【カッコいい短い動画付き】このクルマなんぼ? 伝説のポルシェ550Aスパイダー オークションでの驚きの落札価格は?

82

136馬力の車に5億円超!?

517万ドル(約5億3,250万円)で、オークションでポルシェ550Aを落札した人がいる。こんな少ないパワーを、より多くのお金で手に入れたのは稀なことだ。その物語。

確かに、この車は非常に珍しいもので、しかもポルシェである。
1958年製の「ポルシェ550A」が英国のオークションハウス、ボーンハムのハンマーの下に置かれたとき、入札者たちは熾烈なバトルを繰り広げた。
最終的には、517万ドル(約5億3,250万円)で落札された。
しかし、レーシングカーの買い手が、これほど性能の低い車を、高額で手に入れることは、過去を含めて、めったにない。
この1950年代のレーサーは、スリムな1.5リッター4気筒ボクサーエンジンからわずか136馬力しか出力しない。
1.5リッター4気筒のボクサーエンジンから生み出されるこのポルシェの136馬力の価値は、1馬力につき3万8,000ドル(約390万円)という高額なものだ。
比較するなら、さらに希少な、「ジャガーEタイプ ライトウェイト」に資金を投入した場合でも、ジャガーの340馬力に対して、1馬力あたり21,400ドル(約220万円)しか支払う必要がないのだ。
その数値は購入価格から計算したものだ。
以前、「レーシングEタイプ」は、730万ドル(約7億5千万円)で取引された。

ジュエリー(宝石): 40台しか製造されなかったモデルの中で、この550Aはおそらく最も有名なモデルだろう。このシルバーのスパイダーは、スコッツデールのオークションに出品され、5億円以上の価格で落札された。

50年代のオリジナルレーシングカー

しかし、この「550A」の買い手は、おそらく40台しか製造されなかった「550A」のレースの歴史を好んだのだろう。
1958年のル マン24時間耐久レースで総合5位に入賞し、ニュルブルクリンクの1000kmレースでも表彰台に上っている。
ボーンハムによれば、この高額な価格は、素晴らしいレースの歴史だけでなく、オリジナルの状態にも起因しているとのことだ。
「シャシー0145」は、カレル ド ボフォールやリヒャルト フォン フランケンベルグといった伝説のレーシングドライバーとともに、4つの世界選手権に参加したワークスカーであり、おそらくグランプリに出場した唯一の550でもある。
つまり、オークションに出品された「550A」は、最も有名な「550」である可能性もあるということだ。
この「550A」は、アメリカの個人コレクターの手に渡ったようだ。

それは1958年に製造されたポルシェ550Aのストーリーだ。
1958年のル マン24時間耐久レースでは総合5位、ニュルブルクリンク1000kmでは表彰台に立ったこともある。
オークションでは、このシルバーのスパイダーがなんと517万ドル(約5億3,250万円)で落札された。
ボンネットの下には伝説のボクサーエンジンが。
135馬力(136馬力弱)、7200rpmの1.5リッターボクサーエンジンを搭載。このかなり扱いやすい性能で、5億3千万円超というのは、驚くべき落札価格だ。
より少ない性能で、より多くのお金が手に入ることは稀であり、ポルシェの1馬力あたりの価値は約3万8,000ドル(約390万円!)であった。しかし、オークション主催者によれば、価値はそのクルマの希少性に基づくと主張する。
ここに見えるのはヒンジレスボンネットで、当時は軽量化のためにフレームから簡単に取り外すことができた。ボンネットは2つのシンプルで効果的な革製バックルで固定されている。
その結果、550Aはトータルで530kgしか車重がなかった。今日から見れば、驚異的な軽さだ。
シャシー0145は、カレル ド ボフォールやリヒャルト フォン フランケンベルグなどの伝説的なレーシングドライバーとともに、4つの世界選手権に出場したファクトリーカーで、おそらくグランプリに出場した唯一の550であった。

※以下、希少な550Aスパイダーのクールでカッコいい動画(1分13秒)をお楽しみください。

Text: Mareike Borgstedt
Photo: Bonhams

秋のベストバイ AUTO BILD JAPANオリジナルフーディー