【ニューモデル情報】ポルシェ タイカン すべてのラインナップをショートドライビングインプレッションとデータとともに詳しく紹介

43

素晴らしい走りと高速充電。

電気自動車のタイカンは、真のポルシェだ。ポルシェ初の電気自動車であるタイカンは、800ボルトの高速技術と最大761馬力を誇る。すべての情報とテストレポート。

コンテンツ一覧:
➤ 価格
➤ ドライブトレイン、バッテリーと航続距離
➤ GTS(アップデート情報!)
➤ クロスツーリスモ
➤ インテリア
➤ デザイン
➤ ドライビングインプレッション

「タイカン」は、ポルシェが2019年に発表した初の量産電気自動車で、800ボルトのシステム電圧で作動するため、特に急速な充電が可能だ。
5分後には100km分のバッテリーが復活し、22.5分後には80%まで充電されるようになっている。
興味深いことに、ポルシェは初の電気自動車の名称として、おなじみの「ターボ」と「ターボS」を採用している。
「タイカン」には、スポーツセダンに加えて、シューティングブレークのようなリアのおかげで、リアとトランクのスペースが広くなった別のボディスタイルも用意されている。
このモデルは当初、クロスツーリスモとしてのみ販売されていた。
このクロスツーリスモには、引き上げられたサスペンションや、全周にわたってパネルが張り巡らせられるなど、一部のオフロード要素が標準装備されている。
しかし一方で、「タイカンGTS」には、悪路装備を省いた、同じ形式のスポーツツーリスモも用意されている。
「ポルシェ タイカン」の価格は、85,543ユーロ(約1,120万円)からとなっている。

● ポルシェ タイカン: 85,543ユーロ(約1,120万円)より
● ポルシェ タイカン4S: 106,487ユーロ(約1,395万円)より
● ポルシェ タイカンGTS: 131,834ユーロ(約1,727万円)より
● ポルシェ タイカン ターボ: 153,016ユーロ(約2,004万円)より
● ポルシェ タイカン ターボS: 186,336ユーロ(約2,440万円)より
Sport Turismo:
● ポルシェ タイカンGTSスポーツツーリスモ: 132,786ユーロ(約1,739万円)より
Cross Turismo:
● ポルシェ タイカン4クロスツーリスモ: 95,658ユーロ(約1,253万円)より
● ポルシェ タイカン4Sクロスツーリスモ: 111,842ユーロ(約1,465万円)より
● ポルシェ タイカン ターボ クロスツーリスモ: 154,444ユーロ(約2,023万円)より
● ポルシェ タイカン ターボS クロスツーリスモ: 187,764ユーロ(約2,460万円)より

駆動方式、バッテリー、航続距離

「タイカン」には2つのサイズのバッテリーが搭載されている。
弱い方のバッテリーは79.2kWh、強い方は93.4kWhの容量を備えている。
ポルシェはこのバッテリーを「パフォーマンスバッテリー」と「パフォーマンスバッテリープラス」と呼んでいる。
ただし、小さい方のバッテリーは、最も弱い2つのタイカンのバリエーションにのみ搭載されている。
バッテリー、駆動方式、性能に応じて、ポルシェの航続距離は335~464kmとなる。
2019年に発表されたこのスポーツカーは、充電に800ボルトの技術を採用した最初の量産モデルだ。
このおかげで、バッテリーは急速充電器で、22.5分で5%から80%にまで充填することができるようになっている。
ほぼすべてのモデルで、2基の電動モーターが、各アクスルに1基ずつ搭載され、推進力を発揮する。
エントリーモデルのみ電動モーターが1基のため、後輪駆動となり、その他の「タイカン」はすべて全輪駆動となる。
出力は408馬力から、最もパワフルなバージョンである「ターボS」の761馬力まで幅広い。
トップモデルの疾走感?
トップモデルの「タイカン ターボS」は、761馬力の出力と1050Nmのトルクで、0から100km/hまで、わずか2.8秒で加速する。

761馬力を誇るタイカン ターボSは、電気自動車の中で最もパワフルなバージョンだ。2.8秒で0から100km/hまで加速する。

性能と航続距離一覧:
スポーツセダン:
● ポルシェ タイカン: 最高出力: 300kW/408PS、最大トルク: 345Nm、0-100km/h加速: 5.4秒、最高速度: 230km/h、バッテリー: 79.2kWh、航続距離: 354~431km
● ポルシェ タイカン: 最高出力: 350kW/476PS、最大トルク: 357Nm、0-100km/h加速: 5.4秒、最高速度: 230km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 407~484km
● ポルシェ タイカン4S: 最高出力: 420kW/571PS、最大トルク: 650Nm、0-100km/h加速: 4.0秒、最高速度: 250km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 389~464km
● ポルシェ タイカンGTS: 最高出力: 440kW/598PS、最大トルク: NA、0-100km/h加速: 3.7秒、最高速度: 250km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 最大504km
● ポルシェ タイカン ターボ: 最高出力: 500kW/680PS、最大トルク: 850Nm、0-100km/h加速: 3.2秒、最高速度: 260km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 383~452km
● ポルシェ タイカン ターボS: 最高出力: 560kW/761PS、最大トルク: 1050Nm、0-100km/h加速: 2.8秒、最高速度: 260km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 390~416km

