【クラシック オブ ザ デイ】 あーあの頃はシボレー ベルエアって聞くだけで心ときめいたもんだなあ 50年代のビンテージカー

66

シボレー ベルエア ハードトップクーペ。Shake, Rattle and Roll!シボレーの57年ヴィンテージモデルは、ジェットエイジの記念碑的存在だ。ハードトップクーペとして成功したベルエアは、アメリカで最も人気のある50年代のクラシックのひとつだ。

もう一度よく見て。
赤い「シボレー ベルエア」のヘッドライトからは、少し哀愁が漂っているように見えませんか?
ビル ミッチェルと彼のデザイナーたちは、まるで無難なカーデザインの時代が終わったことを知っていたかのように、1957年モデルで、またしても他を凌駕した。
アメリカの平均的な賃金労働者のための自動車としては、二度とこれ以上のドラマはないだろう。
デトロイトのゼネラルモーターズビルの正面玄関前にこんなUFOが着陸したのだから、当時の経営者たちはショックを受けたことだろう。

カーディーラーとシボレーのオーナーであるゲオルク リッヒ(51歳)は、まさに「ベルエア」を夢見ていた。
「若い頃、映画『マイク – 3.8で100になる』が大好きでした」と、ミュンスター出身のアメリカ車ファンは我々に愛車のキーを渡しながら語る。
「それ以来、私は、ベルエア、これだ!と思っていました」。
最後にもう一度、私の視線は、繊細なバンパーのつぼみから、フルクロームのラジエターグリル、流麗なルーフライン、リアのフィンチップを経て、フロントのベンチシートに落ち着き、4.3リッターのスモールブロックV8を目覚めさせた。
ハンドルを握ると、意図せずして、アメリカの田舎町のティーンエイジャーのような姿勢になる。
ダイナーのネオンの下でパパの車を借り出して、クルーズしたり、ロックンロールを聴いたり、女子高生をナンパしたりするような男たちだ。
フロントには、2つのミサイルサイロが装飾された豪華なボンネットの下で、今日まで世界で最も売れているエンジンが、控えめに、しかししっかりとつぶやいている。
「キャデラックは囁くことが許されているが、シボレーは聞こえるようにしなければならない」とゲオルグは言う。
「せっかくだからちょっと踏み込んでみてくれ」。
エッセンのグルガトンネルを抜けると、パノラミックウィンドウに黄色い光が映る。
赤いステアリングホイールを回し続けると、ボディがリアの板バネに沈み込み、直進性が損なわれていくが、そんなことはどうでもいい。
アメ車ファンにはたまらない「シボレー ベルエア」の物語だ。

ホワイトウォールタイヤがホイールウェルに深く入り込むと、シボレー ベルエアは実際よりもダイナミックに見える。

エルヴィスは生きている! シボレー ベルエア ノマド

“Shake, Rattle and Roll”とエルヴィスが歌っていたのは昔のこと。
それは別の意味であり、フルフレームロードクルーザーの特徴をよく表していたと思う。
シートメタルが振動し、リアアクスルが鳴り、ステアリングが拘束力のない提言をするが、我々は運転する。
スポーティさとは別の話だが、そんなことは誰も気にしなかった。
50年代、シボレーのホワイトブレッドとピーナッツバターを使ったモデルは、「ワンフィフティ(One-Fifty)」、「Two-Ten(ツーテン)」と呼ばれていた。
その上には、トップモデルとして「ベルエア」があり、パステルカラーが、当時大流行していた白いプレハブの郊外住宅の前にぴったりと並んで置かれていた。
アメリカの木造住宅のように、このようなシボレーは高価ではなかったが、強烈な印象を与えたのである。
マタドールレッドの「2ドアハードトップクーペ」は、今から56年前、2,571ドルと32セントで、大平原の真ん中にある僻地の町、ネブラスカ州ベアードモアのシンクレアモーターズのショールームに立っていた。
GMのフラッグシップである「キャデラック エルドラド ブロアム」は1万3,000ドルもしていた。
「ベルエア」はそれほどのものではなかったが、その価格も相まって大人気を博した。
ベアードモアにはドライブインの映画館があったのだろうか。
真っ赤な内装は、冷戦や核兵器の過剰使用に対するパラノイアを抑制するために、臆面もない消費が行われていた時代のように輝いている。
平和な時代がやってきた。
そしてシボレーは、57年式がアメリカの集合的な記憶の中に永遠に留まっているような、とても平凡なものになった。
すべてがより大きく、より良くなっていくと思われていた時代に、デザイナーはそれを信じなかったのだろう。
結局、赤い「ベルエア」は、いつも我々のそばにいたのだ。

