BMWの新型電動フラッグシップSUV BMW iX xDrive50のテスト&レポート

208

静かなる巨人。

BMWの電気自動車のフラッグシップSUVモデルであるiXの走りはこうだ。その優れた性能と完璧な走りは、操作ミスを難なく洗い流してくれる。初テストとそのドライビングインプレッション。

我々の胸には2つの心がある。
それは、ハイテンションでアクティブにクルマを操るドライバーの心と、電子機器に精通した遊び人の心だ。
この点において、BMWは新しい電気自動車モデル「iX xDrive50」に多くの提案をしている。
最大523馬力の2基の電動モーターの組み合わせ、全輪操舵、可変シャシー、アダプティブステアリング、賢い全輪駆動、さらにはボディ素材としてのカーボンなどが、我々の心を揺さぶり、この最もデジタル化されているモデルは、我々の中の探求心に直接訴えかけてくる。

運転には慣れを要する電動BMW

パワーハウス: 523馬力と765Nmのパワーで、2.6トンのトラックを、4.6秒という無駄のない速さで0から100km/hにまで到達させる。

「iX」は、渋滞時には特に前の車に追従することが想定されている。
例えば、5Gネットワークがインフォテインメントシステムにスピードをもたらし、ビデオサポートを含む拡張現実ディスプレイがインタラクティブに方向をサポートすることもできるようになっている。
このように、最初のドライビングインプレッションには良い条件が揃っている。
我々はスタートラインに立ち、ドライバーはシートベルトを締めてスタートを待っている。
「BMWオペレーティングシステム8」をベースにした、新しい「iDrive」オペレーティングシステムは、経験豊富なユーザーを必要とする。
操作方法は慣れさえすれば問題なく操作できる。
しかし、センターコンソールにはわずか数個のボタンしかないにもかかわらず、音声、タッチ、コントローラーによる入力、これまで以上に多くのメニュー、数え切れないほどの機能、ビュー、アシスタントの操作手順、いくつかのドライビングモードのサブ機などなど、使い方を習得し、慣れるには時間を有することは事実だ。
加えて、ボイスコントロールのヒット率は100%ではない。
BMWが良かれと思ってやっていることでも、気が散ってしまったり、時にはイライラしてしまったりすることもある。

それを補うのが、ドライビングコーナーだ。
「iX」は、乗り心地が非常に良い。
高速走行中でも、非常に静かに転がる。
これには、タイヤの内側に発泡層を設けるなどの仕掛けがある。
「iX xDrive50」に搭載されているエアサスペンションは、非常にきめ細かく、十分な予備力を持って機能する。
シートの表面が柔らかく、最適な状態で張られているおかげで(メルセデスのようにドアパネルで調整できるようになった)、シートはアームチェアのような優れた品質を持っていると言える。
走りの印象と、パワーデリバリーも一致している。
しかし、パワーを大解放する必要はない。
むしろ抑制されていなければならない。
多くのニュートンメーターが常に存在しているからだ。
ほぼ2.6トンのSUVは、スムーズに、しかし容赦なく加速する。
電子機器は、フロントとリアの電動モーター間の力の相互作用をテレパシーのように制御する。
このタイプの全輪駆動は、765Nmのパワーを一滴も落とすことなく、道路に投げ出すことができる、おそらく唯一の真の方法だ。
同時に、車は穏やかに運転することができ、必要に応じて操縦する際には、最高のフォワードノートで前進し、選択可能な段階で回復し、そしてもちろん知的に運転することができる。
素晴らしい、の一言だ。
プッシュモードを解除して、ペダルを踏み込むと、「iX」は、キビキビと、エッジの効いた動きをする。

大容量バッテリーで約400kmの走行が可能

約束より少ない: 約25kWhの消費で、iXは約400kmの走行が可能だ。

しかし、BMWの優れたドライビングマシンを「iX」で発見することはできなかった。
ステアリングは、この重量クラスにしてはあまりにも滑らかで、リターンストロークの緊張感が少なすぎる。
さらに、22インチホイール(追加料金1,250ユーロ=約16万円)を履いた、重くて幅広の車を、狭い田舎道で何の修正もなく操縦することに集中しなければならない。
同時に、ボディやシートに注ぎ込まれているというよりも、車の上に座っているような感覚に陥る。
続いて、リラックスできる「Eco」モードへ変更してみる。
ここでは、「iX」は、思いのほか、燃料消費量が少ない。
25kWhをわずかに下回る消費量で済む。
約束していた630kmの航続距離(バッテリーの正味容量が約105kWhの場合)は達成できないだろう。
「iX」は、DC充電ステーションでの充電が特に速い。
急速充電(0〜80%)は、195kWの充電電力により、最良のケースで、39分で完了する。
かなりの速さだ。

テクニカルデータ: BMW iX xDrive50
● パワーユニット: 電動モーター×2基(フロントとリア) ● バッテリー容量: 105.2Wh ● 最高出力: 385kW(523PS) ● 最大トルク: 765Nm ● 駆動方式: 全輪駆動、1速トランスミッション ● 全長×全幅×全高: 4953×1967×1695mm ● 乾燥重量: 2585kg ● トランク容量: 500~1750リットル ● 0-100km/h加速: 4.6秒 ● 最高速度: 200km/h ● 充電パワー: 195kW ● 電力消費: 19.8kWh/100km ● 航続距離: 630km ● 価格: 98,000ユーロ(約1,300万円)より

結論:
自信に満ち、速く、快適な、ファーストクラスの旅のパートナー。
105.2kWhのバッテリーパックを搭載した「iX」の航続距離は、これらに適したものでさえある。
しかし、残念なことに、新しいOS(オペレーティングシステム)には、多くのトレーニングが必要だ。
AUTO BILDテストスコア: 2

Text: Jan Horn
Photo: BMW AG