スポーツツーリスモ:
● ポルシェ タイカンGTSスポーツツーリスモ: 最高出力: 440kW/598PS、最大トルク: NA、0-100km/h加速: 3.7秒、最高速度: 250km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 最大504km

クロスツーリスモ:
● ポルシェ タイカン4クロスツーリスモ: 350kW/476PS、最大トルク: 500Nm、0-100km/h加速: 5.1秒、最高速度: 230km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 407~484km
● ポルシェ タイカン4Sクロスツーリスモ: 420kW/571PS、最大トルク: 650Nm、0-100km/h加速: 4.1秒、最高速度: 240km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 388~452km
● ポルシェ タイカン ターボ クロスツーリスモ: 3500kW/680PS、最大トルク: 850Nm、0-100km/h加速: 3.3秒、最高速度: 250km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 395~452km
● ポルシェ タイカン ターボS クロスツーリスモ: 560kW/761PS、最大トルク: 500Nm、0-100km/h加速: 2.9秒、最高速度: 250km/h、バッテリー: 93.4kWh、航続距離: 388~419km

GTS: より広いスペースを持つスポーツツーリスモとしても

ポルシェは、先ごろ開催された2021年のLAオートショーで、「タイカン」の新しいバリエーションを発表した。
この電気自動車は、2022年春から「GTS」として販売される。
「GTS」には「スポーツツーリスモ」として、もうひとつのボディバリエーションも用意されている。「クロスツーリスモ」と同じ形をしているが、オフロード機能は備わっていない。
その代わり、セダンよりも、後席のヘッドルームとトランクルームが広くなっている。
ポルシェは、ラゲッジコンパートメントに1,200リットル以上のスペースを確保していると話しているが、「スポーツツーリスモ」では頑丈なビッグブラザーと同様に1,212リットルを確保していると考えられる。

タイカンGTS
タイカンGTSには、シューティングブレーク スポーツツーリスモというモデルもある。クロスツーリスモと同じ形をしている。

598馬力のGTSは、4Sとターボの中間に位置する

性能面では、「GTS」は「4S」と「ターボ」の中間に位置し、データシートには598馬力(440kW)と記載されている。
セダンとシューティングブレークは、停止状態から100km/hまで3.7秒、最高速度は250km/hとなっている。
しかし、ポルシェが特に誇りにしているのは、その航続距離で、最大504kmの走行が可能であり、「GTS」は「タイカン」のバリエーションの中で、現在最も航続距離が長いということだ。
外側のディテールをブラック化し、内側にはブラックアルマイトのトリムを採用しているほか、特別にチューニングされたエアサスペンションを標準装備し、オプションのリアアクスルステアリングもよりスポーティなデザインとなっている。
新たなオプションとして、「タイカンGTS」には専用のパノラミックルーフが用意されている。
このルーフは、電動で切り替え可能なフィルムにより、クリアからマットへと変化する。
また、ルーフの個々のエレメントに、フロスト加工を施して、パターンを作ることもできるようになっている。
そして価格もすでに公開されている。
「タイカンGTS」は、最低でも131,834ユーロ(約1,727万円)、「GTSスポーツツーリスモ」は132,786ユーロ(約1,739万円)からとなっている。

クロスツーリスモ: オフロードに対応したシューティングブレーク

セダンに加えて、ポルシェは電気自動車をもうひとつのボディフォームでも提供している。
それは、わずかにオフロードを意識したシューティングブレークの「タイカン クロスツーリスモ」だ。
全輪駆動、エアサスペンション、板張り、専用スカート、そして93.4kWhの大容量バッテリーが標準装備されている。
ルーフレールが付いているほか、最大30mmの車高アップ、コーナーの石跳ね防止用フラップ、ダッシュボードのコンパスなどが付いた「オフロードデザインパッケージ」も用意されている。

クロスツーリスモ。オプションで最大30ミリのリフトアップが可能だ。

タイカン クロスツーリスモのサイズ一覧:
● 全長: 4974mm
● 全幅: 1967mm
● 全高: 1409または1412mm(モデルによって異なる)
● ホイールベース: 2904mm
● トランク容量: 405または446~1171または1212リットル(モデルによって異なる)
● フロントトランク: 84リットル
● ルーフ積載量: 最大75kg

