【このバイクなんぼ?】30年落ちの1991年製BMW R100GSパリダカール販売中 果たしてこの値段は妥当か?

73

1991年製のBMW R100GSが新しい家を探している。現在、eBayには、1991年製のR100GSパリダカールが出品されている。広告によれば、このマシンは最高のコンディションで、いくつかの改造を除いて、ほぼオリジナルだとのこと。

BMWのモーターサイクルの中で、「GSツーリングエンデューロ」ほど、伝説的な評価を得ているものはない。
これは偶然ではない。
このスイス製アーミーナイフのような2輪車は、高速道路でも、アフリカのグラベルロードでも同じように活躍する。
そして、日曜の午後には、曲がりくねった田舎道をゆったりとクルーズすることができるのだ。
パワフルなボクサーエンジンは、どのような状況下でも、十分な推進力を発揮する。

ミュンヘンの成功モデルの40年以上の歴史を振り返る

その起源は、エンデューロスポーツと、緊急時のモデルポリシーにあった。
以来、「GS」は、まるで2輪の宇宙船のように、想像しうるすべてのハイテク機器を搭載し、何マイルもサドルの上で、快適な生活を送れるように設計されたモデルへと進化してきたのだった。
しかし、魅力的なのは新車の「BMW GS」だけではない。
真のエンスージアストは、モーターサイクルの別の時代を思い起こさせる、古いモデルを高く評価する。
恋に落ちるリスクは、丁重に管理され続けている。
ドイツで登録されたすべての「BMW GS」の80%は、現在も大切に管理され、乗り続けられているのだ。

eBayには、現在、そんな名誉ある白髪のBMW GSが出品されている。
1991年製の「R100GSパリダカール」だ。
BMWの2気筒ボクサーは、排気量980cc、60馬力で、スピードメーター上の総走行距離は67,800km。
トランスミッションは5段変速で、キックと電動スターターの両方が付いていて、推進力はカルダン式だ。

掲載されている写真を見る限り、約束されたBMWの手入れの状態の良さは本当かもしれない。

売り手によれば、このBMWは非常に良い状態だとのこと。
この言葉は、広告の写真に写っているマシンの第一印象によって裏付けられている。
スリップによる小さな傷を除けば、外観上の欠陥は見当たらない。
塗装は光沢があり、すべてがとてもきれいで整っている。
一方で、このBMWは、明らかにいくつかの小さな改造を受けている。
売り手は、オーリンズ製ストラット、Magura AX製ハンドルバー、スチール製のフレックスブレーキライン、丸いバルブカバー、深いフットペグについて言及している。
純正部品はすべて揃っている。
その他は、このマシンは完全にオリジナルの状態であるという。
2021年9月に車検を取得し、バッテリーも新品に交換している。
タイヤは売り手によればまだ良好だが、すでに15年経過している。
価格?
7500ユーロ(約98万円)だ。

エンジンも一見するとすっきりとした印象を受ける。しかし、もちろん、専門家によるチェックは必須だ。

チェック: 状態を確認し、前歴を聞く

このBMWに興味を持ったら、ぜひ現地でのチェックの予約をしよう。
場所はラインヘッセンのウンデンハイム。
マインツの南、ダルムシュタットの西にあたる。
過去12年間に、BMWが400kmしか走らず、その後ガレージに戻ってきたという事実は、車両の回収を示しているのかもしれない。
しかし、静電気による損傷の可能性については疑問が残る。
ゴムは年数が経つと可塑剤が失われ、多孔質になる。
だから、ゴム製の部品だけでもすべて精査しなければならない。

中古バイクのチェックは、ブレーキの状態を見ることから始まり、負荷のかかっていない前輪を左右に動かしたときに、ステアリングヘッドのベアリングが噛み合っているかどうかを確認することで終わる。
出品されている「GS」が、一見しただけで良いものであれば、提示された価格は現実的であるだけでなく、他の出品物と比べても決して高くはない妥当な値段だと言えるだろう。

Text: Lars Hänsch-Petersen
Photo: @ebay/undenhans