【初テスト】BMW初の電動SUV BMW iX ドライビングインプレッションを含むすべての情報をお届け

68

BMW iXは8万ユーロ(約1,050万円)を切る価格で、自信に満ちた走りを実現する。500馬力以上の出力、600km以上の航続距離、木でできた魅力的なサーフェイス。それがBMW iXだ。我々は、このBMWの電気自動車のフラッグシップモデルを試乗した。

➤ 航続距離、ドライブ、価格
➤ ファーストドライブインプレッション(最新情報)
➤ モーター
➤ バッテリーと充電
➤ デザイン
➤ 新しいiDrive
➤ 自律走行

航続距離、走行距離、価格:全輪駆動、行動半径約600km

BMWは、新しい電気自動車のフラッグシップモデルであるSUV、「iX」を発表した。
「iX」は、「BMW i3」と「iX3」に続く、ミュンヘンに本社を置く同社の3番目の電動モデルだ。
この電気自動車のSUVは、2021年末までに市場に投入される予定で、価格は77,300ユーロ(約1,020万円)からとなっている。
「BMW iX」のホイールベースは3メートル。全長は約5メートル、全高は1.70メートルで、重量は約2,600kgだ。
しかし、全輪駆動と最大523馬力の出力により、トップモデルは0~100km/hを5秒以内で加速し、1回のバッテリー充電で600km以上の航続距離を実現するとされている。
消費電力は21kWh以下だ。
発売時には、全輪駆動のみでバッテリーの違いによる2つのバージョンが用意される。

テクニカルデータと価格(最新情報):
BMW iX xDrive40:
● 最高出力: 240kW(326PS) ● 駆動方式: 全輪駆動 ● バッテリー容量:71kWh ● 航続距離:.425km ●充電電力: 150kW ●消費電力: 19.4kWh/100km ● 価格:77,300ユーロ(約1,020万円)より
BMW iX xDrive50:
● 最高出力: 385kW(523PS) ● 駆動方式: 全輪駆動 ● バッテリー容量: 105.2kWh ● 航続距離: 631km ● 充電電力: 200kW ● 消費電力: 19.4 kWh/100km ●価格:98,000ユーロ(約1,290万円)より

2.5トンの重量にもかかわらず、iXは5秒以下で100km/hまで加速する。

ファーストドライブ: BMW iXは優れたツーリングカーだ(アップデート情報!)

「iX」は優れたツーリングカーだ。
高速走行中でも、非常に静かに転がる。
タイヤの中に発泡スチロールを入れるなどの工夫がされている。
「iX xDrive50」のエアサスペンションは、非常にきめ細かく、余裕を持って機能する。
柔らかい表面と最適な整合性を持つ張地のおかげで、シートの座り心地の良さは抜群だ。
パワーデリバリーはドライビングインプレッションにマッチしている。
多くのトルクが常に存在している。
ほぼ2.6トンのSUVがスムーズに、しかし容赦なく加速していく。
フロントとリアの電気モーターの間のパワープレイをエレクトロニクスがテレパシーのように制御している。
このタイプの全輪駆動は、テストした「iX xDrive50(523馬力)」の765Nmというトルクを道路に打ち出すための正しい方法だろう。

BMWはスタートが獣のように速いが、ステアリングにはBMWらしい美点が与えられていない。

同時に、車はスムーズに投薬され、必要に応じて操縦するときには最高のフォワードノートでクロールし、選択可能な段階で回復し、そしてもちろんインテリジェントに回復することができる。
ペダルを踏み込むと、「iX」はシフトモードから元気よく仕事に取りかかります。
リラックスしたエコモードでは、「iX」の消費量は予想外に少なく、25kWhを下回る消費量でも走行できた。
しかし、「iX」にはBMWの優れたドライビングマシンの魅力をみいだすことはできなかった。
ステアリングの切れ味は、この重量クラスとしてはあまりにも滑らかで、テンションの戻りも少ない。
また、22インチのホイールを装着した重くて幅広の車を、狭い田舎道で修正なしに操るには集中力が必要だ。
また、ボディやシートに体を預けるというよりも、車の上に座っているような感覚になる。

