「EV for everyone」トヨタのバッテリーEV戦略

218

バッテリーEV戦略に関する説明会を開催

2021年12月14日、トヨタ自動車は電気自動車の未来について説明会を行った。そこで、2030年にバッテリーEVのグローバル販売台数で年間350万台を目指すと発表。

トヨタは2030年までに30車種のバッテリーEVを展開し、グローバルに乗用・商用各セグメントにおいてフルラインでバッテリーEVを揃えていくとした。これまでEVとFCV合わせて200万台としていたが、バッテリーEVだけとした上に台数も増やした。

レクサスは、2030年までにすべてのカテゴリーでバッテリーEVのフルラインナップを実現し、欧州、北米、中国でバッテリーEV100%、グローバルで100万台の販売を目指す。さらに、2035年にはグローバルでバッテリーEV100%を目指すと発表した。

2030年まではあと8年、楽しみな8年である。