【初テスト】新型BMW M440iグランクーペに初試乗 果たしてその性能は?

1139

4シリーズは5つのドアを開ける!? 

我々は、最高出力374馬力、48Vテクノロジー、全輪駆動のBMW M440iグランクーペに初試乗した。そのレポート。

今回だけは、ニューBMW 4シリーズのグリルの話はやめよう。
なぜなら、今日はリアの話だからだ。
「グランクーペ」の登場だ。
4つのドアと巨大なテールゲートを持つ「BMW 4シリーズ」。

「BMW 4シリーズ」の「グランクーペ」バージョンでは3つの秘密が明らかになった。
まず、「3シリーズ」や4シリーズのクーペのようなボウハンドルではなく、90年代の「3シリーズE36」のように、ドアスキンと一体化したオープナーを採用している。
2つ目は、この「グランクーペ」こそが、シリーズの真の主役であることだ。
販売台数の50%が4ドアで、残りをクーペとカブリオが分担している。
そして3つ目は、後部座席はやや狭めであるということだ。
傾斜したルーフラインのために頭を下げ、狭いハッチから中に入ることになる。

BMWのエンジンは直列6気筒だ。
早速、後輪駆動と直列6気筒のツインターボを搭載した車が渇望していること、つまり、加速して、カーブを擦って、お尻を少し動かしてみよう。
BMWは我々にテスト車として「M440i xDrive」を貸し出してくれたが、その技術を簡単に説明しなければならない。
他のディーゼルエンジンと同様に、現在最もパワフルなガソリンエンジンには、48ボルトのマイルドハイブリッドシステムが搭載されている。
これは、車がブレーキをかけるたびに、エネルギーがバッテリーに流れ込むというものだ。
停車中にエンジンを切り、信号が青になると、車は電気的に始動し、内燃機関のスイッチも気づかないほどスムーズに入る。
その後、フルパワーを感じたいと思ってアクセルペダルを踏むと、この「M440i」は強力にブーストアップする。
すでに強大な374馬力に加えて11馬力が追加され、左のステアリングホイールのパドルを短く2回押すと、8速スポーツオートマチックが素早く2段シフトダウンし、カチャカチャと大砲のように撃ち出される。

M440iグランクーペに搭載されている3リッター直列6気筒エンジンは、最高出力374馬力を発揮する。さらにマイルドハイブリッドシステムは11馬力を発揮する。

M440iグランクーペは、同クラスの「3シリーズリムジン」よりも7センチ長く、重量も90kg重い、それだけボディを硬くしたということだ。
燃料とドライバーを抜いても1,825kg、満タンにして2人乗れば2トンの車がカーブに放り込まれる。

全輪駆動で、直列6気筒のツインターボを搭載した車が渇望すること、つまり、加速し、カーブを削り、お尻を少しくねらせることだ。

しかし、BMWの重さはまったく目立たない。
この重量に対して、BMWのエンジニアたちは非常に細かいチューニングをしている。
「4シリーズ」はスポーティにコーナーを曲がり、予想していたよりも軽く、小さく感じられた。それは、50:50のアクスル荷重配分を実現しているからであり、「4シリーズ グランクーペ」にはスポーツサスペンションが用意されているからである。
このサスペンションは、ステアリングとスプリングをはるかに硬くし、コンフォートモードでの長旅に多くの安らぎとリラックスをもたらしてくれる。
何と嬉しいことか。
また、室内でも二重の喜びを感じる。
まず、標準装備のスポーツシートは快適で、横方向のサポート性も高く、1,450ユーロ(約19万円)でレザーを注文しようとは思わないような、上質なアルカンターラが使われている。
第二に、すでに車の中でトップレベルのマルチメディアシステムをさらに向上させたことだ。「ID7」と呼ばれるこのiDriveの拡張ステージは、ワークショップに行かなくても自分でアップデートでき、非の打ちどころのないボイスコントロール、リアルタイムの交通情報、そしてAmazonのAlexaを車内に持ち込むことができるようになっている。

グランクーペは、4つのドアと巨大なテールゲートを備えた「BMW 4シリーズ」だ。欧州では2021年11月13日からディーラーで販売されている。
巨大なテールゲートを持ち、470~1290リットルのラゲッジスペースを備えている。

最後に気になるのは、果たしてその楽しみはいくらなのかということだ。
「M440i」は67,200ユーロ(約873万円)で、同等の「3シリーズ」や「4シリーズ クーペ」よりも1,300ユーロ(約17万円)高い。
高いけれども、この優れたパフォーマンスに、「クーペ」よりも広いスペースと、「3シリーズ」よりも実用的なトランクを考慮に入れれば、まったく問題とはならないはずだ。

テクニカルデータ: BMW M440i xDriveグランクーペ
● エンジン: 直列6気筒、ツインターボ、フロント縦置き ● 排気量: 2998cc ● 最高出力: 374+11HP@5500~6500rpm ● 最大トルク: 500Nm@1900~5000rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、8速AT ● 全長×全幅×全高: 4783×1852×1442mm ● 乾燥重量: 1825kg ● トランク容量: 470~1290リットル● 最高速度: 250km/h ● 0-100km/h加速: 4.7秒 ● 燃費: 11.7km/ℓ ● CO2排出量: 194g/km ● 価格: 67,200ユーロ(約873万円)より

結論:
XXLサイズのキドニーについては議論の余地があるものの、それ以外については議論の余地はない。「3シリーズ」と同様に、「4シリーズ グランクーペ」はミッドレンジのドライビングマシンだ。直列6気筒、後輪駆動、トップオートマチックトランスミッション。
これこそが「ジョイ(喜び)」の醍醐味だ。
AUTO BILDテストスコア: 1-

Text: Andreas May
Photo: BMW AG