フェラーリ、最新ワンオフ Ferrari BR20 発表

108

・クライアントの希望に添ってフェラーリのデザイナーがデザインしたユニークな新ワンオフモデルが誕生
・BR20 は GTC4Lusso のプラットフォームをベースとする 2 シーターV12 クーペ
・ダイナミズムとモダンな美しさ、華麗なスタイリングの見事な融合は、1950~60 年代のフェラーリにインスパイアされたもの

跳ね馬のワンオフシリーズ最新作、Ferrari BR20 が発表され、マラネッロのラインアップの中でも最もエクスクルーシブなグループに加わりました。クライアントの指定に基づいて、ユニークな要望を明確に表現するようデザインされた、たった 1 台の完全なビスポークモデルです。

BR20はオリジナルより3インチ長く、短いリアのオーバーハングによって、プロポーションを美しく強調するシルエットとなっている。
フェラーリの「フライング・バットレス」のテーマをフラヴィオ・マンゾーニ率いるデザインチームがモダンに昇華したフォルム。
濃淡2色のブラウンのレザーとカーボンファイバーでトリミングされたインテリア。シートはヘリタジ・テスタ・ディ・モロというダークブラウンのレザーで覆われ、前面には特別なパターンとシルバーのクロスステッチが施されている。
BR20は2シーター、GTC4Lussoの2つのリアシートは取り外された。

スペシャル・プロジェクト

「スペシャル・プロジェクト」プログラムの目的は、いわゆる「ワンオフ」と呼ばれるユニークなフェラーリを生み出すことです。要望に添ってエクスクルーシブなデザインが作り出され、クライアントは唯一無二のモデルのオーナーとなることができます。
各プロジェクトは、クライアントのアイデアを出発点として、それをフェラーリ・スタイリングセンターのデザイナーチームが発展させます。車両のプロポーションとフォルムを決定したら、デザインを詳細に検討し、スタイリング用クレイモデルを製作してから、新ワンオフの製造に取りかかります。全プロセスには平均1年以上を要し、その間、クライアントはデザインの評価や検証プロセスに密接に関わります。
こうして誕生したユニークなフェラーリは、跳ね馬のロゴを装着し、マラネッロ生まれの全モデルと同じ卓越した水準で設計されています。

Text&Photo:フェラーリ・ジャパン