【初テスト】新型ポルシェ911カレラ4 GTSに初試乗 そのドライビングインプレッションと最終評価!

1868

イレブンがトゥエルブに変わる。

これがポルシェ911カレラGTSの走りだ。完璧な911を求めて、ポルシェ911 GTSが誕生した。カレラ4よりもはるかにシャープで、ターボよりもはるかに軽快な走りを実現している。

直撃!
新型「911 GTS」は、そのシャープなシートメタルの下に、我々がポルシェを愛するすべてを兼ね備えている。
3リッターフラット6はカレラとは一線を画す480馬力を発揮し、10ミリ低いスポーツサスペンションはターボの流れを汲む。
アクティブサスペンションとスポーツエグゾーストシステムを標準装備し、リアアクスルのメインスプリングは常にリアエンドのレスポンスが自然に得られるようになっている。
テストを前に我々も正直緊張(興奮)している。
さあ、さっそく出発しよう。

911 GTSには、考えうるすべてのバリエーションが用意されている

ポルシェが我々のために用意してくれたのは、「フルハット(full hut)」モデルだった。
具体的には、「GTSクーペ」に、全輪駆動と軽量化パッケージ、さらにセラミックブレーキとカーボンルーフを装備し、全輪操舵システムと8速デュアルクラッチを採用したモデルということになる。
しかし、「GTS」には、考えられるほぼすべてのバリエーションが用意されている。
つまりクーペ、コンバーチブル、タルガ、マニュアル車、後輪駆動車(タルガにはない)など、何でも揃っているということだ。
結局のところ、「GTS」はレーストラックでも一切妥協しない。
完璧に近いカーボンファイバー製のバケットシートは、いつものように絶妙にフィットする。
背もたれの角度があと数度変えられると、ドライバーはさらに満足するだろうが、それはまさに個人個人それぞれの好みだ。
そして、エンジンの回転が上がるとすぐに忘れてしまう。

お好みは?911 GTSには、タルガ、カブリオ、そして今回のテストで使用したクーペが用意されている。

リアアクスルステアリングを採用したことで、911はさらにダイナミックになった

しかし、軽量化パッケージは、リアシートをなくすだけでなく、ドライバーは前述のバケットシートを楽しむことができ、バッテリーやウィンドウには、軽量素材が使われ、フロントアンダーボディは空力的に最適化されている。
これにより、合計25kgの軽量化を実現している。
リアアクスルのステアリングが7kg重くなったことは、逆効果のように思えるが、サーキットでは「GTS」をかなり軽く見せている。
4周の走行を終えて、我々は非常に感銘を受けた。
「GTS」は、拘束力のあるシャシーと、素直な出力の最適な組み合わせを見事に実現している。
この「911」は、パワーのために、これ以上走れないというような感覚はなく、しかもあらゆる状況で十分すぎるほどのパンチ力がある。

ロードチェンジを素晴らしく直感的に行うことができ、高速コーナーではブレーキを介してリアエンドを調整しても、不安を感じることはない。
「GTS」には、450馬力の「カレラS」の価格に、さらに17,000ユーロ(約226万円)のプレミアムをつける価値が十分あると感じる。

横方向のダイナミクス: 全輪操舵のため、GTSは非常に機敏な動きをする。もちろん、リアでの操作も可能だ。
ポルシェは我々を「フルハット(full hut)」モデルでもてなす。具体的にはこうだ。GTSクーペに、全輪駆動と軽量化パッケージ、さらにセラミックブレーキとカーボンルーフ、そして全輪操舵と8速デュアルクラッチを搭載したモデル。
軽量化のためにリアシートが廃止されたた。そのため、ボクサーエンジンの音がよりに直接的に室内に届くようになった。

テクニカルデータ: ポルシェ911カレラ4 GTS PDK
● Engine: 水平対向6気筒ツインターボ、リア縦置き ● 排気量: 2891cc ● 最高出力: 480PS@6500rpm ● 最大トルク: 570Nm@2300rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、8速PDK ● 全長×全幅×全高: 4533×1852×1303mm ● 乾燥重量: 1595kg ● 最高速度: 309km/h ● 0-100km/h加速: 3.3秒 ● 平均燃費: 9.2km/ℓ ● 価格: 148,835ユーロ(約1,980万円)

結論:
派手なトリムや新しいホイールなど、「GTS」は見た目にも魅力的だが、運転すると本当に魅力的な車になる。
技術的にも、ダイナミックにも、感情的にも、退屈しない「カレラS」を簡単に凌駕する。
AUTO BILDテストスコア: 1-

今回登場した新型「ポルシェ911カレラ4 GTS」、興味深いのはクーペ、カブリオレ、タルガと、すべてのボディから選ぶことができるという点と、2輪駆動、4輪駆動、PDK,そしてマニュアルミッションとこれまたフルチョイス状態の車種構成であるということだ。つまりカタログモデルとして、「GTS」は911の中で「普通に」存在するグレードであり、「カレラS」のちょっと上、くらいのモデルという位置づけなのだろう。
その価格差は226万円・・・。だったら、こっちを選ぶというポルシェユーザーは多いだろうなぁ、と感じると同時に、オプションなどをあまりつけない状態でも、2,000万円を突破する勢いの価格にも驚かされる。911を新車で購入する層にはあまり気にならない価格差なのかもしれないが、もはやポルシェ911というのは2,000万円以上が普通のクルマであり、その中でちょっと高性能モデルなのが「GTS」、という絶妙な立ち位置のフルラインナップなのである。もちろん、もっと高性能モデルもあるし、限定モデルは毎年定期的に登場するし、ポルシェは本当に商売うまいな、と改めて痛感した「GTS」の登場レポートだった。

Text: Alexander Bernt
加筆: 大林晃平
Photo: Porsche AG