【10万km耐久テスト】スズキ スイフト スポーツ スズキの人気スポーティコンパクトモデル その耐久性と評価は?

257

スズキ スイフト スポーツ: 耐久テスト。このスイフト スポーツは、黄色の魅力的なボディカラーだけでなく、非常に優れていた。10万キロを超える耐久テストでは、スズキ スイフト スポーツは多くの退屈を引き起こしたが、それはワークショップの中だけで、路上ではなかった。

AUTO BILDの耐久テスト車の中でも、あまり目立たないモデルもあって、その車が2年間編集部のガレージに出入りしていたことを、解体されるまで気づかない同僚もいるほどだ。
しかし、チャンピオンイエローの「スズキ スイフト スポーツ」には、そんなことは起こり得なかった。
スズキの作ったこの「爆竹」はすぐに多くの話題を呼んだ。
「最高に楽しいマシン、小さな黄色いやつ」、「機敏で生意気な小さなやつ」、さらには 「高回転型ターボ、ミニ クーパーSよりも楽しい」と。
これだけ褒められれば、そりゃあ気にならないわけがない。
そんなわけで、「スイフト スポーツ」は、出張の際には、すぐに移動手段として、多くのスタッフから求められるようになった。
編集部と目的地の間に数百キロの距離があっても、だ。
なぜなら、すぐに噂になったのだが、この小さな車は、快適さに関しては、ほぼ妥協を許さず仕上げられているからだ。

スズキ スイフト スポーツ: 37リットルの小さなタンクに苦情や批判

スイフトはシャシーを日常使用の許容範囲内でチューニングしているため、長距離走行にも適している。
また、太いテールパイプにもかかわらず、「スイフト スポーツ」は、本当に静かな性能を持っている。
少なくとも、エンジン音と排気音に関する限りは。
あまりにも静かすぎて、批判する人たちもいるくらいだ。
それよりも、同僚たちが、長旅でスイフトを罵倒することがあったのは、37リットルという小さなガソリンタンクのせいだった。
「250km走って5分で給油、250km走って5分で給油・・・」と、クラシックカーマンのヘニング ヒンツェは、ロングトリップでの煩わしい手順を説明した。
少なくとも、非常に洗練された4気筒エンジンのフルパワーが必要とされるときには、彼の言うとおりだった。
そして、多くの人が喜んで、頻繁にそれを実行した。
2つ目の長距離走行の際の難点は、厚い断熱材がないため、空気の流れやタイヤのノイズがフィルターを通さずにパッセンジャーコンパートメントに侵入してしまうことだった。
ヘッドライナーを取り外すと、スイフトはその事実を目の当たりにした。
解体チームがすぐに見ることができたのは、禁欲的なアスリートの薄っぺらな骨格だった。
他の小型車は、どちらかの断熱層を接着している。
しかし、「スイフト スポーツ」は、それらの省略により、並外れて正直で、何よりも軽いアスリートになっている。
960kgという実測値は、今の時代、本格的な5人乗りで、そこそこのトランク容量を持つ車としては、驚異的な値だ。
もちろん、満タンの状態である。

非常に洗練された4気筒エンジンは、運転していて楽しい。しかし、より高いエンジン回転数への欲求も一方で生じた。

テクニカルデータ:
● エンジン: 4気筒ターボ、フロント横置き ● 排気量: 1373cc ● 最高出力: 140PS@5500rpm ● 最大トルク: 230Nm@2500rpm ● 駆動方式: 前輪駆動、6速MT ● 乾燥重量: 960kg • トランク容量: 265~947リットル ● 最高速度: 210km/h ● 燃費: 17.5km/ℓ ● CO2排出量: 135g/ℓ

スズキのスイフトスポーツは、価格と楽しさのバランスが取れている

しかし、「e-car」レベルのレンジを除けば、批判的な意見はほとんどなかった。
ほとんどの人は、すぐにUSBケーブルを、難解なインフォテインメントシステムに接続し、Apple CarplayやAndroid Autoに切り替えた。
アダプティブクルーズコントロールは、その名前の最初の部分に過剰な価値を置き、リアビューカメラの画像は2秒ごとに更新される。
そのため、まだ遠くにあった障害物が、突然、画面いっぱいに広がる塗装やボディワークの危険性に変わることがあった。
しかし、LEDライト、ナビゲーション、オートマチッククライメートコントロールなどの優れた機能は、すでに22,000ユーロ(約290万円)弱の価格で搭載されていたことを忘れてはならない。
そして、6つのギアをきびきびと動かしながら、このフェザー級の車をカーブに適切に投げ入れることができた人は、すぐに結論に達した。
価格と楽しさの比率は絶対的に正しい、と。

スイフトのハンドリングの良さは、しばしば賞賛された。しかし、一方で、過敏に反応するアダプティブクルーズコントロールは批判されることが多かった。

耐久テスト終了後の分解時の状態の良さ

そんなこんなで、10万キロは我々テスターが思っていたよりもずっと早く過ぎていった。
一つの故障もなく、一つの問題もなく、スイフトはドライバーがオイルを補充することさえ望まなかった。
また、当初は2万キロではなく、1万5千キロで整備するものと思い込んでいたため、予定外の入庫もあった。
結局、最終的に分解されることになったのだが、これは「このクルマをもっと楽しめたはずだ」というモットーと同じで、ちょっと意味不明な感じがした。
少なくとも、元ラリードライバーのニキ シェルを中心とした、メカニックチームの仕事ぶりは見ていて楽しいものだった。
55歳の元スズキのドライバーは、この黄色いレース用不発弾を、コース上でより速く解体することはできなかっただろう。
リアの縦方向のメンバーで、切り口やドリル穴、溶接の継ぎ目に錆が発生し始めたのが見つかったが、それ以外の点では、優美なデザインの「スイフト スポーツ」の状態の良さに驚かされた。

