TOYOTA GAZOO Racing  WEC ハイパーカー初代チームチャンピオン確定

30

WEC 2021年シーズン 第5戦バーレーン6時間1-2フィニッシュ

10月30日(土)バーレーン・インターナショナル・サーキットでFIA世界耐久選手権(WEC)第5戦バーレーン6時間レースの決勝が行われ、TOYOTA GAZOO Racing(以下 TGR)のGR010 HYBRIDが1-2フィニッシュ。今週末の最終戦を待たずして、ハイパーカー新時代最初のチームタイトルを確定した。

ドライバーチャンピオンシップは、今年のル・マン24時間レースを制した7号車の3名のドライバー(マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス)が、この第5戦の勝利で3連勝、2位の8号車の3名(セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー)に対し、15ポイント差をつけて最終戦に臨むこととなる。

Text&Photo:トヨタ自動車