約6,500万円のフェラーリSF90ストラダーレ大クラッシュ ほぼ全損状態か?

1271

カモフラージュされたフェラーリが田舎道で事故。

1000馬力のフェラーリ試作車がテスト走行中に大破。このクラッシュは高額になる!?フェラーリSF90ストラダーレが、夜の田舎道で事故を起こした。不思議なことに、このスーパースポーツカーはプロトタイプなのだ。

むろん、そんなつもりではなかったはずだ。50万ユーロ(約6,500万円)近いフェラーリがテストドライブ中に、ただの鉄くずになってしまった。クラッシュしたスーパースポーツカーは、「SF90ストラダーレ」だ。780馬力の4リッターV8ツインターボと3基の電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルだ。その結果、システム出力は1,000馬力に達し、停止状態から100km/hまでわずか2.5秒、200km/hまでわずか6.7秒、最高速度は340km/hと、イタリアのスーパーカーメーカーが誇らしく公言するほどの驚異的なパフォーマンスを発揮する。しかし、このSF90は、そんなに速くても、まったく走れず、もはやどこにも行けない。

技術の粋を集めたインテリア: おそらくクラッシュしたフェラーリはテスト車両だと思われる。非常に憂慮すべきことだ。エアバッグが作動していない。

ホッフェンハイムとバルツフェルトの間の田舎道で、約50万ユーロ(約6,500万円)もする「SF90」がコントロールを失い、ガードレールに何度も衝突した。不思議なことに、この事故に巻き込まれたフェラーリは、シールでカモフラージュされたプロトタイプだった。室内には各種測定器やスクリーン、緊急停止スイッチなども見られる。それにしても、2020年から発売されている「フェラーリSF90ストラダーレ」が、市場投入から1年半以上経った今でもカモフラージュされているのはなぜだろうか?それは、多くの場合、これらの車両は、部品サプライヤーのテスト車両であり、新しい部品やシステムをモデルに搭載してテストするために、部分的にマスキングされたものなのだ。

SF90の後部はほとんど損傷していないが、前部は完全に破壊されている。

もし、これが事故の原因がプロダクトの「SF90」にも当てはまるのであれば、このテストは裏目に出たことになる。もうこのフェラーリはスクラップとしての価値しかない。事故は午前0時過ぎに起こり、他の車両の関与はなかった。警察によれば、破片は約200メートルにわたって広がっていたという。激しい衝撃を受けたにもかかわらず、運転席のエアバッグが作動しなかったようだが、ドライバーは幸いにも無傷だった。しかし、この高価なフェラーリの無残な姿には胸が痛む。

Text: Jan Götze