【初テスト】 VWからの新しい電動SUVクーペのプロトタイプに初試乗 VW ID.5 GTX 299馬力+全輪駆動E-SUVクーペの実力は?

91

VWの電動SUVクーペの走りはこうだ。

VW ID.5 GTXプロトタイプ初テスト。299馬力とリアスポイラー。我々は、VW ID.5 GTXのプロトタイプに初めて試乗してみた。このフォルクスワーゲンのSUVクーペは2022年に発売される。

環境のためにも、良心のためにも、私たちは資源を大切にしなければならないことは言うまでもない。
VWもスタートラインに立って、本腰を入れてEV開発に勤しんでいる。
例えば、「ID.5」は、「ID.4」の一種で、後ろがハッピーエンドになっているだけの車だ。
そのSUVクーペ、「ID.5 GTX」のプロトタイプに初めて乗ってみた。

車は派手なラッピングでカモフラージュされているが、そのボディラインは隠せない。
フロントとBピラーまでは、ID.4とほぼ同じ1.61mの高さである。
驚くべきは後ろ姿だ。
4.61メートルの「ID.5」は、コンパクトSUVの兄弟モデルよりも、3センチ高く、傾斜したルーフラインを持ち、連続したライトストリップの上には付属のリアスポイラーが備わっている。
そして、今、わたしは自分自身に問いかけている。
最後にVWがこのようなものを出したのはいつだろう?
1980年代前半に、VWが「GTX」という略称を使っていたことがある。
VWは「ID.5」についてまだ多くを明らかにしていないが、電気自動車の2台の兄弟車同様、ツヴィッカウで製造されることだけは明らかにしている。
コンパクトな「ID.4」は、世界中の市場に投入される予定だが、「ID.5」はまずヨーロッパでテストされる。

ID.5 GTXの航続距離は500km弱になる見込み

また、「ID.4」とは異なり、リアがクーペになったこの電動SUVは、決して特別なオファーではない。
小さなバッテリーを搭載した148馬力のエントリーバージョンではなく、リアアクスルに204馬力を搭載したものと、フロントとリアにモーターを搭載し、合計299馬力を発揮する「GTX」を作り、常に77kWhの大きなバッテリーと組み合わせているだけだ。
そしてID.4」はそのバッテリーにより、497kmの走行が可能だが、その航続距離は、「ID.4」よりも、約10km少ない。
コックピットの布製カバーの下には、「ID.4」からの機具や装備の多くが見られる。
すなわち、ステアリングホイールの後ろには速度を表示するディスプレイを備えた小型のデジタルマウスシネマがあり、中央にはタッチ式のナビゲーションが備わっている。
我々は、背もたれとヘッドレストの間に穴の開いた、パイロットシートに座っているが、ちなみにこれは快適で、とても楽しめる。
メガホイールベースのおかげで、レッグルームは膨大で、ヘッドルームは傾斜したルーフラインにもかかわらずトップレベルで、「ID.4」に比べて頭上が3センチ少ないだけで済んでいる。

航続距離への不安を解消するために、77kWhのバッテリーパックは、497kmまでの航続距離を実現している。

移動中は重量が気にならないSUVクーペ

しかし、とどのつまり、あなたは「ID.5」の走りを知りたいのではないだろうか。
それは、つまり、「ID.4」をGTXにしたようなものだ。
そして、ここでのマジックワードは「ドライビングダイナミクスマネージャー」だ。
そのマネージャーはバックグラウンドで働き、既存の制御システムを管理し、「GTX」ストローマーが、常に両軸で十分なグリップを得られるようにする。
高速コーナーでは、すべての電子制御が介入していることには気づくことはない。
ただ、「ID.5」は、大臣が肘掛け椅子に座っているように道路に張り付いている。
正直なところ、4.61メートルと2.2トンの重量を感じさせるものは何もなく、「ID.5」の方が、一クラス小さくさえ感じられる。
小さいといえば、トランクもほとんどの場合そうではなく、543リットル入ることになっている。
ルーフまで積み込んだ場合のみ、1,575リットルを収納する「スクエア」なID.4よりも100リットル少なくなる。
また、トレーラーのヒッチフックはどちらも1,400kgを引っ張れるようになっている。

一回り小さくさえ感じる: ドライビングダイナミクスの面では、ID.5 GTXに2.2トンの面影はない。

あと2つだけ知っておくべきこと。
まず、価格だ。
「ID.4 GTX」は50,415ユーロ(約660万円)だが、SUVクーペの弟は2,000ユーロ(約26万円)アップになるようだ。
2つ目は、充電速度だ。
ライバルの韓国製モデルが、800ボルトの技術により、「ポルシェ タイカン」と同等の速度で充電できるのとは異なり、「ID.5」の充電速度は最大でも125kWである。
しかし、VWはすでにこの部分に関してもすでに手を加え始めている。
近い将来、ソフトウェアアップデートにより、すべての「ID」モデルは、より速く充電できるようになる予定だ。

テクニカルデータ: VW ID.5 GTX
● パワーユニット: 電動モーター(PSM) ● バッテリーサイズ: 77kWh ● 最高出力: 220kW(299PS) ● 充電能力: 125kW ● 航続距離: 497km ● 全長×全幅×全高: 4610×1852×1610mm • ホイールベース: 2765mm ● トランク容量: 543リットル ● 最高速度: 180km/h ● 牽引能力: 1,400kg

結論:
VWはエレクトロモビリティに本気で取り組んでいる!
誰もが「ティグアン」のクーペバージョンを夢見てきたが、それはEバージョンとしてやって来る。
「ID.5」は、「ID.4」のような、最大のトランクスペースを必要としない人のためのデザイナーズカーになるだろう。
シャシー、ステアリング、すべてが素晴らしい。
唯一、VWが解決しなければならないのは、充電速度で、現時点では韓国車の方が優れている。

Text: Andreas May
Photo: Volkswagen AG