TOYOTA GAZOO Racing 中嶋一貴“ラストレース”を勝利で飾り有終の美

79

小林/コンウェイ/ロペスがドライバーズチャンピオン獲得!

11月6日(土)バーレーン・インターナショナル・サーキットで2021年FIA世界耐久選手権(WEC)最終戦バーレーン8時間の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)のハイパーカー GR010 HYBRIDが1-2フィニッシュを飾り、歴史に残るハイパーカー初年度のシーズンを終えた

中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレーのGR010 HYBRID 8号車が今季3勝目を挙げ、TGRのWECレギュラードライバーとして最後のレースとなる中嶋はラストレースを勝利で飾った。
既に発表されているとおり、今シーズンの最終戦となる第6戦バーレーン終了後、9年間在籍したTGRのレギュラードライバーを退く中嶋は2018年から3年連続でル・マン24時間耐久レースを制した。そして、今大会に出場した2台のGR010 HYBRIDには、中嶋の耐久レースでのキャリアに敬意を表した特別なマーキングが施された。中嶋はWECのレースに通算59戦出場し、17勝。2018-2019年シーズンには、ブエミとフェルナンド・アロンソとのトリオで、日本人として初となる、4輪サーキットレースでのFIA世界チャンピオンに輝いている。

今季のル・マン24時間レース覇者である小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの3名が駆るGR010 HYBRID 7号車は2位でこのレースをフィニッシュし、ハイパーカー時代の初代ドライバーズチャンピオンを獲得が決定している。

記録ずくめ

小林はこれで、4輪レースで初めて2度の世界チャンピオンを獲得した日本人ドライバーとなり、ロペスはアルゼンチン人として、偉大なる先達のファン・マヌエル・ファンジオに並ぶ、5度目のFIA世界チャンピオンを獲得することとなった。

そしてこの日TGRは、WEC史上初の、シーズン全戦での勝利と言う新たな記録を打ち立てた。2012年の参戦以来通算70戦目となったこのレースで、前シーズンからの連続勝利記録も9へと伸ばし、TGRは前週行われた第5戦バーレーン6時間で、4度目となるチームチャンピオンも決めている。

WEC 第6戦バーレーン8時間 決勝結果(総合順位)

順位No.ドライバー名チーム/車種周回トップとの差
18セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
247
27マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ GR010 HYBRID
2477.351
336アンドレ・ネグラオ
ニコラス・ラピエール
マシュー・バキシビエール
アルピーヌ・エルフ・マトムート/
アルピーヌ A480-Gibson
2416 Lap
431ロビン・フラインス
フェルディナンド・ハプスブルク
シャルル・ミレッシ
チームWRT/
Oreca 07-Gibson
2407 Laps
538ロベルト・ゴンザレス
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ
アンソニー・デビッドソン
イオタ/
Oreca 07-Gibson
2407 Laps

Text&Photo:トヨタ自動車