ランドローバー、新型「RANGE ROVER」をワールドプレミア

72

息をのむほどのモダニティ、比類なき洗練性、最高峰の走破能力を実現

英国ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスにて、アート、カルチャー、ビジネス、スポーツの各界で活躍する世界中のリーダーたちを迎え、新型「RANGE ROVER」が発表された。

■Fifth generation: 
初代「RANGE ROVER」誕生以来、50年以上の進化を経て、5代目となるラグジュアリーSUV、新型「RANGE ROVER」が誕生。
■Modern luxury: 
ボディ全体のデザインは一目で 「RANGE ROVER」とわかる伝統的なコンセプト、デザインだが、さらになめらかに、凹凸や装飾を極限まで排したサーフェイス、精緻なラインで形づくられた、研ぎ澄まされたデザインである。
■Extended-range PHEVs: 
電動化により「EVモード」での最大航続距離100kmのプラグイン・ハイブリッドモデル(510PS、440PS)が登場。レザーを使わないサステナブル(持続可能)なテキスタイルも選択可能となっている。
■Pure electric: 
ランドローバー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)となる「RANGE ROVER」は2024年にラインアップ予定。
■Breadth of choice: 
ボディタイプは、最新のアーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」を採用した、スタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)の2種類。「RANGE ROVER」初の7人乗り仕様も選択可能になっている。
■Tranquil sanctuary: 
車内の空気清浄システムプロやヘッドレストにアクティブノイズキャンセリング技術を搭載し、クリーンで静粛な室内環境を提供。
■New RANGE ROVER SV: 
2022年には、スペシャル・ビークル・オペレーション(SVO)による手作業で作られる「RANGE ROVER」のラグジュアリーとパーソナライゼーションを極めたモデルが登場する。
■Investing in quality: 
「RANGE ROVER」の歴史的拠点である英国ソリハルに最新の生産ラインを新設。さらなる高品質を目指して新型「RANGE ROVER」はラグジュアリーSUVセグメントをリードする絶対的な存在であり続ける。
■新型「RANGE ROVER」の詳細はこちらから

ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)である、ティエリー・ボロレは次のように述べています。

「新型『RANGE ROVER』は、世界で最も目の肥えたお客様に世界で最も魅力的なラグジュアリー カーを提供するクリエーターになることを目指すという、当社のビジョンを見事に体現しています。 50 年以上にわたって、イノベーションのパイオニアとして紡ぎあげてきた唯一無二の『RANGE ROVER』の物語に、新たな章が描かれます。」
「RANGE ROVER」は、ラグジュアリーSUV というカテゴリーを築いたモデルであり、それ以降 50 年にわたり、快適性とあらゆる地形に対応する走破能力で、ラグジュアリーSUV セグメントをリード してきました。新型「RANGE ROVER」は、息をのむようなモダンさと優雅な美しさ、洗練されたテク ノロジー、シームレスなコネクティビティを兼ね備え、これまでで最も魅力的なモデルに仕上がって います。さらに、初めて 7 人乗りが選択できるようになりました。
第 5 世代となる新型「RANGE ROVER」は、ランドローバーのモダニズムのデザイン哲学をさらなる高みへと押し上げ、「RANGE ROVER」らしいプロファイルを現代的に解釈することで驚くほどの デザインステートメントを生み出しています。

ジャガー・ランドローバーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーである、プロフェッサー・ジェリー・マク ガバン OBE は次のようにコメントしています。

「自らの DNA を尊重しながらプロジェクトを前に進めることは可能で、まさに私たちが今回行ったこ とです。私たちはモダニズムのデザイン哲学を持っており、ファッションやトレンドを追いかけること はしません。余計なディテールを排除することで、モダンさを表現しながらも魅力に溢れ、新しいレ ベルで感情的に訴えかけるクルマが完成しました。新型『RANGE ROVER』は、ランドローバー史 上最も魅力的なモデルとなるでしょう。」

RANGE ROVER SV SERENITY(エスブイ セレニティ)

ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568 (9:00~18:00、土日祝日を除く)

Text&Photo:ジャガー・ランドローバー・ジャパン