【初テスト】高性能ステーションワゴン 新型VWゴルフRヴァリアント 果たしてその評価は?

870

ヴォルフスブルクのライオットステーションワゴン。

これがVWゴルフRヴァリアントのサーキット走行の様子だ。これより速いエステートゴルフはない!新しいRヴァリアントは、VWの中で最もパワフルで、最も高価で、最も楽しいコンパクトステーションワゴンだ。320馬力の試乗記。

ノルドシュライフェを7分51秒で駆け抜け、0から100km/hまで4.9秒。
スポーツカーではなく、コンパクトなステーションワゴンに相応しくない数字だ。
具体的には「ゴルフ8 R」のステーションワゴンバージョン、「ゴルフRヴァリアント」のことだ。
このスポーツステーションワゴンは、ノーマルの「ゴルフ8 R」と同様に、マジックシャシー、ドリフトモード、そして十分なパワーでのドライビングは感動をもたらす。
子供のいない週末に親が気晴らしをするには絶好の車だ。

平日は、家族で買い物をしたり、おもちゃ屋さんを物色したりして、土日は、いろんな道路のカーブをもっと知りたいと思う。
そんなことが、この「ヴァリアント」では可能なのだ。
そう思いませんか?
そう、そして我々はその高性能ステーションワゴンを徹底的に試してみたのだ。
その前に、価格について少しだけ。
このモデルの購入が家計を圧迫することは間違いない。
ヴォルフスブルクのメーカーは、新しい「Rヴァリアント」に、少なくとも、51,585ユーロ(約686万円)を要求している。
そして、その車は、完全には装備されていない。
ファンシーな19インチホイールは別料金で、アウトバーンを270km/hで走れるうちに走りたいなら、別途、パフォーマンスパッケージ(2,095ユーロ=約27万円)を追加する必要がある。
アダプティブサスペンションやナビゲーションシステムも、残念ながら標準装備ではない。
それだけのお金を出せば立派な「VWバス」が手に入る。

2リッターターボはすべての回転域で溢れるパワー

パワフルな加速力。2リッターターボは、ゴルフRヴァリアントに320馬力と420Nmをもたらす。

プライス論議から離れて、純粋にクルマを楽しむことにしよう。
エンジンを始動し、ドライビングモードを「スペシャル(パフォーマンスパッケージに含まれる)」に設定すると、ニュルブルクリンクのロゴが現れ、ビルスター ベルクでのワイルドなドライブに出発できる。
勢いよくピットロードに出て、「クラブハウスS」を通過すると、自分がステーションワゴンに座っているとは思えないほどだ。
バックパックのことなどすぐに忘れてしまうほど、すべてがノーマルの「ゴルフR」と同じようにスポーティで骨太で音のある感じがする。
おなじみの2リッターターボガソリンエンジンの320馬力は、常に目を覚ましており、エンジン回転数が上がっても、4気筒エンジンは十分に力を発揮する。

Rエステートのポテンシャルは、スポーツからコンフォートまで幅広い

充実した装備: オプションのアダプティブサスペンションと強力なブレーキにより、Rはサーキット走行も可能だ。

オプションの「マジックサスペンション」は「ヴァリアント」でも活躍する。
縁石の上を細かくドリフトし、フロントアクスルは理想的なラインを正確にたどり、ビッグサイズのブレーキは挙動をしっかりと制御することを可能にし、高速デュアルクラッチトランスミッションは7つのギアを激しく上下させる。
喜びの連続だ。
後ろにいる子供たちだけは、あまり祝ってくれないかもしれないが、今日はそのための「休み」、なのだから。
もちろん、「ゴルフRヴァリアント」はゆっくりと走ることもできる。
最もソフトなドライビングモードでは、そのサスペンションは中級車のように柔らかく、しなやかなものとなり、オーディオシステムもゆっくりと楽しめるようになる。
ノルドシュライフェでのラップタイム?
17分51秒だった。
ステーションワゴンとしては上出来だ。

見た目は普通の「ヴァリアント」? いえいえ、「R」は大きなエアインテークを備えたスポーティなエプロンで見分けることができるし、クロームメッキの4本のテールパイプも「R」のマークがついている。残念ながら、見た目ほどには唸りは上げないが・・・。
ヴァリアントのテールゲート内には、611リットルから1642リットルの容量が収まる。

テクニカルデータ: VWゴルフRヴァリアント
● エンジン: 4気筒ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1984cc ● 最高出力: 335PS@5350rpm ● 最大トルク: 420Nm@2100~5350rpm ● 駆動方式: 全輪駆動、7速DSG ● 全長×全幅×全高: 4644×1789×1466mm • 乾燥重量: 1630kg ● トランク容量: 611~1642リットル ● 最高速度: 250km/h ● 0-100km/h加速: 4.9秒 ● 平均燃費: 12.8km/ℓ ● CO2排出量: 178g/ℓ ● 価格: 51,585ユーロ(約690万円)

結論:
新型「ゴルフRヴァリアント」は、少しセンスがないかもしれないが、その運転の楽しさは、保証付きだ。
このステーションワゴンは、いつでも楽しい。
ドリフトモードでカーブを駆け抜けるのも、サーキットでトップタイムを叩き出すのも、家族で旅行に出かけるのも、すべてうまくいく。
AUTO BILDテストスコア: 2

Text: Guido Naumann
Photo: Volkswagen AG