【このクルマなんぼ?】250台限定 メルセデスG55 AMGリミテッドエディション販売中

1834

果たしてコレクターズアイテムGクラスのお値段は?

ブラックのG 55 AMGリミテッドがフル装備で販売されている。メルセデスGクラスは有能なクロスオーバーであるだけでなく、大通りにおけるステータスシンボルでもある。今、eBayでは、フル装備のブラックG 55 AMGが販売されている!

「メルセデスGクラス」というモデル名を聞くと、遠い国への遠征だけでなく、おもに都心を走る姿が思い浮かぶ。
メルセデスは、長年にわたり、常に顧客の要求に応え、悪趣味な冒険家たちに多くの贅沢を与えてきたが、本来の能力を見失ってはいない。

eBayでは現在、ユニークな「メルセデスG」が出品されており、これは特に大通りをゆったりとクルージングできるはずだ。
そして、それは一見の価値がある。
なぜなら、この個体は、2004年に発売された「W463」シリーズの「G55 AMGリミテッドエディション」だからだ。
「Gクラス」の記念すべき年に、ガソリンエンジンモデル125台、ディーゼルガソリンエンジンモデル125台、トータル250台が限定で、製造された。
この1台は車両番号「173」で、現在販売されている世界で唯一のスペシャルシリーズのガソリンエンジンだと言われている。
価格は59,333ユーロ(約777万円)だ。

広告に目を通すと、このゲレンデヴァーゲンが511馬力の「G55 AMGリミテッドエディション(ブラック/ブラック)」だからというだけではなく、他にも数多くのポイントがあることがわかる。
またこの車はベルリンで最初に登録されたため、必要なドイツの書類がすべて揃っている。

この「メルセデスG」は、完全にメンテナンスされていると説明している。
それが、専門のワークショップでチェックブックにスタンプが押されていることを意味しているのかどうかは、彼に連絡すれば確実にわかるはずだ。
広告によれば、このベンツには、外観上の欠陥も技術的な欠陥もなく、天気の良い日にしか運転されていないとのことだ。

G 55 AMGの塗装は、定期的にメンテナンスされていたという。

また、トランスミッションオイルとエンジンオイルは最近交換され、すべての摩耗部品とコントロールアーム、ベアリング、ストラットも交換されているという。
窓やドアのシール類も交換されているという
レザーは、馬具屋さんが状態と程度をチェックして再調整しているとのこと。
塗装と内装は、専門の車両再生業者によって定期的にメンテナンスされ、すべての標準的なネジは、ステンレススチール製のネジに変更されたと言う。

広告によれば、ボンネットの中で511馬力が疾走している。

装備リストには、あなたの心が求めるものがすべて含まれている。
ブラバス製オリジナルのデイタイムランニングライトを上下に配した「Osram Bi-LED」ヘッドライトに始まり、スマートフォン用のインダクティブチャージングステーションで締めくくられている。
すべての詳細は広告に記載されている。
しかし、最大のハイライトは、「メルセデスデザインナッパレザー」を使用した快適なインテリアだろう。

ナッパレザーをはじめとするインテリアの美しさは、最近、馬具屋さんによって手入れされたものだ。

買う前に知っておきたい、メルセデスGの魅力

しかし実際に購入する前に、購入希望者は、良い「メルセデスGクラス」にはかなりお金がかかることを知っておく必要がある。
これは購入時だけでなく、メンテナンス時にも当てはまる。
ましてや、今回のような特別なモデルであればなおさらだ。
また、このような「G」には駐車のスペースも必要となる。
わからない場合は、サイズをチェックした上で、自宅のガレージを測ってみるのが一番だ。
ガレージといえば、できれば収納後、施錠できるガレージがあったほうがいい。
なぜなら、このクルマはメルセデス好きだけでなく、窃盗団にもアピールしているからだ。

たとえ最高のコンディションであっても、ボディワークの重要な部分を見るなどして、車の一般的な状態を徹底的にチェックする必要がある。
今回の「Gクラス」は、明らかにメンテナンスが行き届いているので、茶色の疫病(サビ)に悩まされることはないだろう。
しかし、「G」が錆びる部分を持つことも基本的にあり得ることだ。
また、中古車の定番である試乗もお勧めする。
その場合、特に推奨されるのは、パワフルなパワーユニットがトランスミッションやアクスルに強大な力を発揮するかどうかということだ。
これは、売り手が言っているように、すべてが本当に良いかどうかを確認する最良の方法だ。
最後に、手入れの履歴を見ることは必須だ。
「G55 AMG」は、複雑な技術が搭載された高級車であるがゆえにメンテナンス作業も必要だからである。

個人的に「メルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲン」は大好きな車で、特に最初期の「230GE」とか「300GD」の頃からずっと気になる存在の自動車だった。今でももちろん好きなクルマではあるのだが、僕の好みはディーゼルエンジンの地味な色の「ゲレンデヴァーゲン」で、できればタイヤが細く、内装もそっけなくシンプルな(言ってみれば、ゲレンデヴァーゲン プロフェッショナルというモデル)車に限る。
ところが特に都会で大量発生している「ゲレンデヴァーゲン」は、どれもちょっとワルっぽいルックスとカラーで、たいていは「AMGモデル」が、買い物などに使われていることが多い。今回の一台もそういう方向の中でも特に悪者感が強い、言ってみれば迫力満点の車輛だが、価格などもかなり強気に感じられる設定である。
走行距離が記されていないのも心配ではあるが、何よりも年式を考えると、かなりのメンテナンスが定期的に必要だし、迂闊に手を出さないほうが身のためな物件のように思える。
たしかに「ゲレンデヴァーゲン」の成り立ちや性格を考えれば、20年だろうが、30万kmだろうが問題なさそうに感じてしまうが、それは普通のモデルをメンテナンスしながら乗った場合の話で、強引にパワーを引きあげている「AMGモデル」は、やはりどこかに必ず無理が生じていることを忘れてはならない。大好きな「ゲレンデヴァーゲン」だからこそ、ちゃんとそれなりの仕様のまま、高速道路を強引にかっ飛んだりすることに使ってほしくないなぁ、と轟音を響かせて街を行く「AMG」を見ながらちょっと不憫になってしまうのである。

Text: Lars Hänsch-Petersen
加筆: 大林晃平
Photo: ebay.de/skrippler