結論:
「自信を持って、速く、快適に」。
つまり、ファーストクラスの旅のお供だ。
105.2kWhのバッテリーパックを搭載した「iX」の航続距離は、長距離旅行にも十分対応できる。

電動モーター: BMWが採用した新しい電動モーター技術
「iX」の電動モーターの技術的なコンセプトは、「iX3」ですでに明らかになっている。
それは、永久磁石式やハイブリッド式の励磁型同期モーターの代わりに、電気励磁型同期モーター(ESM)を採用したことだ。
ESMは永久磁石を使用しないため軽量で、推進力の必要性に応じて制御することができるようになっている。

バッテリーと充電: 10分で120kmの走行が可能
「xDrive50」の電力は105.2kWhのバッテリーに蓄えられ、急速充電ステーションで充電することもできる。
200kWの充電パワーにより、「iX」は10%から80%まで40分で充電することができる。
具体的には、10分で120kmの航続距離が伸びることになる。
この値は、小型の70kWhバッテリーにも同様に適用されるはずだとBMWは述べている。
また、電気自動車に対する大きな批判の中で、「iX」にはないものがある。
それは、駆動システムにレアアースが使われていないことだ。

最小限に抑えられたエアベント、ヒーター付きのサーフェイス。BMW iXのインテリアはこんな感じだ。

デザイン: 木でできたタッチサーフェイス
電気自動車のデザインでは、空力特性が特に重要だ。
そのためBMWは、とりわけエクステリアミラーのデザインを変更し(カメラは強制力がないと言われていた)、21インチと22インチのエアパフォーマンスホイールを特別に開発し、ドアハンドルをフラッシュに統合した。
そして室内は?
最初に目にするのは、全長約60cmの独立した「カーブド(湾曲した)ディスプレイ」だ。
これには、六角形のステアリングホイールの後ろにある12.3インチのデジタルスピードメーターと、中央にある14.9インチのディスプレイが含まれている。
運転席の右腕は、ギア選択用のロッカースイッチ、クリスタルガラス製のタッチコントローラー、ウッド製のタッチサーフェイスを全周に配したフローティングセンターコンソールに置かれている。
メルセデスと同様に、シートコントロールはドアパネルに配置されており、ドアは内側からタッチボタンで開けるようになっている。

新しいiDrive: BMW iXに初搭載
「iX」では、新型「iDrive」がBMWに初めて搭載されている。
湾曲したディスプレイで操作するこのシステムは、音声コントロールを強化しながらも、使い慣れた「iDrive」コントローラーを継承している。
「オペレーティングシステム8.0」により、より直感的な操作が可能になっている。
また、5G接続により、大変速く、なめらかに作動させることができる。

カメラ技術、レーダー機能、センサーは、完全に密閉された大きなキドニーグリルの後ろに配置されている。

自律走行: ドライバーはステアリングから手を離すことができる
新しいデジタルカーのプラットフォームは、5Gとギガビットイーサネットを使用している。
理論的には、すべての乗員が、4Kビデオを同時にストリーミングできる。
携帯電話、道路、信号機、他の車とネットワークを構築する。
ネットワークに接続された、すべてのBMWの群知能を利用し、「無線で」アップデートを取得する。
「iX」は、レベル2+までの自律走行が可能だ。
これは、ドライバーがステアリングホイールから手を離しても、目は常に道路に向けていなければならないことを意味する。
カメラは常に鼻先の位置を確認しているが、完全自律運転という意味ではないからだ。

Text: Jan Horn, Katharina Berndt, Andreas Huber and Tom Drechsler
Photo: BMW AG

ロゴ入りフーディー アウトビルトジャパンオリジナル

ロゴ入りTシャツ アウトビルトジャパンオリジナル