シボレーのリアエンドに取り付けられたXXLサイズのフィンは、まるでNASAよりも早く月に行きたかったかのようだ。

テクニカルデータ: シボレー ベルエア ハードトップクーペ
● エンジン: V8、フロント縦置き ● シリンダー: シリンダーごとに2つのオーバーヘッドバルブ、プッシュロッドとロッカーアームによって操作 ● 排気量: 4344cc ● 出力: 165PS@4400rpm ● 最大トルク: 348Nm@2200rpm ● 駆動方式: 後輪駆動、2速AT(標準モデルは3速MT) ● ホイールベース: 2920mm ● 全長×全幅×全高: 5080x1877x1499mm ● 乾燥重量: 1457kg ● 0-100km/h加速 12.1秒 ● 最高速度: 159km/h ● 平均燃費: 4km/ℓ ● 新車時価格(1957年当時): 2,571ドル

派手なコックピットには、アメリカのフィフティーズ(50年代)の全盛期が映し出されている。

歴史:
1952年、シボレーのクーペに、ロサンゼルスの高貴な地区にちなんで、初めて「ベルエア」という追加名が与えられた。
1953年には、そのヴィンテージモデルの最上級装備を示す名称となり、以降、1959年に「インパラ」が登場するまで、すべての優れたシボレーが「ベルエア」と呼ばれるようになった。
当時、アメリカの自動車メーカーは1年ごとに新設計のモデルを発表していたが、1955年から57年のシボレーは特にクラシックとして人気が高く、ファンの間では「トライファイブ シェビー(Tri-Five Chevys)」と呼ばれている。
1957年には、1,499,664台の「ワンフィフティ」、「ツーテン」、「ベルエア」が、2ドアまたは4ドアのセダン、ハードトップ(Sport)クーペ、ステーションワゴン、タウンズマン、コンバーチブルとして、アーリントン(テキサス州)、オシャワ(カナダ)、カラカス(ベネズエラ)の組立ラインから出荷された。
「ベルエア」は、より多くのクローム、サイドのスタイリッシュなアルミパネル、ゴールドのトリムなどにより、ベーシックな「150」や「210」と外観上の違いがある。
エンジンはブルーフレームの6気筒とV8が用意され、中でもローチェスター燃料噴射装置を備えた「283」エンジンはSAE規格の283馬力を誇り、当時のホットロッド界では熱狂的な支持を得ていた。
1975年、ついにシボレーのパンフレットから「ベルエア」の名前が消えた。

フロントの豪華なボンネットの下では、4.3リッターのスモールブロックV8が、控えめに、しかし毅然とした態度で鎮座し、低くつぶやいている。

プラスとマイナス:
ロックンローラーの寵児は、オールドアメリカファンのための滑るようなリラクゼーションルームとして適している。
市街地でのUターンや、ドイツの狭い駐車場への出入りが苦手なのは、常識の範囲内だろう。
また、経済的なクラシックカーに乗りたいのであれば、「VWゴルフ ディーゼル」を購入したほうがいい。
「ダブルチョコレートブラウニー」のように、甘いデザイン、ロケットボンネットの下にあるV8の国宝、そして希少かつ貴重な価値、それらが「シボレー ベルエア」のプラスポイントだ。
ただし、ワイルドなカスタムルックでポン引きされたベーシックな「150」ではなく、ヒストリーのある未改造車であることが条件だ。
また、スペアパーツの心配をする必要もない。
150万台も生産されているのだから、今でもほとんど部分はリビルドが可能なのである。

テールフィンが人々を魅了する。
いかにもアメリカ人女性らしいドレスアップとたたずまい。
アメ車の典型。彼女もちゃんと腕をドアの上にのせている。
親父の1957年式シボレーで女の子をナンパするのは、60~70年代のアメリカの若者の夢だった。
カッチョいいー。
トランクに座っている姿でさえ絵になる。