※詳しいテストレポートはこちらをどうぞ。

バッテリーパックがフロアアッセンブリーに設置されているため重心が低く、ステアリング、サスペンション、レスポンスの良さも桁違いだ。
ルーフが高くなったことで、後席のヘッドルームが47mm拡大し、大人も快適に座れるようになっている。
モデルにもよるが、トランクには最大1,212リットルの容量があり、あらゆる休暇旅行には十分だが、家族全員と一緒に移動するにはやや不十分だ。

デザイン: ひと目でポルシェだとわかるタイカン

「タイカン」は一目でポルシェだとわかるデザインで、2015年に初公開された「Mission E」スタディモデルの要素も多く採用している。
フロントビューでは、電気自動車はワイドでフラットに見える。
フェンダーに向かって、ボンネットは「718」と「911」のモデルシリーズのようにカーブしている。
ヘッドライトは丸みを帯びた長方形で、ポルシェ特有のデイタイムランニングライトが4点のグラフィックで描かれている。
ルーフラインはパナメーラを彷彿とさせるが、タイカンは背が低く、ボンネットはより急峻に傾斜している。
ポルシェの慣例として、視覚的な焦点は、主にタイカンのリアに置かれている。
そこには、本物のガラスで作られたポルシェバッジ、連続したライトストリップ、控えめなリアディフューザーがある。

ポルシェ タイカン サイズ一覧:
● 全長: 4963mm
● 全幅: 1966mm
● 全高: 1378~1395mm depending on model
● ホイールベース: 2900mm
● トランク容量: 366~407リットルdepending on model
● フロントトランク容量: 84リットル
● ルーフ積載量: 最大75kg

インテリア: 新しいコントロールシステムと最大4つのディスプレイ

ポルシェのインテリアはハイテクを駆使したもので、従来のボタンはステアリングホイールにしかない。
それ以外は、すべてタッチ操作で行われる。
16.8インチのインストルメントクラスターは、クラシックなポルシェのコックピットの形状を踏襲しており、メーター類も従来通り丸型だ。
全体的に、未来的ではなく、むしろモダンな印象を与える。
ライトやダンパーの調整は、ディスプレイの左右に設置されたタッチサーフェスで行うようになっている。
中央のディスプレイは10.9インチで、助手席にも重要な機能を操作できるスクリーンが用意されている。
エアコンの設定は、センターコンソールの別のタッチスクリーンで行う。
特筆すべきは、吹き出し口を機械的に調整するのではなく、バーチャルに調整することだ。
個々のノズルの空気の流れは、ディスプレイ上でコントロールできるようになっている。

インテリアでは、従来のボタンはステアリングホイールにしかない。それ以外の部分は、タッチスクリーンとサーフェスでまかなわれている。

後席のヘッドルームが狭い

スポーツシートは、後席であっても、サポート性だけでなく長距離の快適性も提供してくれる。
4枚のドアがあるにもかかわらず、後席へのアクセスは普通の体格の人にとっても容易ではない。
しかし、いったん着席すると、いわゆる「フットガレージ」のおかげで、驚くほど広いレッグルームが確保されている。
これは、アキュムレータに設けられた凹みによって作られたものだ。
足元には余裕があるが、ヘッドスペースはやや窮屈で、身長が1.80メートルもあると、ほとんどルーフにぶつかってしまう。

普通の体格の人でも後ろは窮屈だ。しかし、足元の広さは問題ない。

走り: ポルシェ タイカンは猛烈な勢いで加速する

「タイカン ターボS」の761馬力は、最初のドライブで私たちに強烈な印象を与えた。
この4ドアスポーツカーは残酷なまでに前進する。
それに加えて、(全輪操舵のおかげでもあって)優れたコーナリング性能と、非常に正確にコントロールできるブレーキが際立っている。
本格的なドリフトも可能で、万能選手だ。
その理由は、多くのテクノロジーに加えて、重いバッテリーによる低重心化にある。
しかし、2.3トンの車両重量が、これほどまでに軽快に感じられることは文字通り信じられない。

結論:
電気自動車とはいえ、「タイカン」は本物のポルシェであることに変わりはない。
最も残念で、悩ましいマイナスポイントは、その音だ。
私は911をドライブした後は、何日経っても、爆音の911ボクサーエンジンの夢を見るが、「タイカン」のサウンドジェネレーターではそうはならない。

Text: Malte Büttner, Katharina Berndt and Andreas Huber
Photo: Porsche AG