スタッフが内視鏡を使ってようやく不具合を発見した。後部縦断部材の切り口、ドリル穴、溶接部などに錆が発生していたのだ。ドラマではないが、困ったものだ。同情はしたものの、結果的に減点対象となった。

それにもかかわらず、同僚たちが長旅でスイフトを罵倒することがあったのは、37リットルという小さなタンクのせいだった。「250km走って5分で給油、250km走って5分で給油・・・」と、クラシックカーマンのヘニング ヒンツェは、ロングトリップでの煩わしい手順を説明した。少なくとも、非常に洗練された4気筒エンジンのフルパワーが必要とされるときには、彼の言うとおりだった。そして、多くの人が喜んで、頻繁にそれを実行した。

耐久テストが終って残念。このクルマが手もとにあればもっと楽しめたのに。
楽しさの方程式。スズキ スイフトスポーツでは、140馬力で960kgの重量を動かすだけだ。10万kmに及ぶ耐久テストでは、このミニマリズムによって、軽快な走りと適正な燃費が実現された。
「スイフト スポーツ」は、出張の際の移動手段として、すぐに注目されるようになった。編集部と目的地の間に数百kmの距離があってもだ。なぜなら、快適性に関しては、ほぼ妥協を許していないからだ。
日本人がチューニングしたシャシーは、長距離走行にも耐えうるものになっている。また、太いテールパイプにもかかわらず、「スイフト スポーツ」は本当に静かな性能を持っている。少なくとも、エンジン音と排気音に関する限りは。
しっかりしたシートの質は良かった。しかし、高い位置に設置されているため、「コーチボックス」という悪口を言われた。それ以外はほとんど批判されなかった。
ほとんどの人は、すぐにUSBケーブルを厄介なインフォテインメントシステムに接続し、Apple CarplayやAndroid Autoに切り替えた。アダプティブクルーズコントロールは、その名前の最初の部分に大げさな価値を置き、リアビューカメラの画像は2秒ごとに更新された。
そして、6つのギアをテキパキとシフトチェンジして、高速でほとんど毒のない反応をするターボを楽しみ、このフェザー級の車を一度でもまともにカーブに投げ入れようとした人は、すぐに結論を出した。価格と楽しさのバランスが取れている、と。
そして、10万kmの走行は、我々テスターが思っていたよりもずっと早く過ぎて行った。一度も故障せず、トラブルもなく、オイル交換もしていない。結局、必然的な解体は、我々には少し無意味なものに思えた。
エンジンブロックには、測定可能な摩耗は存在しなかった。
アイドラープーリーの遊びが大きくなっていた。しかし、これは次回の点検時に予定通り交換される。
クラッチは耐久テストでかなりの負荷がかかっていたが、動作に問題はなかった。
すべてのシリンダーに優しい走行痕がある。ホーニングの跡がはっきりと残っているが、摩耗は測定できない。
トランスミッションは頑丈に作られており、耐久テスト後も異常は見られなかった。
吸気バルブの堆積物は、ダイレクトインジェクションによるものだ。まだ問題はない。その他、優美なデザインのスイフトスポーツの良好な状態に驚かされた。

結論:
ドライバーから猛烈なアタックを受けることが多い優美なデザインの「スイフト スポーツ」が、当初、これほど自信を持って耐久テストを乗り切ることに賭けるスタッフメンバーはいなかっただろう。
しかし、その信頼性はしっかりと証明された。
防錆対策がよりしっかりしていれば、この生意気な小型ホットハッチは、「1+」にさえなっただろう。
グレード: 1

まず何より、本国AUTO BILD編集スタッフのしっかりと良い評価を下してくれたことは、とても誇らしいし、単純にうれしい。彼らの「スイフト スポーツ」を愛する様子が伝わってきて、とても愛らしい。
「スズキ スイフト スポーツ」は以前より、モータージャーナリストの間でも評価が大変高く、プライベートカーとして、購入し、愛用している人もいるほどの一台である。
普通の「スイフト」とは別ものとはいっても、やはりベースとなった車輛の基本的な性能や成り立ちが正しかったからこそ、これだけ高評価を得るようなモデルになれたのであろうことは間違いない。
「スイフト スポーツ」の良いところは、なんといってもそのサイズと価格で、これだけのドライビングプレジャーのクルマがこの価格で購入できるのは、やはり日本ならではだ。またこのクラスのホットハッチバックが、どれも以前よりはるかに大きくなってしまっている現代では、きっちりとコンパクトさを死守した大きさも魅力的な要因だろう。
今回のレポートを読むと、その耐久性能も大変高く、おそらく長期間所有しても維持費は何も心配いらないだろうし、日本人としてこういう自動車がまだ存在していることを誇らしく思う。
個人的には内装の色使いだけはもうちょっと落ち着いたものにしていたら、と思ってしまうが、ここだけは現地の市場での要求が強いのか、ちょっとオジサンには目に痛いのが残念ではある。

Text: Stefan Novitski, Tim Dahlgaard
加筆: 大林晃平
Photo: Uli Sonntag / AUTO BILD

ahamo

秋のマストバイ アウトビルトジャパン オリジナルフーディー