スペアパーツ:
ハンブルグの「カリフォルニア クラシックパーツ」や、キールの「Mike & Franks」には多くの在庫があるが、そうでない場合は、「Danchuk Manufacturing」がお手伝いしてくれる。
カリフォルニアの会社は古くから、「トライファイブ シェビー」の再生部品を専門に扱っており、エンジン、トランスミッション、シャシーを健全に保つため、あるいは強化するために、カーペット、シートカバー、シートメタル、トリムパーツなど、あらゆるものを供給している。
その価格?
ホーンボタンのエンブレムが25ドル(約3千円)、ダッシュボードのレタリングが30ドル(約3,500円)、燃料ポンプが150ドル(約1万7千円)、「ベルエア」のアルミパネルが700ドル(約8万円)といったところだ。
これに送料、関税、消費税がかかる。
まあ妥当なところではないだろうか。

市場の状況:
1957年式のシボレーは、欲しければ手に入れることができる。
しかし、本当に良い「2ドア ハードトップ クーペ」は滅多に出てこないし、最低でも4万ドル(約540万円)はする。
便利な「150」と「210」のセダンは、3万ユーロ(約400万円)からで、6気筒だともっと安い。
「コンバーチブル」と「ノマド」は最も高価である。
10万ユーロ(約1,340万円)以上だ。

シボレー ベルエア コンバーチブルは、海岸沿いをクルージングするのに最適だ。特に「ラークスパー ブルー」のボディカラーで。
Photo: Werk

おすすめ:
希少性はあるものの、2ドアまたは4ドアの魅力的なハードトップは、多くのファンにとってシボレー史上最も美しい車だ。
欲しい、手に入れたいと思うなら、現状では、夢の車が市場に出てくるのを長く待つか、アメリカからの輸入を考えるかのどちらかしかないだろう。
ただし購入は専門家のサポートとチェックを受けてからにしよう。
我がAUTO BILD KLASSIK編集部は、魅力やV8よりも、純粋な形が重要だと考えているので、6気筒の「150セダン」を試乗することをお勧めする。 – 我々からのバーゲン情報でもある。

親戚関係: シボレー ノマド ステーションワゴンは、アメリカ初のライフスタイルステーションワゴンだった – 今日では高値で取引されている。The relationship: The
Photo: Werk

「シボレー ベルエア」、まずはネーミングがなんとも素敵だ。ビバリーヒルズではなく、「ベルエア」という響き、そういえばシボレーには「マリブ」なんていう名のモデルもあり、こういう風光明媚で、ちょっと洒落た場所をクルマのネーミングにするなんてセンスがあって素晴らしい。最近の「Xナントカ」とか「CTナニガシ」みたいな数字とアルファベットの順列組合せと比べて、なんともロマンティックで、しかもわかりやすいではないか(そういう意味では、「エルドラド」とか「コンコース」という貴重で素晴らしいネーミングを持っていたキャデラックは重罪である)。
さらに、快適そうで、立派な自動車が、50年代にアメリカでは、「シボレー」という一般向けブランドとして普通に売られていたのだから、やはり偉大な国であったというしかない。「ミニカ」や「フェロー」、「ミゼット」でさえ憧れの対象であった日本との、なんたる差・・・。「奥様は魔女」をみながら、広い暖炉のある家で、しょっちゅうホームパーティーが繰り広げられるサマンサの家を見ながら、ちゃぶ台で毎日煮物と納豆を食べていた小学校時代を思い出す。
それはさておき、この「ベルエア」、個人的には内装のメーターパネルの感じや、シートを見ると、頭の中にはアメリカンダイナーの店内の雰囲気とぴったり重なる。もちろんデザイナーの狙いも、まさにそこにあったに違いないが、ここまでアメリカらしさと、アメリカ人の心の中に映る原風景のようなものを自動車のインテリアに再現するとは・・・。そういう意味でも「ベルエア」は輝ける時代のアメリカの象徴なのである。

Text: Lukas Hambrecht
加筆: 大林晃平
Photo: Marcus Gloger