまでに、BMW、Fluence、Scania、Volkswagen、Volvo Cars、Polestarなどの主要顧客から270億ドル相当の契約を獲得しています。また、2030年までに必要な全原材料の50%をリサイクルバッテリーから調達するためのリサイクル能力を確立する計画を支援しています。

Text&Photo:ボルボ・カー・ジャパン